FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

【ろうきん森の学校】森工塾 有道杓子づくり

3月の森工塾は、
飛騨は高山の山奥で、冬の間にだけ作られるという木杓子「有道杓子」づくりです。

ホオノキの生木を、マンリキで豪快に割り、曲がり鉋でさじ面を刳り、
最後は出刃包丁で繊細に仕上げる。
独特の技法が生み出す造形美に、いま注目が集まっています。
IMG_4874_20180102145911ecd.jpg

落人伝説のある現高山市の有道地区で
古くから冬期のなりわいとしてつくられていた有道杓子は、
「杓子の中の王者である」と随筆家の白洲正子氏は讃えています。

20161201222245459_20170405105628b14_201801021453076ea.jpg
講師に奥井京介( オクイキョウスケ )さんをお招きします。
>>奥井木工舎HP

奥井さんは、昨年秋に開催された「さじフェス2017」でも、その有道杓子作りの技術を惜しげもなく披露してくださいました。
まさに山里の杓子という、有道杓子を削り出す技が間近で見られるまたとない機会です。

IMG_4769_20180102150322469.jpg
もちろん、参加される方も、奥井さんに直接指導を受けながら1本作ってお持ち帰りいただけます。
定員8名ですので、小人数でじっくり教えてもらえますよ!

ちなみに、1月に森林文化アカデミーで開催される有道杓子づくり講座は、
申込み受付開始1時間で定員いっぱいになってしまったとか。。。

- - - - - - <イベント概要> - - - - - -

日本伝統のグリーンウッドワーク
有道しゃくしづくり


20180310有道杓子

■日 程  3月10日(土)9:30~17:30

■会 場  美濃市番屋2号館(岐阜県美濃市広岡町2632-1)

■参加費  おひとり5,000円

■定 員  8名(先着順)
※左利き用の刃物は1名様分のみご用意いたします。(左利きの方は先着1名様となります)
※定員に達しましたので
ただいまキャンセル待ちのみ受け付けております


■講 師  奥井京介(奥井木工舎)

■申 込
>>森工塾「有道杓子づくり」申込フォーム(google フォーム)

上記フォームがご利用いただけない方は、
『お名前・年齢・性別・住所・電話番号』を記入の上、
下記メールまでお申込みください。
gww.rokinnomori@gmail.com

※フォーム、メールともに一週間たっても確認のメールが来ない場合は、お手数ですがもう一度送信してください。
  1. 2018/01/10(水) 09:00:00|
  2. 講座のご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第14回川と山のぎふ自然体験活動の集い 今年も出展します! | ホーム | 【古城山イベント】ふれあいの森で『大昔の火起こし』とご飯炊き体験と杉トンボ作り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1057-9eba3e13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)