FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

ラッシュ編み講座・平日編開催しました!

7月に開催予定の森工塾「ラッシュ編みの椅子づくり」。
これに先駆けて、平日編の講座を先行開催しました!

<<2018年6月 ラッシュ編み講座>>

今回は、希望者で集まってのこじんまりとした集まり。
主に関西方面から、6名の方に古城山に集まっていただきました。

ラッシュとは、植物の茎や葉などの天然素材をよってコード状にしたもののこと。
今回は、スタッフ自ら採取してきた静岡・伊豆のガマを使って座面を編みました!
DSC_4568_450.jpg
まずは、用意したガマを選別します。なるべく長く、強度がありしなやかなものを使います。

編みスタート!
DSC_4570_450.jpg
この日は編みだけの講座だったので、みなさんご自身で事前に作ったスツールを持参してもらいました。
そう、今回はひとりでスツールが作れる、グリーンウッドワーク上級者のみなさんの集まりです!

DSC_4572_450.jpg
ガマの葉をよりながら、座面を編んでいきます。
濃いブラウンから、ベージュ、エメラルドグリーン、たまにあるパキッとした深緑…。数枚の葉をより合わせるので、色もカラフルできれいです!
もちろん、使ううちに焼けて全部セピア色になるんですけどね。その変化も楽しめそうです。

DSC_4573_450.jpg
普段の編みは、長く切ったコードを手繰り寄せながら行うのですが、
ラッシュ編みでは足りなくなったら細かく継ぎ足していくので、手繰り寄せるストレスがなくて「楽しい!!」の声続出。

DSC_4580_450.jpg
夕方に近づくにつれ、終わりが見えてきて。。。

DSC_4577_450.jpg
1日かけて、ほぼ全員完成です!!(一番手前の方はまだ未完成です!!)
いろんな椅子やスツールを持ち寄ったので、いろんなラッシュ編みの椅子ができました。

DSC_4579_450.jpg
<参加者の感想>
・手触りも匂いも良く、ガマは思った以上にいい素材だと思った。
・気持ちいい作業だった。コードをたぐりよせるストレスがなく、よりながら編んでいるからか、グイッとひっぱる必要もなく疲れもなかった。
・自分で実際やるとなると、ガマの入手方法が…。
・ガマを栽培したい!!
・ガマを使えるようにするまでの処理が大変そう。
・楽しかった!ガマの草の中に空気があって、フワフワなのが座り心地がよさそうで使うのが楽しみ。
・ストレスなくできた。良い加減で編める。
・素材が懐かしいのに新鮮。匂いや色にも癒された。ぜひ栽培したい!
・完成の自由度が高い。ペーパーコードは完成形が一つしかないけど、ガマはきつくしても、ゆるくしてもそれぞれのスタイルとして良いものができるし、編み終わりの調整もできる。ペーパーコードを経験したことのある人は、こっちの方がいいと思うのでは?

本番(7月14~16日)・フレームを作るところから行う森工塾も、まだまだ参加者募集中です!
>>森工塾「ラッシュ編みの椅子づくり」

※ここで特別告知です。
3日間通し参加は20,000円ですが、
今回のように自作のスツールを持参の方は、
参加費6,000円で3日目(ガマの葉による座編み)のみの参加を受け付けます!
是非ご参加ください。
  1. 2018/07/01(日) 22:35:01|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<みの木工工房FUKUBEの開所式が行われました | ホーム | 【ろうきん森の学校】森工塾「柿渋づくりと柿渋塗装実習」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1108-eea8f3c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)