FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・~

2019年 令和元年最後の報告です。

☆ 鉄線の小笊です。
  輪弧編みの鉄鉢のための底として鉄線編みを作ったけど、薄すぎたので笊に転用しました。
PC015745_convert_20191231112932.jpg
 ξ いい形ですよ。隙間が大きいのはそれなりに使い道がありそうですね。

☆ 麻の葉つぶしの笊です。
  小さいのは可愛くない。大きい方が好き。この1尺1寸が好きです。
PC015749_convert_20191231113008.jpg
ξ 笊は色んな編み方が出来て、そのまま見えるから面白いですね。

☆ 二つ目の課題の茶碗籠です。
  やっぱりひご作りですね。丁寧に作らないと後で苦労することがよくわかりました。

PC135800_convert_20191231113227.jpg

ξ 結構ひごが厚かったので編むのに苦労したと思いますが、いい形になりました。

☆ 鍋敷きです。
  ひご作りを甘く見てました。
  廃材で出来ると思ってたけど、竹の水分が多いうちに仕上げた方が作りやすいという、時間との勝負なんですね。
  やってみてよくわかりました。
PC155808_convert_20191231113248.jpg
ξ そりゃあ水っ気があった方がひごが作りやすいし、編みやすいですよ。

☆ 芋振り籠です。(課題の最後)
  ひご作りが長くかかりすぎて先が見えない感じでしたけど、編み始めたら気が楽になりました。
PC205813_convert_20191231131429.jpg
ξ ひごが割と薄く出来てたんで編みやすかったと思いますよ。

☆ 鍋敷きです。
  予想してたより難しかったです。
  たくさん作るつもりでいたけど、これ1個でお終い。また改めて挑戦します。
PC205815_convert_20191231131443.jpg
ξ 薄く均等に(4枚に)へぐのは、やっぱり大変ですよ。

☆ 八つ目編みの籠です。
  スリッパ入れのつもりでしたけど、大きくなったので洗濯物入れにします。
  久し振りなので底編みと立ち上げが難しかったです。
PC205817_convert_20191231131458.jpg
ξ 使い道はいくらでもありますさ。

☆ セベです。
  ひご作りが大変でした。幅広の薄いひごを作るのはやっぱり手強いです。
  でも、楽しかったです。
PC225820_convert_20191231113301.jpg
ξ 縁竹は何度も作り直したから大分慣れてきましたよね。

☆ 輪弧編みのミカン入れです。
  難しすぎる。二組の輪弧を重ねるのが特にね。
PC225822_convert_20191231113315.jpg
ξ 小生もやってみたけどうまくいかんかったです。なかなか難しいもんですな。

今回はたくさんの成果を報告出来ました。
来年も楽しい籠たちに出会えますように。

それではみなさん良いお年をお迎えください。

                  (キト)
  1. 2019/12/31(火) 13:44:56|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【古城山イベント】ふれあいの森で薪づくり体験のご案内 | ホーム | 西丹沢でスツールづくりを開催しました(10月13日・14日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1298-ae1430ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)