FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続き・・・~

今年最後の報告です。
色々出来上がりましたのでご覧ください。

鉄線編みの手提げ籠
☆ 幅広のひごを2枚にへいで使ってるのがミソです。
1_2017122819285480c.jpg
確かにがっしりしています。

入門編第1作目のパン籠。
☆ 想像以上に難しかった。その分、達成感があってうれしいです。
1_20171229220154f4e.jpg

この方も入門編第1作目の、パン籠。
☆ うれしい! やっとできた。これ程竹細工、特に割とへぎが大変だとは思わなかった。
8_20171228193750762.jpg

透かし網代の手提げ籠
☆ 使うのが楽しみ。女性らしい手提げ籠が出来ました。
3_20171228192856f73.jpg

ござ目編みのトレイ
☆ もう一個、これより小さいのを作るんで、次、頑張ります。
4_20171228192858325.jpg

六つ目の手提げ籠
☆ 最初ひごを幅3mmで作り始めたけど華奢すぎると思って4mmで作り直したけど、出来たのはやっぱり華奢。次は5mmで。
5_201712281928591f4.jpg

六つ目つぶしのカトラリーバスケット
☆ 早速お正月に使います。
6_201712281929011f2.jpg

六つ目編みの籠
☆ 作ったのは良いけど、何に使うんやろ?
7_201712281929021da.jpg

来年も、普段の生活の中で使う竹籠たちがたくさん生まれていくんでしょうね。
それではみなさん、良いお年を。
                         (キト)
  1. 2017/12/31(日) 14:18:33|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【古城山イベント】ふれあいの森で『大昔の火起こし』とご飯炊き体験と杉トンボ作り | ホーム | 森工塾「削りかけ文化を知る(講演会)」を開催しました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1056-420badc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)