FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

世界にたった一つのMy斧づくり開催しました(12月21日)

ろうきん森の学校 森工塾(もっこうじゅく)
「斧の柄とカバーづくり」を開催しました。

使用するのは森林文化アカデミーとグリーンウッドワーク研究所が共同で開発した、
女性にも使いやすいと評判の軽量の斧で、
今回特別に斧身と木の柄を組み立てる前の部材をご用意いただきました。
79498674_2410266515749767_1590778881969750016_o.jpg

当初の企画段階ではろうきんの森で乾燥した薪を割って削って・・・と考えていましたが、
それではなかなか一日では難しいとの判断から、
形のほぼ出来上がった半既製品の柄を削るというプランに変更し、
結果、一日かけてじっくり取り組めるいい講座となりました。

参考としてもらう斧がこちら
81291122_610775692815891_1774969679740141568_n.jpg
右から土佐打刃物・西山商会枝打斧 約11600円(長い柄を少し切り落としてあります)
次にスウェーデン製グレンスフォッシュのワイルドライフ 約17000円
その隣が今回使うグリーンウッドワーク研究所の斧 完成品16800円
その左隣が一世代前の研究所の斧
そしてスウェーデン製ハスクバーナのキャンプ用斧 約6500円(こちらも柄を落としています)
左の二本は研究所から斧身11400円のみ購入して自分で柄をすげたもの

まずは、いろいろな斧を使って握り加減を確かめてもらいます。
80627918_600855057343679_3886251349049868288_n.jpg

柄をすげる(仕込む)前にナイフワーク講座
胸当て引き削り中指添え!
80009216_2412289475547471_3186786749183426560_n[1]
自分の掌にしっくりなじむ太さにカスタマイズします。

南京がんなを使って表面を滑らかに仕上げます。
80331527_2631931296875273_2340805975738417152_n.jpg
その他に、紐を通す穴をあけたり、焼きペンで名前を書いたり、
楽しすぎて時間があっという間に過ぎていきました。

午後からは革細工
講師はただいまダイエット中の澤村さん。
81421929_1178905375641208_2358770247684587520_n.jpg

革の種類、部位や目の方向、
専門的な道具の話など参加者の皆さん興味津々。
81181254_2412617178848034_7069864989279911936_n[1]

午前中は無心になってただひたすら削る時間でしたが、
午後の革細工は見る見るうちに形が変化していく、
79934054_2412617245514694_6888604634810679296_n[1]

これもまた創造意欲をかきたてる楽しい時間です。
80565376_573034793531884_4053536476938371072_n.jpg

刻印を打つのもおしゃれですね。
81471141_2412618005514618_8781253948855025664_n[1]

ワンポイントに黄色い革を挟んでみたり、
色付きの糸を使ってみたり、
世界に一つ、自分だけの革カバーづくりを楽しんでもらいました。
79930484_2412618045514614_1483970634525442048_n[1]

革細工と並行して、柄の仕込み
木のクサビをエポキシの接着剤で固めます。
80314083_448943645800442_4081844984343429120_n.jpg

慎重に打ち込んで
79759450_2412617305514688_706813538018000896_n[1]

接着剤が固まったらのこぎりで切断して出来上がり。
81032979_2073884936047691_2240316385395736576_n.jpg

みんなそれぞれ思いのこもったMy斧の完成です。
79838878_2412617922181293_4962744700898377728_n[1]

「とにかく楽しかった」
「キャンプでバーベキューコンロの横にぶら下げたい」
「スプーンキャンプに出掛けたい」
「しっかり使い込みたい」
「仲間に見せてやりたい」
80883972_2412617108848041_5232243474836750336_n[1]

この講座を企画した自分自身、本当に楽しく充実した講座だと実感しました。
値段が値段なので、なかなか大勢集まることがないとは思いますが、
それだけの価値は絶対ある講座だと自負しています。
79344449_2412618088847943_7958423538761728000_n[1]
また機会があったら実施したい講座のひとつです。
(おの)
  1. 2019/12/26(木) 22:00:46|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4日間の椅子づくり@きのき 始まりました(12月14日・15日 前半) | ホーム | 竹細工  ~六つ目籠(小)づくり~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1293-83945f4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)