GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

長良川おんぱく「森の木からつくる子ども椅子」~ブナの森編~

今年もこの時期がやってきました、「長良川おんぱく」!
グリーンウッドワーク協会からは、「スツールづくり」でエントリーしましたよ。
DSC_2630(450).jpg

<<2017年10月14日(土) 長良川おんぱく「森の木からつくる子ども椅子」~ブナの森編~>>

今年も郡上市白鳥町六ノ里のブナの森で開催。。。の予定だったのですが、当日は雨予報(・.・;)
会場を六ノ里の樹を製材している「白鳥林工」さんに変更しての開催となりました!

せっかくなので、製材した六ノ里の材を見ていただきます。
DSC_2617(450).jpg

製材された樹を伐り出した山がこちら。
(※当日は行けなかったので、前日にスタッフで現場を見に行った時の写真です)
DSC_2608(450).jpg

今回のスツールは、この山で伐った際に出た「板にできない細い樹」を使用させていただきました。
この山を整備されている、ACフォレストの澤田さんに樹を用意してもらいましたよー!
DSC_2606(450).jpg
前日、山から伐り出されたばかりの樹が目の前に!
さっそく割っていきましょう。
DSC_2623(450).jpg DSC_2621(450).jpg
今回用意したのは「チョウセンミネバリ」と「シナノキ」です。(写真右上はチョウセンミネバリ)

「森の形を、椅子の形に」ということで、割ったそのままの形を活かして作っていきますよ!
DSC_2624(450).jpg

六ノ里の森で活動している「ものづくりで森づくりネットワーク」の山口さんもサポートしてくださいました!
DSC_2634(450).jpg

子どもさんも、飽きずに最後まで頑張って作ってくれました!
DSC_2638(450).jpg

椅子を組み立てて
DSC_2637(450).jpg

好きな色のテープで座面を編んだら
IMG_20171014_161259(450).jpg

完成です!
DSC_2647(450).jpg

講座が終ったら、もちろん作った椅子に座ってコーヒータイム♪
しあわせ~
IMG_20171014_164728(450).jpg

<参加者さんの感想>
・自然の形を活かして作る椅子はとても楽しかった。
・普段は仕事で電動工具を使っているが、いつもは味わえない感覚を体験できた。
・小2の子どもが脚を一本仕上げられて驚いた!
・次回あったら、違う色の椅子をもう一脚作りたい。
・自分でも木が削れたのが楽しかった。
・ずっと参加してみたかったので、体験できてうれしい。
・伐採しても使われない樹に使い道が与えられるという事がとても嬉しい!

製材された木の香りに包まれながらの講座もとてもすてきでした。
会場を貸していただいた白鳥林工さん、参加していただいたみなさんありがとうございました!
DSC_2646(450).jpg

(かしわ)
  1. 2017/10/22(日) 09:00:00|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

郡上高校森林科学科「ゴッホの椅子づくり」その3

今年は郡上高校森林科学科の生徒さんの課題研究として、ゴッホの椅子づくりを行っています。

>>第1回の様子
>>第2回の様子

今回は、いよいよ最後の工程!座編みに入ります。
まずは、ツノ(脚の上部の長めに残しておいた部分)をノコギリで切って落とし
DSC_2293(450).jpg

面を取ります。
銑の使い方も、もうお手の物です!
DSC_2294(450).jpg

午後から、座編みスタート!
22196147_1317294415046988_3097834511582527855_n(450).jpg

コツを掴めば、最後までスイスイ。
みんな、なかなかカイショウがありますね。(郡上弁で器用という意味らしいです)
DSC_2298(450).jpg

2脚の「ゴッホの椅子」が完成しました!!
DSC_2305(450).jpg

<参加者さんからの感想>
・達成感が得られた。他の木でも作ってみたい。
・最初は棒ばっかり作っていて、椅子になるのかと思ったが、形が見えてくると楽しくなってきた。
・椅子の形ができてうれしい。
・いつもは伐っても捨てたり、薪にしてしまう雑木が機械を使わずに椅子にできてしまう。
・ヌルデでも立派な椅子ができるということが新鮮。

樹を伐るところからの「ゴッホの椅子づくり」の全行程、
まさにグリーンウッドワークの真髄を高校生の子たちに体験していただけたのは、
グリーンウッドワーク協会としても大きな財産になりました!ありがとうございました。

DSC_2309(450).jpg
生徒さん達が作った椅子は校舎内の廊下に設置されるそうです。
郡高祭などで郡上高校を訪れた際には、ぜひ探してみてくださいね。

(かしわ)
  1. 2017/10/19(木) 14:53:58|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

郡上高校森林科学科「ゴッホの椅子づくり」その2

今年は郡上高校森林科学科の生徒さんの課題研究として、ゴッホの椅子づくりを行っています。
前回は、2日間かけて椅子の部材を作りました。
>>前回の授業の様子

第2回の今回は椅子を組み立てます!
まずは、前脚と後脚の最終加工。
DSC_2084(450).jpg

南京鉋で仕上げます。
DSC_2093(450).jpg

脚以外の部材を確認して、
こちらも最後の仕上げ。
DSC_2091(450).jpg
前回の作業から1か月以上経って、
ヌルデは、皮が薄く残っていたところはまだペタペタしましたが、
白木にしてしまったところは、まったくべたつきません。

午後からはいよいよ組み立てへ!
DSC_2101(450).jpg

慎重にホゾ穴あけ。
DSC_2105(450).jpg

ひねりを修正しながら
DSC_2099(450).jpg

椅子が組みあがってきました!
DSC_2109(450).jpg

椅子の形が完成です!
21617549_1305834442859652_7240376536419958385_n(450).jpg
4人それぞれが作った部材をふたつの椅子に組み上げました。
正直、部材の形は揃っていませんが(笑)
その不揃いなところも「いい味」になってしまうのが、ゴッホの椅子の魅力ですね。

次回はいよいよ最後の授業!座編みに入ります。

(かしわ)
  1. 2017/09/29(金) 08:35:25|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

郡上高校森林科学科「ゴッホの椅子づくり」

岐阜県が行う小中学校及び高校生向けの森林環境教育に「緑と水の子ども会議」という取り組みがあります。

グリーンウッドワーク協会がこの子ども会議に講師として招かれました。
郡上高校森林科学科の4名の生徒さんたちの卒業課題として、
「ゴッホの椅子」を2脚つくることになりました。
私達も地域の子どもたちのために貢献できることがあるんだと思うと嬉しいものです。

第一回目。
まずは郡上高校の演習林にて、ヌルデの木を伐採します。
今回は演習林内にたくさんある木を有効活用したいという先生のたっての希望で
ヌルデの利用に挑戦です!
DSC_1363(450).jpg
ヌルデを使うのははじめて。
私たちも、どんな作品が完成するか楽しみです!

これだけの材料をゲットしました!
20246075_1256515471124883_8678306317630260511_n(450).jpg

演習林内には、きれいな小川も。
ここで作業の汗を流します
DSC_1369(450).jpg

高校へ戻って、グリーンウッドワークについてと、
今回作る「ゴッホの椅子」についての説明をして
DSC_1370(450).jpg

伐採したヌルデの小径木を削り馬で削ります!
DSC_1374(450).jpg

さすが森林科学科の生徒さんたち。刃物使いはお手の物です。
DSC_1383(450).jpg
ヌルデの木は、材の表面がペタペタ。
特に樹皮の下から黄色い樹液が滲み出てきて(さすがウルシ科!)、これがとてもペタペタします(汗)が、
材質そのものは、割りやすく、削りやすく、仕上がりは光沢があって白くてペカペカできれいです!
割りやすさ、削りやすさは『5』に近いです。
ぺっちゃり度も『5』ですが。
でも、ペタペタの材をずっと構っていましたが、誰もかぶれませんでしたよっ(´∇`)これは発見!

工作治具もすぐに使い方をマスター!
DSC_1380(450).jpg
銑や定規が樹液でペタペタになるのはちょっと厄介でしたね。

まずは第一回、第二回の2日間で
2脚分のゴッホの椅子の部材を木取りしました。
DSC_1386(450).jpg

残り2日間をかけて、組み立てと座編みを行います。
頑張れ少年たち!

(かしわ)
  1. 2017/09/20(水) 17:51:57|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラダーバックチェアづくり講座(後半)を開催~椅子が完成しました!

1か月ぶりの再集結。
ラダーバックチェア講座(後半)を行いました!

<<2017年8月11日~13日 丸太からの椅子づくり~ラダーバックチェア~(後半)>>

まずは、先月作った貫を計測します。
完成直後は148gだった貫は……
DSC_1495(450).jpg
111g!75%くらいまでに乾燥していました。
これは「気乾」の状態。
さらに強制乾燥をかけると、60%代まで落ちるそうです。
翌日の組み立てまでの間、60℃近い車内にて最終乾燥させます。

今回は後ろ脚の背板のホゾ穴あけから。
DSC_1504(450).jpg

みなさん綺麗にあきました!
DSC_1507(450).jpg

南京がんなを使って、部材すべてを丸く仕上げます。
DSC_1511(450).jpg

2日目は、組み立てに入ります!
後脚のホゾ穴をあけるところを、治具を使って印をつけて
DSC_1521(450).jpg

手回しドリルが傾かないよう2方向から見てもらって、まっすぐにホゾ穴をあけます!
DSC_1520(450).jpg

貫のホゾは、乾燥して楕円に縮んでいます。
楕円が長い方を縦にすることで、縦方向の圧力(座るときは上から力がかかる)に強くするんだそうです!
DSC_1513(450).jpg
理にかなってますね。

まずは、椅子の両側が組み立てられました!
DSC_1524(450).jpg

前半で曲げた背板も、仕上げの形に。
DSC_1526(450).jpg

ここで久しぶりの削り馬との再会。
DSC_1531(450).jpg

今回はこんなかわいい形の背板を作った方も!
DSC_1532(450).jpg

背板の形を整えたら、すべての部材が完成!
椅子を組み立てましたよー!
DSC_1542(450).jpg

この作業中、スタッフは背板の端材でピンを作成。
DSC_1533(450).jpg

背板のところに入れて、強度アップです!
DSC_1545(450).jpg

最終日の15時前には座面を編み始めて。。。
DSC_1554(450).jpg

DSC_1571(450).jpg

DSC_1577(450).jpg

完成ですっ!
※電車時間の都合で一足先にお帰りになられた方、集合写真に写れずごめんなさい。
DSC_1578(450).jpg

6日間かけて椅子と戦い?木と向き合い、手工具だけを駆使して
全員、無事に『ラダーバックチェア』が完成しました!
DSC_1580(450).jpg

そして、今回はペット?のオオムラサキを連れてきた参加者さんが!
DSC_1508(450).jpg

エサとなる食草のエノキを採りに行ったり、
休憩の度に、みんなで観察して癒されたり
小野理事長はずっとオオムラサキを見ていたり
DSC_1509(450).jpg
こんな楽しみもあった3日間でした!

<参加者のみなさんからの感想>
・感無量。愛着を持って使える一脚ができました
・足の具合が悪くご迷惑をかけたが、皆さんのおかげで完成した。
 社会人になると6日間一緒というのがなかなか無いので、GWWの仲間ができたということが大きな成果だった。
・形が出来上がっていくにつれて、丸太から割ったり、脚ができたりと、材から椅子ができていくという工程に感動した。
 一本の木から暮らしに使えるものができるという工程を見れる。こういう体験をいろんな人に広めてほしい。
・削り馬と銑で削るという体験がとても楽しく、これからも続けたいと思った。
 自分なりのものをこれからも作っていきたいという楽しみができました。
・協力して椅子を作った皆さんと、このままお別れするのがさみしい。この出会いが大切な財産になった。
・こんな素敵なところで体験できたことがとても楽しかった。
 椅子をまた作ってみたいし、こういう活動を続けていくと、またいろんな人に出会えるかと思うと楽しみ。


ものづくりの達成感は、何物にも代えられないものですね。
それを一緒に楽しむことができる仲間が増えること、その場を提供できる講座も、またしかり。
そんな出会いも大切にしながら、これからも講座を続けていきたいですね!

(かしわ)
  1. 2017/08/22(火) 14:17:37|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ