FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

Oak Villageに行ってきました(8月13日

森林育(もりいく)ウィーク サマーフェア
グリーンウッドワーク「丸太からのスプーンづくり」の講師として、
高山のオークヴィレッジに呼んでいただきました。
IMG_20190813_092253.jpg

まずは材料の調達から
森の中から株立ちしたホオノキを一本頂きました。
IMG_20190813_093639_201909061535336d8.jpg

同じ岐阜県と言っても流石日本海側。
お隣富山県からのご参加も。
昔オークヴィレッジで家具を買ったことがあり、
今回いい機会なのでお孫さんにスプーンづくりを
体験させたいということで、ご参加いただきました。
IMG_20190813_104012.jpg

木漏れ日の下、
谷筋に吹く爽やかな高原の風。
まさしく「森林育」
IMG_20190813_104412.jpg

今回は削り馬でスプーンづくり。
いつもは彫刻刀を使いますが、この日はフックナイフに挑戦。
小学校6年生だとこんなに上手にフックナイフが使えます。
IMG_20190813_140018.jpg

削り馬に固定すると、こんなフックナイフの使い方も。
IMG_20190813_140848.jpg

予定通り時間内に全員完成できました。
IMG_20190813_160033.jpg
「サンドペーパーを使わない素晴らしい世界があることを知った」
という感想には、こちらも感激。
「孫三人の頑張りに感動」とおじいちゃん。
「またやりたい」と子どもたち。
気持ちも晴れやかになる素敵な夏休みの一日でした。
event_report_20190813_1[1]

↓オークヴィレッジのブログ
こちらをクリック


(おの)
  1. 2019/09/13(金) 07:37:24|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士の麓、斧とナイフでスプーンを作る会が開催されました(8月9日)

グリーンウッドワーク体験講座@河口湖・木夢の森

「素朴な道具を使って生木のままの材を削るグリーンウッドワークは、
人が本来持っているつくる喜びを実感できます。
木と人の長い歴史と新しい関係を感じながら、
マイスプーンをつくりましょう。」
(参加募集のチラシより)

材はもちろん木夢の森から伐採してきます。
IMG_20190808_161519.jpg

この森にたくさん生えている、ハンノキとバッコヤナギ。
スプーンづくりには腕の太さくらいあれば十分です。
IMG_20190809_091705.jpg

ある時は無口でモクモクと削りながら
ある時はおしゃべりしながら夢を語ったり
IMG_20190809_112754.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎて
IMG_20190809_182946.jpg

途中、突然のゲリラ豪雨に襲われましたが、
最後は富士山が完成を祝ってくれました。
70247269_739874093091661_9205139277912997888_n.jpg
翌日からはゴッホの椅子づくりに取り掛かります。
(おの)




  1. 2019/09/11(水) 07:50:31|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スプーンづくりin西丹沢(7月13日・14日)

2ヶ月ぶりの講座のご報告です。
本日からこの夏の講座を少しずつご報告していきます。

7月13日(土)~14日(日)は
「斧とナイフで作ろう!スプーンづくりキャンプin西丹沢」
神奈川県で活動する足柄丹沢の郷ネットワークさんの主催です。
66899974_340156423589624_7945220044789645312_n.jpg

会場は丹沢湖の入り口に位置する民宿「落合館」
削って削って、美味しいご飯食べて、お風呂に入って、夜の懇親会
最高の環境です。
IMG_20190713_123442.jpg
カレーもおかわりして食べすぎちゃいました。

67384909_2108682929241462_7826490978176335872_n.jpg
まずは、お箸づくりで斧とナイフの練習から。
刃物に慣れてきたところでいよいよスプーンづくりです。

「初めてだけど、無事に使えるスプーンができた」
66682951_2108682989241456_1963203828442464256_n.jpg
「熱中して取り組んだので楽しかった」
「二日間の工程で、余裕があって良かった」
67402601_2108682059241549_2038991614461870080_n.jpg
「道具をもっと自由に使いこなせるようになりたい」
「削り馬いらないじゃん!」

一日で慌ただしく終わるのではなく、
やっぱりこうやって皆さんと共にする時間が長い講座の方が
充実した時間を過ごせますね。

次回は
10月13日・14日開催の
グリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座
「生木を割って削って編んで作る!スツールづくり体験」

69356913_523611211741323_8657916270663958528_n.jpg

こちらではしっかり削り馬を使っていただきます。
秋の西丹沢も楽しみです。
(小野)
  1. 2019/09/03(火) 13:33:29|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斧とナイフでスプーンキャンプ(6/30・2日目教室編)

ろうきん森の学校 森工塾(もっこうじゅく)
斧とナイフでつくるスプーンキャンプ

二日目は土砂降りの大雨から避難して
みの木工工房FUKUBEに会場を移動しました。
66360028_2328660603890379_5158218214546604032_n[1]

ここは昔小学校だった場所
ほら、給食みたいでしょう。
66594273_631366144035020_7698551766513614848_n[1]

つくるだけではなく
道具のメンテナンスも大切ですね。
66069190_2293720300893662_7500378449308024832_n[1]

お昼ご飯までにほぼ形が完成
つくったスプーンで冷や汁を食べで見ましょう。
66094678_2407367246254591_8037503133745676288_n[1]

午後からは最終仕上げと二本目に取り組む人と。
装飾を楽しむ人も。
65950867_2231349293650298_6069144137662201856_n[1]
スプーンがお魚の彫刻に。

大きなサービングスプーンも。
66709014_768888356859503_1224877965049856000_n[1]

最後におやつの杏仁豆腐を食べてみましょう。
「美味しい顔ってどんな顔!」
66241355_1096273550578423_7082010383698886656_n[1]

<皆さんの感想です>
・スプーンの奇麗なラインを目指して作った。
・持ちやすさを追求したが、匙面は難しかった。
・木目がきれいに出た。
・普段使わない筋肉を使った。
・割るのは硬かったが、すごく削りやすい材だった。
・スプーン講座は何度か参加したが、今日のは一番上手くできた。
・とてもきれいな色が出た。
66375671_756293208140533_4872236816415064064_n[1]

・斧とナイフでつくれるのがすごい。気軽にできるのがいい。
・斧でこんなに成形できるのが新鮮。勉強になった。

・みんなと一緒にご飯食べたり、おしゃべりしたり、楽しかった。
・みんなで泊まって楽しかった。
・奥さんと一緒に参加して、楽しさを味わってもらえたと思う。
・自分のためだけに買った久しぶりの時間を堪能した!

今回の講座も「つくること」+αの付加価値を感じていただけたようで嬉しいです。
(おの)
  1. 2019/07/10(水) 07:54:18|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斧とナイフでスプーンキャンプ(6/29・1日目森編)

ろうきん森の学校 森工塾(もっこうじゅく)
斧とナイフでつくるスプーンキャンプのご報告。
66092563_491182741688314_411201165351452672_n[1]

実は、斧とナイフだけでつくるスプーン講座はこれが初めて。
この日のためにカービング用の斧を10丁用意しました。
66423055_2334885390113563_3555221593728745472_n[2]

まずは斧とナイフに慣れてもらうために、
箸づくりから。
66493681_482866072523530_7905854509153255424_n[2]

ハツって、ハツって、
66418628_913692352300688_755387479242047488_n[2]

基本的なナイフワークを覚えていただきます。
66521265_434081224103803_6507857227129290752_n[2]

お昼ご飯はタコライス
見本のスプーンを使って形を研究します。
66078458_897072683980647_78374103655907328_n[1]

さあ、いよいよ昼からは
本番のスプーンづくり。

またまたハツって、ハツって、
65623132_677494729358195_3270169557800583168_n[2]

目指す形以外の部分を削り取っていきます。
66108143_1430351030473292_5080902996422819840_n[1]

斧の加工で出来る限り完成形に近づけことによって、
ナイフの仕上げ作業が格段に省力化できます。
66624365_367573313906069_7870356265149399040_n[1]

3時のおやつは、参加者の方からのお土産のスプーン!
<空いろ>ほし&スプーンクッキー 
66097099_2252570948158243_2690230620721774592_n[1]

この日一日で、こんなにたくさんのナイフグリップを経験してもらいました。
66057668_398039034166234_1390967829309685760_n[1]
何かの料理のレシピみたいですね。

午後から降り出した雨が強くなってきたので、
翌日の作業は安全な建屋内に移動しました。
因みに夕飯のメニューは、スプーンと言えばカレー!
写真を撮るのを忘れました。
(つづく)
  1. 2019/07/09(火) 06:00:47|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ