GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

真夏日のこどもの日~一輪挿し講座

5月5日こどもの日。
こどもの日には柏餅!
しかしアカデミーのカシワの木は、まだまだ葉っぱが若く、柏餅を包むには小さすぎます。
RIMG0385_convert_20100505204031.jpg
巷に出回っている柏餅の葉は昨年のものなんでしょうか?

本日、一輪挿しづくり講座が開催されました。
使用した木は岐阜県産のイタヤカエデ。
RIMG0393_convert_20100505204130.jpg
繊維が入り組んで素直には割れてくれません。
RIMG0401_convert_20100505204158.jpg
材は堅めです。

銑で円柱に近い形に整えたあと、手回しドリルで穴を開けます。
みんなで協力して芯がずれないように確認しながら穴を開けていきます。
RIMG0422_convert_20100505204225.jpg
電気が不要なのはもちろん、力加減を調節しながらマイペースで穴か開けられることから、案外正確な穴が開けられます。

先日、岐阜県可児市の古材家具工房「わだひろや」さんから購入した古道具の手回しドリルに金やすりで刃をつけて削ってみました。
RIMG0441_convert_20100505205021.jpg
新品のドリルとは比べものにはなりませんが、意外と使えるものですね。

穴あけ後は、足踏みろくろを使って各自好きな形に成形してもらいます。
普段は彫刻用の薄丸のみを使用しますが、本日はさまざまな刃物を試してもらいました。
RIMG0426_convert_20100505204340.jpgRIMG0454_convert_20100505204539.jpgRIMG0449_convert_20100505204427.jpg
まずは、決まった直径の円柱をつくるための治具を取り付けたパーティングツール。
長い棒を削り出すための平らなのみ。
細かい細工をするためのスピンドルガウジ。
V字の溝を掘るためのスキューチゼル。
RIMG0467_convert_20100505204712.jpg
今日は思う存分足踏みろくろを堪能していただきました。

今日の美濃の気温は30℃を超える真夏日でした。
3時の休憩にはかき氷で涼をとりながら、広葉樹の山が抱える問題を語り合いました。
RIMG0456_convert_20100505204637.jpg

麻ひもを編んだあと、穴に試験管を入れて出来上がり。
最後に野の花を摘んできてもらいました。
RIMG0474_convert_20100505204737.jpg

RIMG0477_convert_20100505204758.jpg
(文責:小野)
  1. 2010/05/05(水) 21:08:06|
  2. 講座の実施報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木工家ウィークNAGOYAのご案内 | ホーム | 森の香り袋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/106-74194462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)