FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

ゴッホの椅子づくり講座@高知(12/21~12/24)

高知県は「森林研究センター情報交流館」にて、ゴッホの椅子づくり講座を行ってきました!
DSC_5727_450.jpg
集まったのは、普段からここで林業体験やものづくり活動を行っているボランティアのみなさんや、
グリーンウッドワークの他の講座に参加してくださったことのあるリピーターさんなど。

材は、参加者の方の山や庭木を用意してくださいました!
サンゴジュ、カキノキ、ツバキ(大木!!)、カゴノキなんていう、岐阜ではお目にかかれない樹も。
DSC_5725_450.jpg
今回は、みなさんに好きな樹種を選んでもらって椅子をつくりました。

まずは、長いままマンリキで割っていきます!
DSC_5731_400.jpg
こちらはカキノキ。使ったことのあるグリーンウッドワーカーならご承知のとおり、ねじれにねじれていてとても大変でした。でも4日間でちゃんと椅子になりましたよ!(すごい!)

DSC_5729_450.jpg
こちらはサンゴジュ。未知でしたが、とてもきれいに割れました!これは期待が膨らみます!

四万十で林業をされているという参加者さんは、持ち込みの樹で。
いろんな樹種の組み合わせがかわいい^^ 丸太のサイズ感もベストでした!
DSC_5734_400.jpg

マンリキで割ったら、斧で荒削りをして
DSC_5739_400.jpg

削り馬で形を整えていきます!
DSC_5740_450.jpg
この、マンリキで割る→斧ではつる→削り馬で成形する、の無限ループを4日間連続。。耐えていただきました。

お昼休みなどには映像鑑賞も。
黒田辰秋さんがスペインで撮影された椅子づくりの映像や、
ジャロッドダールさんのOne Treeなど。
DSC_5745_450.jpg

3日目、早い方から組み立てに入っていきます!
DSC_5757_450.jpg

フレームが組み上がってくるとテンションあがりますね。
DSC_5760_450.jpg

面取りの加工も忘れずに。
DSC_5771_400.jpg

フレームができたところで、まずは明るいうちに記念撮影!
このフレームだけでも、美しいですねー!樹種によって色が違うのも楽しめます^^
DSC_5780_400.jpg

4日目の午後には全員がフレームが組み上がり、座編み開始!
DSC_5785_00.jpg

椅子ができました!そりゃもちろん並べますよ。
DSC_5795_450.jpg

4日間耐え抜いた(笑)仲間たちと、完成品に座って満面のスマイルいただきました!
DSC_5796_450.jpg
<参加者の感想>
・手順にも理由があることを学んだ。
・4日間は長いと思ったが、やり出したらアッという間だった。新しい発想も知れておもしろかった。
・助けてもらいながらなんとかできた。よい経験をさせてもらえて楽しかった。
・リョウブの木肌が好きで選んだが、今はなかなかの曲者!という印象。組み立ての方法など目からウロコなことがたくさんあった。
・作業量も多かったが、充実した4日間だった。
・普段電動工具を使っている。電動は手しか使わないが、グリーンウッドワークは全身使う!
・1本の樹とこんなに向き合ったのははじめて。
・自分で山で伐ってきた樹を持ち込んだ。完成品を見ていると、山に入って樹を探している時の情景が目に浮かぶ。この木使えそうだなーと思って選んだものが、思惑通り使えてうれしい。復習講座も期待!
・手に豆がいっぱいできたけど、組み上がった時の達成感は気持ちよかった!
・他の参加者さんが削り心地や匂いに感動されていて、この感動を忘れてはいけないし、もっといろんな人に伝えたいと思った。

  1. 2018/12/28(金) 18:33:56|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<薪小屋づくり2018in古城山ふれあいの森(12/16) | ホーム | 【ろうきん森の学校】森工塾 刃物の研ぎとカバーづくり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1181-1963242c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)