FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

古城山の柿で柿渋をつくりました(8月31日)

ろうきん森の学校が始まって今年で5年目。
ここ、古城山ふれあいの森はその2年ほど前から森の整備が始まりました。
この森に自生していたカキノキも何本か伐採され、
その切り株からひこばえで育った枝に、
7年目の今年初めて実が生りました。
69368198_2190851994357888_1926576987292303360_n.jpg

ろうきん森の学校森工塾「柿渋づくりと柿渋塗装実習」
まずは古城山で採れた10個の柿の実を使います。
ヘタをとって細かく切断。
69596298_2190852087691212_8260736648820555776_n.jpg

ヒタヒタの水を加えてミキサーで粉砕。
69582653_372938016951414_3017294875688173568_n.jpg

ぎゅっと絞って
美味しそうな柿ジュースの出来上がり!?
69524703_2190852177691203_5118188565297102848_n.jpg

いえいえまだまだ。
残ったカスを再度ミキサーにかけて、
二番渋を絞って一番渋と混ぜます。
69945752_2190852231024531_3718907199720783872_n.jpg
これをじっくり熟成させます。

この後は、土岐市と美濃市内で採れた柿を使って、
ただひたすら絞り続けます。
今年もたくさんの柿渋の元ができあがりました。

実習では、柿渋染めに挑戦。
舞茸植菌の時にいつもやっている草木染よりも、
もっとお手軽。
下処理いらずで、絞りを入れた布をジャボンと柿渋に沈めるだけ。
69709889_2694302087281153_4221640642205319168_n.jpg
そのあとの水洗いのタイミングによって濃さが変わって、
これもなかなか面白い体験でした。
69813314_356138535290754_4480343929945849856_n.jpg

今後は100%ろうきんの森産の柿渋が毎年採れるように
森の整備も行っていく予定です。
(おの)
  1. 2019/09/16(月) 07:32:17|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<足踏みろくろの運転方法とは!?(9月1日) | ホーム | 富士の麓でゴッホの椅子をつくる・後半(8月16・17日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1268-71ebcf8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)