FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

夏の親子キャンプ前半(8月3~4日)

ろうきん森の学校 森工塾(もっこうじゅく)
今年で5年目を迎えるろうきん森の学校ですが、
夏休みの虫探しは大人気講座で毎年バージョンアップしています。
最初の一年目は夏のガイドハイクということで昼間の虫を探していましたが、
暑い夏になかなかお目当てのカブトは見つかりません。
そんなわけで、前の日の夜からキャンプをして夜の虫探しを始めたのが2年前。
そして今年からは虫だけじゃなくて親子で楽しめる企画を増やそうということで、
前の日の朝から集まっていただきました。

まずは竹伐りから。
IMG_20190803_103557.jpg
そう、先週やったばかりの流しそうめんですが、
同じ樋を使うような野暮なことはしません。
「竹を割るのをがんばった」
そう、この手に残る感触が宝です。
69563360_2388264211449105_7842373741467140096_n[1]

箸はお隣関市で開発中のmorinocoナイフを使ってナイフワーク
69570506_375024436510255_177260618930192384_n[1]
しっかり研いで、握り方を学べば安全です。
IMG_20190803_115834.jpg
「のこぎりで竹を伐ったのが楽しかった」
「がんばって竹でコップをつくった、花瓶もつくった」
普段ノコギリを使うことのないという女の子は、
時間を掛けながらも、
じゅっくりと竹を伐る感触を楽しんでいるようでした。
そして嬉しそうにつくった花瓶に草花を活けていました。
もちろんお家に持って帰りましたよ。
さあ、食器も出来上がり。
69640096_2871831846178869_3743310976263389184_n[1]

このブログの愛読者の皆さんならご存知の通り、
ろうきんの森では日常なのですが、
普段、自分の力で竹を割って流しそうめんなんて体験は
なかなかできないですよね。
69699619_374623296770803_62721718115893248_n[1]

おなかを満たした後は、いよいよ虫探しです。
講師は共育工房ippoの福ちゃん。
IMG_20190803_140800.jpg
どこにどんな虫が隠れているかな?
パネルシアターがバージョンアップしていました。

そして今年もこの絵本から「絵本インタープリテーション」が始まります。
『ぞうきばやしのすもうたいかい』
カマキリとだんごむしの勝負の行方は?
IMG_20190803_135831.jpg

一人の男の子が何かを見つけました。
IMG_20190803_133251.jpg
福ちゃんの絵本&図鑑コレクションから探して調べてみましょう。
IMG_20190803_131338.jpg

子どもたちが探し当てましたよ。
IMG_20190803_133610.jpg

虫のトラップづくり
ここにもmorinocoナイフが登場です。
IMG_20190803_142226.jpg
小学生ならどうにか安全に使えそうです。

仕掛けができたら森の散策へGO!
樹液の臭いを頼りに、木の割れ目などを探します。
早速見つけました。
IMG_20190803_154341.jpg
カブトの雌。
幸先がいい。

カマキリのお食事風景にも出会うことができました。
IMG_20190803_154622.jpg
子どもたちのテンションが上がります。

大人たちも、
「樹液の臭いは今まで嗅いだことがあるけど通り過ぎていた。
虫の好きな子に教えてあげたい」というお母さん。
「子どものころ虫探しをやったことがない。
カブトのいるところには蜂や蝶がいることを知れて良かった」とお父さん。
IMG_20190803_162436.jpg
さあ、仕掛けをセットして夜に備えます。
(後半につづく)
  1. 2019/09/06(金) 08:17:40|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の親子キャンプ後半(8月3~4日) | ホーム | ろうきん森の学校「手彫りのうつわづくり」を開催しました(7月27日・28日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1258-1d774b17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)