FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

森林文化アカデミーの学生さんが来てくれました(1月15日)

ろうきん森の学校岐阜地区の敷地に隣接する森林文化アカデミー
ここは森と木のスペシャリストを育成する2年生の専門学校で、
2つの学科があります。

「森と木のエンジニア科」は、高校卒業程度の方を対象とし、
林業や木材加工の現場で働く技術者を育成します。
「森と木のクリエーター科」は、大学卒業程度または実務経験を持つ方を対象とし、
林業、森林環境教育、木工、木造建築などの分野で指導的な役割を担う専門家を育成します。

森林文化アカデミーHPより抜粋

1月15日(水)森林文化アカデミー森と木のクリエーター科1年生と教員合わせて18名が、
授業の一環でろうきん森の学校に来てくれました。
講義のテーマは「里山利活用実習」
まずは、管理棟に集まってもらい、
これまで5年間にわたるろうきん森の学校の取組みと、
今後の展望についてお話しさせていただきました。
IMG_8158.jpg
クリエーター科の学生さんは、大学新卒から社会人経験者まで、
さまざまな経歴をお持ちの方がおられます。
そんな私も脱サラしてアカデミーの門を叩いた一人。
こんなことやってる面白いOBがいるんだなと思っていただければ幸いです。

このあと、林から3種類の木を伐採しました。
IMG_8170_20200212204316b2a.jpg

材齢45年のサカキ
IMG_8189_202002122043193ae.jpg
ピンク色でとてもきれいです。
年輪の幅の変化がこの林の歴史を刻んでいます。

材齢29年のアオハダ
IMG_8191_20200212204320955.jpg
アオハダと言っても材は白いんです。
樹皮の下(内皮)が緑でとてもきれいです。

材齢22年のコシアブラ
IMG_8180_20200212204317f5a.jpg
この木は乾くと光沢があって非常にきれいです。

柳沢教授から木の特徴を説明してもらいました。
IMG_8201.jpg

このサカキはぱっと見「ヒサカキ」と間違うくらい葉っぱが小さい。
IMG_8199.jpg
林縁部など日当たりが良い場所に育つ木は、
葉っぱの柵状組織(光合成をする組織)が2層に増え、
葉を小さくなることにより、より効率的に光合成できるんだそうです。

伐採した木をアカデミーまで持ち帰ります。
午後からは材の利用。
P1154453.jpg

グリーンウッドワークで加工します。
P1154468.jpg

グリーンウッドワークを授業に取り入れている学校なんて
アカデミー以外に聞いたことがないですね。
(もしかしたら私が知らないだけでもう既にあったりして)
P1154474.jpg

使える「樹種見本兼鍋敷き」の出来上がり。
P1154490.jpg

今後もアカデミーと連携しながら活動を続けてい蹴ると嬉しいです。
(おの)
  1. 2020/02/13(木) 14:15:07|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<morinosの椅子づくり(1月16日・前半) | ホーム | ぎなんプレ―パークで削り馬体験会が開催されました(1月13日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1307-f4708b46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)