FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~円空館でミニ鵜籠づくり ’18年度~

前年度に続いて、今年度も2/2、3の2日間、関市池尻の円空館でミニ鵜籠づくり講座を行いました。
一部のひごを自分で作ってからミニ鵜籠を編むという、去年とほぼ同じ内容なんですが、少しでも作りやすいように我々なりに工夫してしてみました。(詳細は省きますけど)

最初に、巻縁の中に当てる”縁竹”を作るんですが、丸竹を鉈で割って、割って、はスタッフがやって、そのあとのへいで、割って、幅引きして、仕上げる、を皆さんが行います。
P2025080_convert_20190204153310.jpg

仕上げのチェックをしてます。
P2025085_convert_20190204153336.jpg

午後から底編みを開始。
P2025087_convert_20190204153457.jpg

底編みがほぼ完成した状態なんですけど、指導している小生が撮影しているので何となく手持無沙汰に見えてしまいます。スミマセン。
P2025088_convert_20190204153416.jpg

ミニ鵜籠は底編みより立ち上げの方が難しいです。
みなさん苦心してます。
P2025094_convert_20190204153511.jpg

ここは、こうやってこうするとですね・・・ 臨時講師が活躍中です。
P2035099_convert_20190204153537.jpg

ひたすら箍(横ヒゴ)を編み続けます。
P2035100_convert_20190204153549.jpg

箍を編み終わって縦竹の仕舞が済んだら、中縁を取り付けます。
P2035106_convert_20190204153601.jpg

巻縁作業中です。この後、縁の一番外側に当て縁をして編みは終わり。脚を付けて完成です。
P2035109_convert_20190207161002.jpg

ミニ鵜籠完成です。
P2035120_convert_20190204153625.jpg

皆さんの感想です。
 ・2日間楽しかった。けど、歳を感じました。
 ・1日目はどうなることかと心配になった。何とか自力率60%(?)で出来たんじゃないかな。
 ・新しいことが勉強できてよかった。竹にはまりそうです。
 ・ヒゴづくりが楽しかった。編みに苦戦したけど、箍の6段目で少し分かりかけてきた。
 ・編みがうまくいかず、底も箍もやり直した。
 ・これから竹にはまりそうです。
などなど、楽しんでもらえてよかったです。
3年前にもこのミニ鵜籠づくり講座に参加して、今回は2度目という方もいらっしゃいましたし、3月のろうきんの森工塾に申し込んでくださった方もあり、うれしいことですね。
今回は定員の8名の参加をいただきました。ありがとうございました。
                          
この講座は 関市文化財活用事業実行委員会 の主催で行いました。

                                   (キト)
  1. 2019/02/07(木) 16:41:47|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ろうきん森の学校】森工塾 森の恵みを味わう~春・山菜編~ | ホーム | 小原かごづくり特別講座~イントロダクション>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1189-4dca3cc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)