GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

座編み~スツールづくり講座⑤最終回

いよいよ本日、木のスツールづくり最終日です。
まずは、座面の中に入れるクッションをつくります。
辟。鬘契convert_20100524111113
クッションの中身は南京ガンナで削った削り屑。
材の有効利用を図ります。

半分編みあがったところでクッションを入れ込みます。
辟。鬘・_convert_20100524111200

市松で編んでいきますが、最後はきつくてテープがうまく入らず、指がつりそうになります。
そんな時は、100均で買ってきた先の平らな木のヘラが役に立ちます。
辟。鬘・_convert_20100524111222

こちらは竹で自作した必殺座編みマシーン!?
RIMG0249_convert_20100523224835.jpg

そして、完成です。
辟。鬘・_convert_20100524111243
取材にみえた、ジャーナリストの西川栄明さん(写真手前)もすわり心地を確認。

五日間の成果です。
RIMG0340_convert_20100523224944.jpg
5台のスツールが出来上がりました。

先日も話したとおり、9月には西川さんの著書「手づくりする木のカトラリー」の続編、「(仮題)小さな木のスツール」が発売される予定です。
参加者の5名に座っていただき、撮影会です!
辟。鬘・_convert_20100524111414
本の出版が楽しみですね。

最後に自作の椅子に座っていただきながら、ふりかえりの時間。
辟。鬘・_convert_20100524111458
皆さんの感想です。
充実した時間だった。椅子に命が宿った。
このスツールは、長い歴史の中でつくり上げられた、完成した形だとつくずく感じた。
5日間でつくり上げることが出来て、達成感がある。
1ヶ月前に丸太だった木が、今スツールになっていることに感動した。
この椅子づくりは、まさしく木工の基本だと感じた。

辟。鬘・_convert_20100524111442
参加者の皆さん、お疲れ様でした。
そして、西川さんと、カメラマンの山口さんありがとうございました。
(文責:小野)
  1. 2010/05/24(月) 20:00:00|
  2. 講座の実施報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アカデミーの誕生日 | ホーム | 組立て~スツールづくり講座④>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/115-333ce7b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)