FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・~

平成最後の報告です。

☆ 鉄線編みの手提げ籠です。
  編み方は最後まで理解できなかった。
 弁当入れとして作ったけれど、武骨なので大量に入れられます。持ち手の太いロープが気に入ってます。
P4195216_convert_20190428131039.jpg

P4195218_convert_20190428131059.jpg
ξ 本体がゴツイから持ち手がロープでも気にならないですね。

☆ 八つ目編みの手提げ籠です。
  可愛くて使えるものが出来てうれしいです。
P4195220_convert_20190428131149.jpg
ξ コンパクトに出来上がって使い易そうですね。


☆ 透かし網代編みの手提げ籠です。
  底編みに苦戦したけど、きれいな編み目に出来てうれしいです。
P4215223_convert_20190428131226.jpg
ξ 奥さんに気に入ってもらえることを祈ってます。

☆ 課題3つ目の深笊です。
  やっと、出来ました。
  長いひごを作るが大変でした。縁も大変でしたけど手伝ってもらって何とかできました。
P4215224_convert_20190428131240.jpg
ξ 次はもっと大変ですけどね、気長にやっていきましょ。

☆ 差し六つ目の茶碗籠です。
  一人暮らしを始めた息子のための茶碗籠。底編みの角の5角形は7角形の方が良かった。
P4215225_convert_20190428131303.jpg
ξ 5角形だの7角形だのは竹細工をやってないと解らん話ですね。ま、また今度試してください。

次に報告するときは 令和 ですね。皆さんお楽しみに。
                               
                                (キト)
  1. 2019/04/28(日) 14:08:54|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・~

今年最初の報告をしてからはや2か月が過ぎて桜の便りを聞く頃になってしまいました。
で、今年の2回目の報告です。

☆ 網代編みの弁当箱 (実はこれで3個目)です。
  縁がうまく出来るようになってきて良かった。皆さんに褒めてもらえました。
P2085123_convert_20190324210151.jpg
ξ 本当に作る度に出来が良くなってます。

☆ 課題の最後 四つ目籠(芋振り籠)です。
 編んでみてやっとひごがうまく出来てないことが解りました。
 途中まではうまく編めたと思ったけど、途中からダメでした。
P3085164_convert_20190324210205.jpg
ξ まぁしかしひごが厚い分、がっちりしてますよ。

☆ 六つ目の茶碗籠(小判型)です。
 出来るだけ六つ目を揃えるのを目標にしたけど、難しかった。
 前に作った丸型よりクオリティは上がった、と思います。
P3105196_convert_20190324210215.jpg
ξ ひごの折れも無いし、手慣れてきた感じですね。

☆ 六つ目のおもちゃ入れ(玉入れではない)と、子供のままごと用の籠
 おもちゃ入れ : 大物は楽しい。 ”作った” という実感が湧いて来ます。取り敢えずやってみる、というよりちょっと先のことを考えて作業することが大事ですね。
 ままごと籠 : 端材で作ったのであんまり気合を入れずに作りました。
P3245197_convert_20190324210248.jpg
ξ 確かに、大物はやったぞって感じますよね。

☆ 四つ目崩し(差し四つ目)の笊です。
 端材を利用して本体は出来たけど、縁の取り付けに大苦戦しました。
 ひごをも少し厚くすればやりやすいかなぁ。
P3245199_convert_20190324210307.jpg
ξ 差し四つ目というのは初めて見ましたが、面白い編み方ですね。

毎度思うんですけど、いろんなものが出来上がっていきますねぇ。
小生も負けないようにがんばろ。

                   (キト)
  1. 2019/03/25(月) 11:29:27|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹細工 ~円空館でミニ鵜籠づくり ’18年度~

前年度に続いて、今年度も2/2、3の2日間、関市池尻の円空館でミニ鵜籠づくり講座を行いました。
一部のひごを自分で作ってからミニ鵜籠を編むという、去年とほぼ同じ内容なんですが、少しでも作りやすいように我々なりに工夫してしてみました。(詳細は省きますけど)

最初に、巻縁の中に当てる”縁竹”を作るんですが、丸竹を鉈で割って、割って、はスタッフがやって、そのあとのへいで、割って、幅引きして、仕上げる、を皆さんが行います。
P2025080_convert_20190204153310.jpg

仕上げのチェックをしてます。
P2025085_convert_20190204153336.jpg

午後から底編みを開始。
P2025087_convert_20190204153457.jpg

底編みがほぼ完成した状態なんですけど、指導している小生が撮影しているので何となく手持無沙汰に見えてしまいます。スミマセン。
P2025088_convert_20190204153416.jpg

ミニ鵜籠は底編みより立ち上げの方が難しいです。
みなさん苦心してます。
P2025094_convert_20190204153511.jpg

ここは、こうやってこうするとですね・・・ 臨時講師が活躍中です。
P2035099_convert_20190204153537.jpg

ひたすら箍(横ヒゴ)を編み続けます。
P2035100_convert_20190204153549.jpg

箍を編み終わって縦竹の仕舞が済んだら、中縁を取り付けます。
P2035106_convert_20190204153601.jpg

巻縁作業中です。この後、縁の一番外側に当て縁をして編みは終わり。脚を付けて完成です。
P2035109_convert_20190207161002.jpg

ミニ鵜籠完成です。
P2035120_convert_20190204153625.jpg

皆さんの感想です。
 ・2日間楽しかった。けど、歳を感じました。
 ・1日目はどうなることかと心配になった。何とか自力率60%(?)で出来たんじゃないかな。
 ・新しいことが勉強できてよかった。竹にはまりそうです。
 ・ヒゴづくりが楽しかった。編みに苦戦したけど、箍の6段目で少し分かりかけてきた。
 ・編みがうまくいかず、底も箍もやり直した。
 ・これから竹にはまりそうです。
などなど、楽しんでもらえてよかったです。
3年前にもこのミニ鵜籠づくり講座に参加して、今回は2度目という方もいらっしゃいましたし、3月のろうきんの森工塾に申し込んでくださった方もあり、うれしいことですね。
今回は定員の8名の参加をいただきました。ありがとうございました。
                          
この講座は 関市文化財活用事業実行委員会 の主催で行いました。

                                   (キト)
  1. 2019/02/07(木) 16:41:47|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・~

今年最初の(教室の)報告です。

☆ 八つ目編みの手提げ籠です。
  軽やかな籠になってうれしいです。中身が見えるから内袋を入れて可愛く。
P1115055_convert_20190127222012.jpg
 ξ 持ち手が簡単に取り外せるようになってます。工夫してますねぇ。

☆ 鉄線編みの蓋つき籠です。
  ヒゴが分厚いんで、ごつい感じです。全部皮にしたけど滑るので、身も入れたら良かったかな。
  その内リベンジします。
P1135070_convert_20190127222027.jpg
 ξ 確かに丈夫そうです。

☆ ござ目編みの スリッパ入れです。
  最初はミカン入れを作る筈が、大きすぎたのでスリッパ入れに変更です。次はミカン入れを作ります。
  縁はうまく出来たけれど、立ち上がりの角は難しかった。
P1255072_convert_20190127222044.jpg
 ξ 縁の処理はとても素敵に出来ましたね。

☆ 六つ目編みの花器です。
  ワガママ言いつつ、何とかできました。黒竹で作るとずいぶん印象が変わるもんですね。
P1255076_convert_20190127222058.jpg
 ξ 

☆ 3つ目の課題の、そば笊です。
  難しかったです。これを作ってる間、そばより先に笊に目が行くようになりました。
  次はもっとうまく作りたい。
P1275078_convert_20190127222115.jpg
 ξ 結構力が要るんで大変やったろうと思います。

みなさん夫々の想いのこもった籠たちが出来上がってますね。
今年もよろしくお付き合いを願います。

                        (キト)
  1. 2019/01/28(月) 10:35:01|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹細工 ~師匠の道具入れ  その2 ~

新年最初の報告です。
正月をダラダラと過ごしてしまった後悔もあって、作りかけの道具箱を完成させました。
去年10月に報告した、師匠の道具箱を真似たものの2個目です。

左が真似っこの1個目、右が2個目。
ほぼ同じ大きさ、形に出来ました。ちょびっと違うとこはあるけど、いつものことで。
P1105051_convert_20190110110621.jpg

本体と蓋。
3か月経って、少し竹の色が抜けてきてます。
P1105052_convert_20190110110636.jpg

2個目というのは案外上手くいかないもんでして、あーでもあるか、こーでもあるかと試しながら作ってるうちに大しくじりで、蓋が本体の中にストン。で、蓋だけ作り直す始末。
P1105053_convert_20190110110657.jpg

1個目を作った後、師匠に見せに行ったら(もちろん1本抱えて)、「儂のより良う出来とる」 と、いつも通りに褒めてくれました。
が、「本体の脚の角が笑っとるなぁ」と指摘あり、これもいつも通り。
  (笑っとる―脚の角の曲げが本体にきちんと沿っていない、隙間があるということ)
火曲げは何度やってもうまくいかない。難しい。やっぱり数多くやってみることですね。

                         (キト)

  1. 2019/01/10(木) 12:05:42|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ