FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・~

2019年 令和元年最後の報告です。

☆ 鉄線の小笊です。
  輪弧編みの鉄鉢のための底として鉄線編みを作ったけど、薄すぎたので笊に転用しました。
PC015745_convert_20191231112932.jpg
 ξ いい形ですよ。隙間が大きいのはそれなりに使い道がありそうですね。

☆ 麻の葉つぶしの笊です。
  小さいのは可愛くない。大きい方が好き。この1尺1寸が好きです。
PC015749_convert_20191231113008.jpg
ξ 笊は色んな編み方が出来て、そのまま見えるから面白いですね。

☆ 二つ目の課題の茶碗籠です。
  やっぱりひご作りですね。丁寧に作らないと後で苦労することがよくわかりました。

PC135800_convert_20191231113227.jpg

ξ 結構ひごが厚かったので編むのに苦労したと思いますが、いい形になりました。

☆ 鍋敷きです。
  ひご作りを甘く見てました。
  廃材で出来ると思ってたけど、竹の水分が多いうちに仕上げた方が作りやすいという、時間との勝負なんですね。
  やってみてよくわかりました。
PC155808_convert_20191231113248.jpg
ξ そりゃあ水っ気があった方がひごが作りやすいし、編みやすいですよ。

☆ 芋振り籠です。(課題の最後)
  ひご作りが長くかかりすぎて先が見えない感じでしたけど、編み始めたら気が楽になりました。
PC205813_convert_20191231131429.jpg
ξ ひごが割と薄く出来てたんで編みやすかったと思いますよ。

☆ 鍋敷きです。
  予想してたより難しかったです。
  たくさん作るつもりでいたけど、これ1個でお終い。また改めて挑戦します。
PC205815_convert_20191231131443.jpg
ξ 薄く均等に(4枚に)へぐのは、やっぱり大変ですよ。

☆ 八つ目編みの籠です。
  スリッパ入れのつもりでしたけど、大きくなったので洗濯物入れにします。
  久し振りなので底編みと立ち上げが難しかったです。
PC205817_convert_20191231131458.jpg
ξ 使い道はいくらでもありますさ。

☆ セベです。
  ひご作りが大変でした。幅広の薄いひごを作るのはやっぱり手強いです。
  でも、楽しかったです。
PC225820_convert_20191231113301.jpg
ξ 縁竹は何度も作り直したから大分慣れてきましたよね。

☆ 輪弧編みのミカン入れです。
  難しすぎる。二組の輪弧を重ねるのが特にね。
PC225822_convert_20191231113315.jpg
ξ 小生もやってみたけどうまくいかんかったです。なかなか難しいもんですな。

今回はたくさんの成果を報告出来ました。
来年も楽しい籠たちに出会えますように。

それではみなさん良いお年をお迎えください。

                  (キト)
  1. 2019/12/31(火) 13:44:56|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹細工  ~六つ目籠(小)づくり~

今年度も、県立森林文化アカデミーの授業で竹細工を行いました。(12/11、12)
クリエーター科の2名が六つ目籠(小)づくりに挑戦してくれました。

今回も籠の材料は全部自分で作るってことで進めましたんで、先ずは竹切りから。
PC105784_convert_20191214151549.jpg

竹割り。割れた瞬間です。
PC105787_convert_20191214151737.jpg

竹を細かく割った後、薄くへいでいます。
PC105789_convert_20191214151751.jpg

へぎは難しい。ゆっくりゆっくり。
PC105790_convert_20191214151803.jpg

へいだ竹の幅を決めているところ。
PC105791_convert_20191214151819.jpg

ひごを仕上げたら、底編みから立ち上げて胴編みへ・・
PC115794_convert_20191214151831.jpg

PC115796_convert_20191214152253.jpg

完成です。(縦竹の仕舞いや縁の取り付けなど、途中の作業は手一杯で撮影できず、スミマセン)
PC115797_convert_20191214151843.jpg

今迄の別のW.Sでやった六つ目籠よりはひと回り小さい籠ですが、しっかりしてて使いやすそうです。
PC115799_convert_20191214151857.jpg

学生さんの声です。
・竹を割るのもへぐのも力加減が分からない。(ごもっとも。小生は今でもよく失敗してます)
・もっと時間をかけて竹細工をやってみたい。(是非遊びに来てください)

今回は人数は少なかったですがその分じっくり竹細工に取り組めたと思います。
これを機会に竹細工に親しんでもらえたら良いですね。

                      (キト)

  1. 2019/12/14(土) 16:16:45|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

身近な竹の道具・熊手づくり

ろうきん森の学校 森工塾(もっこうじゅく) 身近な竹の道具・熊手づくり を行いました(12/7)ので報告します。
今迄と違って今回は編み物ではありませんが、たまにはこんなのも良いかなと思いましてね。

いつも通り、竹を使うときは先ず切って割って・・・
PC075765_convert_20191212104111.jpg

それからへいで・・・
熊手の爪を作ってるんですけど、先を曲げるために薄くへいでおきます。
PC075769_convert_20191212104133.jpg

爪の先を曲げるために、カセットコンロで炙ってます。
植木鉢の底の穴を少し大きくして、少しでも熱が集まるようにしてるつもり。
PC075771_convert_20191212104150.jpg

熱風器という、ドライヤーの強力なやつで炙ってます。
カセットコンロとどっちっが良いんだろう?
PC075772_convert_20191212115621.jpg

爪を作るためのジグにセットしています。
曲げるための型であり、曲げた後に乾して固めるための型でもあります。
PC075774_convert_20191212120018.jpg

12本/組で、2組分をセット。
PC075776_convert_20191212120035.jpg

出来た爪を、しゅろ紐で竿に固定します。
固定の仕方は色々ありますが、今回はしゅろ紐を使いました。
PC075777_convert_20191212115520.jpg
*追記 竿は関市の廃業した味噌屋さんから頂いた、カラッカラに乾いた真竹を使いました。軽くて良いです。

完成しました。
PC075783_convert_20191212104245.jpg
参加者の声です。
・実用的なものが作れてよかった。
・竹をもっと利用したい。次は編み物をやりたい。

今回は参加者が少なかったんですが、おかげでじっくり作れたと思います。

                 (キト)

  1. 2019/12/14(土) 14:56:12|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・~

久しぶりの報告です。

☆ 網代の笊です。 
  3作目だけど成長してないです。作るたびにダメなところが見えてくる。
  子供たちのために5個作ります。
P9085557_convert_20191130113435.jpg
 ξ 子供たちが取り合いをしないように、たくさん作ってください。

で、次の作が成る前に、毎年恒例の竹林整備を報告します。
金曜日の焼き芋パーティー中。 (作業風景は変わり映えしないので端折って)
PB155704_convert_20191130114541.jpg

日曜日の焼き芋パーティー中。
PB175707_convert_20191130113728.jpg

おまけ。 
竹林上空を飛ぶグライダー。エンジン音がしたのでモーターグライダーらしい。いいなぁ。
PB175705_convert_20191130113753.jpg


報告に戻りましょね。

☆ 網代の弁当箱です。
  大きいので大変だったけど面白かったです。次はもうちっと小さいのを作ります。
PB295740_convert_20191130113603.jpg

蓋を開けたところ。
PB295738_convert_20191130113541.jpg
 ξ 大きくて大変でしたろうけど、宝箱みたいで良いですよ。

☆ 課題の茶碗籠です。
  2週間空くと前の作業の記憶がリセットされてしまいます。
  やってるうちに少しずつ思い出すんですけどね。 出来上がってうれしいです。
PB295743_convert_20191130113618.jpg
 ξ 次はゴザ目編みの深笊。茶碗籠とは別の面白さが待ってますよ。

☆ 網代の道具箱です。
  やっと、出来ました。火曲げは大変。
  何を入れようか、使うのが楽しみです。
PB295744_convert_20191130113633.jpg
 ξ 作り始めたのは4月でしたね。火曲げは小生も苦手です。

いよいよ寒くなってまいりました。
最近の異常に暑いのよりはましやとは思うけど、やっぱり寒いのも嫌やなぁ、と思うこの頃です。  (キト)
  1. 2019/11/30(土) 13:09:33|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹細工 ~小熊手~

今度は 小熊手 です。
しっかり使い込まれたものをお借りしたので、これに倣って作ってみました。
5月に拵えた熊手に比べるとずいぶん小さく、片手で扱える大きさですね。
柄が無ければ 手熊手 。

左端が見本、右へ順に試作1号、2号、3号。右端は5月に拵えた熊手。
PA235679_convert_20191024111148.jpg

見本に使われている竹が何なのかはよく解りません。爪は樹脂コーティングの針金で縛ってあります。
1号は淡竹を使い、麻紐で縛りました。
2号は材を真竹に変え、棕櫚紐で縛りました。
3号は真竹を使い、家にあった正体不明のヒモ(農業用のPE紐か?)で縛りました。
PA235675_convert_20191024111209.jpg
 * 使った紐は家にあったものをあれこれ試してみました。

爪は1本のひごを半分に割ってるんだけど、根本は割らずに残し、穴を開けてます
下の写真は淡竹の爪だけれど、割裂性の良さが災いしたか、縛るときにちょっと広げすぎたら割れてまったです。
止む無く真竹を使った次第。
PA245680_convert_20191024114355.jpg

爪を5枚重ねて扇形に組み、小ねじ(M3)と針金で柄に止めてあります。
PA215669_convert_20191024111249.jpg
簡単に作れそうな道具だけど、いやなかなか、それなりに工夫があるもんですね。
ちょっとした作業には使いやすそうな大きさです。

                   (キト)
  1. 2019/10/24(木) 12:14:22|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ