FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

morinosの椅子づくり(1月16日・前半)

岐阜県立森林文化アカデミーの敷地内に建設中の
森林総合教育センター愛称「morinosモリノス」
アカデミーに建設中のmorinos

来年度開館予定のこの施設で使う椅子を関係者で手づくりしようという取り組みが
1月16日に行われました。

関係者約10人で2日間掛けて5脚の椅子づくりを目指します。
材料は森のようちえん「森のだんごむし」さんが拠点に使っている森の中に置かれています。
そこには西暦2000年アカデミーの一期生が約20年前に建てた自力建設「四寸傘」があります。

さあ材料をみんなで担いで山から下ろしてこようか?
それなら、割る道具を持って、山で小さく割ってから持って降りたほうが早いんじゃない?
今年は暖冬でこの日もポカポカ陽気。
森の中での作業も気持ちいいだろうということで、
斧とマンリキをもって山登り。

四寸傘の会場でグリーンウッドワークが始まりました。
82379558_2466107246832360_2175410646345056256_n[1]
使う材は台風の被害で傾いたコナラ。
「コナラは硬い!」と覚悟して立ち向かったのですが、
これが案外割りやすい。
というのも、台風で倒れたのには理由があったのです。
材の中に無数にあいた小さな穴。
82527719_1792592300873840_414389903690825728_n[2]
カシノナガキクイムシに食害を受け、既に弱った木だったようです。
菌も入っていて材が少し腐食しているところもありました。

ガシガシ割って、午前中にコナラはほぼ小割にすることができました。
82527725_2466107343499017_3350968067415867392_n[1]
さあ午後からどうしよう?
気持ちがいいから、いっそここで続きをやろう!
というナバさん(アカデミーの先生)の一言により、
「森の椅子づくり」と相成りました。

削り馬を持って山に登ります。
83246745_2466382690138149_9118351543777624064_n[2]
イギリスの森の中で椅子の部材を削っていた「ボッジャー」
日本でも山の中に小屋を建てて器を削っていた「木地師」たち
「何故森で作業をするの?」と聞かれたら「そこに木があるから!」と答えるでしょう。

ああ楽しい。
82631435_2466383150138103_2918922837366407168_n[1]

焚き火でカステラ焼いてたべました。
83503320_2466383263471425_8315369058027438080_n[1]
morinosのプログラム運営を委託されたホールアース研究所のウォーリー(写真右)は
アカデミーの1期生。
この四寸傘の建設にも携わっています。
私自身もアカデミーのOBとして、
まさかこの山の中でグリーンウッドワークなんて思ってもみなかったことで、
非常に感慨深いものがあります。

コナラだけでは足りないので、演習林内で伐採されたヒノキも使います。
なんと、ここで作業するためにわざわざ別の場所から山の上までヒノキを担ぎ上げたナバさん。
やっぱり変態です!

生木をガシガシ削っていく快感と木の臭いに癒される時間。
樹種による硬さや香りの違いを楽しむのもいいですね。
82432385_2466383120138106_2328118908634005504_n[1]
県職員のスージーは
「削りやすいヒノキも好きだけど、削りたてのしっとりツヤッとした
コナラの芯材部の手触りと香りが忘れられません。」
とのこと。
こうやってダイレクトに木の質感を味わえるのが
グリーンウッドワークの魅力ですね。

集中して削り続けているとシーンとして、山の中に木を削る音だけがします。
そして時折響き渡るの笑い声。
あっという間に5時を過ぎ、辺りは真っ暗。
82816572_2466758473433904_9169683566970273792_n[1]
軽くなった脚と貫をみんなで持って山を降りました。

それでもこの日はここでは終われません。
次回、最終日を迎える前に接合部のほぞ取りまで終えなければなりません。
普段私たちは椅子づくりで直径5/8インチ(約15.9mm)のホゾを取るのですが、
腐食の入ったコナラと強度の不安なヒノキを使うことから、ワンサイズアップの
3/4インチ(約19㎜)のテノンカッター(ホゾ取り器)を使うことにしました。
82985414_2466758606767224_1266669263855288320_n[1]

続きは森の工房。
83604580_2466758523433899_6164615887648194560_n[1]
アカデミーは何時まで残業してもOK!?
ということで、夜8時までかけて本日の作業終了。
またたくさんの人をグリーンウッドワークの虜にしちゃいましたよ。
このまま約1ヶ月、貫(横向きの部材)を乾燥させます。

つづく
(おの)
  1. 2020/02/15(土) 08:00:37|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Green Woodworker養成講座③スツール制作後半(1月18日・19日) | ホーム | 森林文化アカデミーの学生さんが来てくれました(1月15日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1308-6db51b29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)