GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

グリーンウッドワークの椅子づくりPart-A 2

つづきです。

グリーンウッドワーク(生木を使った木工)は、ふつうの木工では避けられる水分を多く含んだ木を使います。乾燥するにしたがって、反ったり縮んだりしますから。
でも素材を知り、うまく付き合えばちゃんと素敵なものができる。そんなことを教えてくれている気がします。
たとえば、
partA201.jpg 

partA202.jpg 
ドリューさんはスポークシェイブ(南京鉋)の削りクズも後ほど椅子の座面の詰め物として利用するそうです。
生の柔らかいうちに削ると、クルクルとバネのようになって具合が良いそうです。
たしかに、このバネは座りゴコチが良さそうです。

partA203.jpg 
最終日。前半の大詰め、後脚のデザインポイントなどの解説。
「背中にあたる部分を欠き取る」と言う加工に、座った時の背の当りの良さはもちろん、木を曲げやすくしたり組み立て時の角度を解りやすくするなど工夫が満載なのには驚きます。

partA204.jpg 
そしていよいよ蒸し曲げ。

partA205.jpg 
小一時間で蒸しあがります。

partA206.jpg 
焦らず、すばやく!ホカホカの栗の木は意外に柔らかいです。

partA207.jpg 
グイグイと、曲げグセをつけて、、、

partA208.jpg 
はい!
型に収めると、真っ直ぐな木が見事に曲がります。
この後しばらく冷まして乾燥させるとこの形に固定されます。

partA209.jpg 

あっという間の3日間、パートAはここまで。
今週18(土)からパートB再開です!

  1. 2008/10/14(火) 20:04:15|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカの第一人者に学ぶ グリーンウッドワークの椅子づくりPart-A

ドリュー・ランズナーさんの椅子作り講座、前半が行われました。(日程ははコチラ

partA101.jpg partA102.jpg

 ドリューさんと全国各地から集まった受講生8名、そしてスタッフの自己紹介、
皆さんそれぞれ木工の経験こそ違いますが、何か新しいことを学ぼうと言う雰囲気が満ちています。
グリーンウッドワークの椅子作りパートAの始まりです。

partA103.jpg partA104.jpg

椅子作りの最初は大まかな説明から始まるわけですが、新しい発見がたくさん詰まっています。
たとえは、この目盛と記号を書いた木の「棒」と切込みを入れた「板」にはナルホドです。これで必要な寸法がほとんどわかるようになっています。とてもシンプルで無駄のないシステムです。

そんな説明を受けた後、いよいよ作業に入ります。

partA105.jpg 
今回の材料は、いまが旬の「栗」です。もちろん伐って間もない生木です。クサビを入れると樹液が滲み出すくらいですから。
素性を見ながら、「節のあるところは短く切って」とか「真っ直ぐな木は後脚に」など見極めていきます。

partA106.jpg partA111.jpg

安全にも 充分配慮。
鉄のハンマーで、鉄のクサビを打つ時に細かい破片が飛び散る恐れがあるのでゴーグルは必需品です。

partA110.jpg partA107.jpg

基本的な作業は同じです。
木を割って、削る、ひたすら。パートA3日間のほとんどは、木を削り続ける!というハードな講座なのでした。  
しかし参加者の情熱とベテラン講師の指導でで椅子の部材は着々と削りあがって行きます。

つづく

 
  1. 2008/10/12(日) 23:17:18|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0