FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続き・・・~

前回の報告からずいぶんと間が空いてしまいました。文字通り間抜けな話で、ドーモスミマセン。
今年最初の報告です。

課題2作目の茶碗籠です。
 ☆ 難しいー編むだけで精いっぱい、形が×でした。立ち上げの角を7角形にするのがおもしろかった。   
P2114622_convert_20180331225002.jpg

菊底の笊です。
 ☆ ヒゴが細くて大変でした。
P2254656_convert_20180331225017.jpg

網代編みの弁当箱です。
 ☆ 節無しのヒゴなので楽。失敗はあったけど楽しかった。
P3094665_convert_20180331225032.jpg

課題第1作目のパン籠です。
 ☆ しっかりしたものが出来てうれしい。
   今まで安物しか見てなかったので、こんなにきちんとしたものを作るとは思ってなかった。
P3114666_convert_20180331225041.jpg

透かし網代に六つ目を被せた干し笊です。(梅干し用だそうで)
 ☆ 買った方が安い!!
   大変でした。見本(手前にある笊)とは少し構成を変えたけど、縁を嵌めるのがが大変。ヒゴの本数が多すぎ。
P3114669_convert_20180331225059.jpg

ござ目編みのそば笊です。
 ☆ ござ目がきれいです。忘れないうちにもう1個作ります。
P3114670_convert_20180331225115.jpg

差し六つ目のポシェットです。
 ☆ 特に難しいとは思わなかったけど、立ち上げの角が何本も折れた。小さいものは難しい。
P3254679_convert_20180331225128.jpg
大きなものも小さなものも、夫々に難しいことはありますよ。
でも、だからこそ面白いんですよね。(こうなるともう病気、と師匠が言ってました)

                     キト
  1. 2018/04/01(日) 22:35:57|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ろうきん森の学校】森工塾 「足踏みろくろで木の器づくり」 | ホーム | 森工塾・そばざるづくりを開催しました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1087-767b79d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)