FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

森工塾「森の動物の暮らしを探る ガイドハイクと玩具づくり」開催しました!

今回は、森工塾の初企画。
ドイツの木工ろくろ技法「ライフェンドレーエン」を使った玩具づくりの体験とガイドハイクを行いました!

<<2018年5月26日 森工塾「森の動物の暮らしを探る ガイドハイクと玩具づくり」>>

講師は、共育工房IPPOのふくちゃんこと、福島計一さんです。
まずは、動物の玩具をつくるにあたり、
古城山には、いったいどんな動物がいるんだろう?
DSC_4245_450.jpg
ふくちゃんからお話しを聞いた後、動物の痕跡を探しに森へでかけました!

古城山の森には、リスやイノシシ、イタチ、カモシカ。
ひとりで歩いていては気づけない、いろんな動物の痕跡がたくさん!
DSC_4252_450.jpg

DSC_4267_400.jpg DSC_4284_400.jpg
DSC_4280_400.jpg DSC_4287_400.jpg

前日にしかけておいたセンサーカメラには、なんとおっきいイノシシも写っていました!
DSC_4256_450.jpg

↓動画はこちら(音量にご注意ください)


いろんな動物が森にいることを知って
午後からは、センサーカメラで見た、あの動物をつくります!
DSC_4301_450.jpg

なんの変哲もないドーナツですが
DSC_4296_400.jpg

割ってみると??
DSC_4297_450.jpg

断面がイノシシです!
DSC_4303_450.jpg

ドイツの伝統的な木の玩具の製造技法を、再現したものです。
本場ドイツでは、トウヒの生木で作られています。
この講座では、ヒノキで作ってもらいました!
要望を受けてドーナツを作ってくれたのは、美濃市に工房を構える「はしもと図工室」の橋本さん。ありがとうございます!
木工家ウィークにも出展されていました。

割ったドーナツのカケラにやすりをかけて
DSC_4305_450.jpg

彩色をして
DSC_4315_450.jpg
DSC_4308_450.jpg

動物だけでは寂しい!ということで、
DSC_4313_400.jpg
三角を切って、削って、樹もつくりました!
DSC_4319_450.jpg

樹を作っている間のイノシシたちはというと。
DSC_4317_450.jpg
足の絵具の乾燥待ちで、コロンと上を向いて寝てます。

33813060_1532623156847445_3178952209144479744_n450.jpg
森を歩いたのも、動物の痕跡を見つけたのも、
動物を作ったのも、ぜんぶ楽しかった!という声が子ども達から聞けました。
ライフェンドレーエン。グリーンウッドワーク協会の定番プログラムになりそうです!
33869754_1532623666847394_6986678684006481920_n450.jpg
(かしわ)
  1. 2018/06/10(日) 18:02:55|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラダーバックチェアづくり@ほとり・ポトリ(中盤)を開催しました | ホーム | 【ろうきん森の学校】 森工塾「虫探しキャンプ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1101-8165e901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)