GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

森も木も見れるようになる!植物同定実習

グリーンウッドワークで使われる、生きた「生の木」。
木は割りやすかったり、ねばりが強かったり、堅かったりと
樹種によって特徴は様々。生木ならなおさらです。

樹種の判別はグリーンウッドワーカーに大切な技能のひとつ。
木を見るためには、森を知り、森を知るには、木を知らなければいけません。
その技能を学ぶために、植物同定実習を行いました。

<<2017年6月24日(土) 植物図鑑と森を歩く~植物同定実習~>>

そして、今日は「ろうきん森の工房」のこけら落とし(?)!
この日かぎりは森の中の学舎として使いました。
DSC_0991 (450x255)

講師の森林文化アカデミー:柳沢先生による植物同定についてのレクチャーののち
DSC_0996 (450x255)

柳沢先生と、津田先生の2チームに分かれて森を歩きます。
IMG_20170624_100550 (450x338)

同定のポイントを確認しながら、
植物図鑑とにらめっこ。
IMG_20170624_104120 (450x338)

森から戻ったら、持ち帰ってきた枝を見ながら樹種判別のおさらい。
同定が終わったら、葉っぱを落とした枝を削って。。。
DSC_0998 (450x255)

箸を作りました!
シラカシ、アラカシ、ヤマハギ、カナメモチ、コシアブラ、ヤマザクラにウワミズザクラ、、、いろんな樹でできた木のお箸がずらりと並びました。
IMG_20170624_212523 (450x255)
グリーンウッドワーク協会でもナイフを用意しましたが、柳沢先生流は剪定ばさみです。

今日のお昼。
参加者さんがたくさんいたので、いつもより多く桶からはみ出しております。
DSC_0999 (450x255)

つくりたての樹のお箸でいただきました。
DSC_1002 (450x255)

<参加者のみなさんからの感想>
・柳沢先生の話しがおもしろくてまた来ました
・また是非同じ講座を開催してほしい
・箸を作るという視点で木を観察できて楽しかった
・山登りが趣味なので、木の事を知ることでより山が楽しくなると思った
・山の仕事をしているが、木の種類を「杉、ヒノキ、雑木」くらいにしか認識していなかった
・また自分でも身の回りの木を調べてみたい
・森に興味があり、「ろうきんの森」に通っている。場所で木を覚えているが、それも楽しみ方だと思う

山歩きが好きな人、植物が好きな人、グリーンウッドワークを実践している人。
「ろうきんの森」が、いろんな人が集まる場所になるとすてきですね。

そして、講座のあとは、グリーンウッドワーク協会の第9回総会を
そのまま工房のデッキで行いました。
19397025_1227428020700295_8750375231773002287_n (338x450)
お昼寝したくなりそうなくらいの、心地よい森の工房で
団体の活動について、活発な議論が交わされました。

グリーンウッドワーク協会は来年度で10周年。
節目の年に向けて、少しずつ動き出していきますよ!

(かしわ)
  1. 2017/06/28(水) 18:46:34|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森の工房にデッキがデッキました!~工房ワークショップ

今年の「ろうきん森の学校岐阜地区」の一大イベント、工房建設ワークショップ。
第2回の今日はデッキづくりです。

<<2017年6月10日(土)・12日(月) ろうきん森の工房ワークショップ(デッキづくり)>>

講師は引き続き一般社団法人INKの中島さんと
DSC_0810 (450x255)

後藤建築の後藤社長。
DSC_0814 (450x255)

今回もたくさんの方にご参加いただきました!
まずは、電動工具の安全講習。
DSC_0819 (450x255)

デッキを張るために、基礎となる「束石(つかいし)」をまずは並べていきます。
地面を平らにして
DSC_0828 (450x255)
「タコ」と職人さんが呼んでいる道具でたたいて固めます。
DSC_0825 (450x255)

この束石の上に乗せる「束」という部材を、同時進行で加工していきます。
DSC_0841 (450x255)
森の中の、でこぼこな地面の上に建てている工房。
デッキを水平にするために、ひとつひとつの束石ごとに「束」の長さを計って加工します。

3つの「束」の上に長ーい「大引」と呼ばれる材を渡して
DSC_0827 (450x255)

ここで初めて、インパクトの登場!ビス止めしていきます。
DSC_0831 (450x255)

ここで、お昼ごはん!
今日の大工メシは、朴葉めしです(^p^)/
DSC_0820 (450x255)

昼食休憩中に、栗のへぎ板づくりの実演と体験会も行いました。
DSC_0836 (450x255)

FB_IMG_1497089709492 (450x338)
この板を、8月のワークショップで倉庫の屋根に張っていきますよー!
ちなみにこのへぎ板、1,000枚くらい必要です。。。はたして間に合うのか!?

午後からは、いよいよデッキ張り!
デッキ材に防腐加工をして
DSC_0846 (450x255)
乾いたものから
DSC_0847 (450x255)
大引に打ち付けていきます!
DSC_0849 (450x255)
デッキの端の不揃いは、大工さんの華麗な技術で切り揃えて
DSC_0853 (450x255)

完成っ!
DSC_0854 (450x255)
ここで終了予定時間となったので、この1スパンだけ終えて解散。
居残りできる人で作業を続けて、あと2スパン頑張りましたよ!
FB_IMG_1497089852735 (338x450)

そして、12日の月曜日に。。。
19030718_1216683451774752_4408645352504185186_n (450x300)
全スパン、終了~!\(^o^)/
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
早くここでグリーンウッドワークがやりたいですね。
みなさん是非またグリーンウッドワークをしに遊びに来てくださいね。

新築のデッキ、きもちい~♪
DSC_0856 (255x450)


次回は少し間が空きますが
8月26日(土)に、栗のへぎ板を使った屋根張りワークショップを行います。
(この屋根を張るのは工房ではなく、倉庫です)
>>工房WSのご案内
8月も、たくさんの方のご参加をお待ちしています。


==追伸==
後日、工房の上にテント生地の屋根が張られました。
FB_IMG_1497486705040 (450x299)
白い屋根に木漏れびの影が映ってとてもきれいです。
森の中がぱっと明るくなりました。

(かしわ)
  1. 2017/06/15(木) 09:06:10|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みんなで工房の棟上げを行いました!

ろうきん森の学校岐阜地区の、今年の一大イベント。
それは、森の工房建設計画です!
18739253_1377051825717103_4058367136534966874_o(450).jpg
1年間かけて、ワークショップ形式でみんなで工房を作っていきます。

初回の今回は、工房の建て方。
講師は、一般社団法人inkの中島さんと、後藤建築の後藤さんです。
IMG_5063(450).jpg

まずは、電動工具の使い方を教わります。
IMG_5067(450).jpg

IMG_5100(450).jpg

スギ材を使った木造の骨組みを組み立てていきます。
IMG_5127(450).jpg

IMG_5090(450).jpg

IMG_5114(450).jpg

IMG_5133(450).jpg

こんな感じで、柱と梁を立てていきましたー!(人海戦術です)
※動画を再生すると音が流れますのでご注意ください。


倉庫の柱もたちました!
IMG_5147(450).jpg

本日のベストスマイル賞。
IMG_5161(450).jpg


今日のお昼ご飯は、かまどで炊いた淡竹のタケノコごはん、肉じゃが、お味噌汁。
IMG_5178(450).jpg

ごはんを食べて、午後からは高所作業が続きます!
安全第一。
IMG_5210(450).jpg

予定通り、1日で全ての部材を組むことができました。
ここで上棟式。菓子まきもしました!!!!
18700097_1202919586484472_6299742219649600936_n(450).jpg

ということで、
ビフォー
18767433_1202933856483045_6223781467657720362_n(450).jpg

アフター!
18664539_1202933939816370_462626967642864462_n(450).jpg

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
18813527_1202918633151234_8979995076300994649_n(450).jpg

工房建設WS、まだまだ続きますよー!
毎回おいしい里山ごはん付き。ぜひご参加ください。
>>工房WSのご案内
次回は、6月10日(土)にデッキ張りを行う予定です。

(かしわ)
  1. 2017/05/28(日) 20:00:53|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

念願の有道杓子講座を開催しました

有道杓子(うとうしゃくし)
それは岐阜県飛騨地方の奥深い集落でつくられてきた木杓子です。
グリーンウッドワーク協会ではかつて、
この岐阜県で行われていた昔ながらの木工を学ぼうと、
2009年の夏にツアーを組んで高山まで行ったこともありました。
>>>そのときの様子はこちらから

あれから8年
高山から奥井先生を招いて、
ろうきん森の学校として有道杓子づくりの講座を開催することができました。
>>>奥井木工舎HP


道具は至ってシンプル
まずはマンリキや楔で材料となるホオノキの丸太を割ります。
縄文・弥生時代から行われている原始的な割り木工の技術です。
このマンリキという道具も日本では高山独自のものです。
IMG_4740.jpg

柄の付け根の部分をのこぎりで切り込みを入れたあと、
鉈でそぎ落としていきます。
IMG_4769.jpg

仕上げは出刃包丁
先生曰く「杓子もお刺身と同じ、鮮度の良いうちに削りましょう」
普段料理するときより長い時間包丁を使ったんじゃないかというかたも(笑)
IMG_4852_20170515235445930.jpg

ここはやっぱり関の孫六で
IMG_4866.jpg

最後に曲鉋(杓子鉋)ですくう部分を掘っていきます。
先生はシュッシュと気持ちのよい音を立てて削られます。
IMG_4874.jpg

出来上がりはこんな感じ。
お手本は波模様がきれいです。
IMG_4885.jpg

さあ、やってみましょう。
しかしなかなかうまくいきません。
でも本当に楽しかった。
うまくできなかった人は次回のリベンジを誓っていました。
IMG_4910.jpg

熱中しすぎて、気がつけば6時半を回ってもうすぐ7時。
その甲斐あって非常に完成度の高い作品が出来上がりました。
20170513有道杓子完成

皆さん納得の笑顔。
(先に帰られた皆さん、写真が撮れずに申し訳ありません)
20170513有道杓子集合写真

岐阜の誇る岐阜伝統のグリーンウッドワーク
今後も有道杓子づくりの講座を続けていきたいと思っています。
(小野)
  1. 2017/05/16(火) 08:00:47|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和っ紙ょいマルシェで、出張”ろうきん森の学校”オープン!

今年で第3回目を迎えるイベント『美濃和っ紙ょいマルシェ』。
このイベントにエントリーして、
”ろうきん森の学校”を出張開催してきました!

この日作ったのは『生木の小皿』
DSC_0363 (450x255)

引き寄せられるように偶然立ち寄ったという会員さんや、
DSC_0354 (450x255)

黙々と削り続ける小さなお子さん、
DSC_0357 (450x255)

美濃市に修学旅行に来ているという、外国の方まで。
IMG_20170423_115129.jpg
たくさんの方に来場いただいて、
生木を削る体験をしてもらいました。

このイベントで、先日講座で作った『竹テント』も初お披露目!
(この写真じゃ、ちょっと分かりづらいですね。。。)
DSC_0361 (450x255)


会場では、
美濃市の市民グループのフラダンスが見られたり
DSC_0348 (450x255)

竹のブランコ、ジャングルジムなどもあって楽しい雰囲気!
DSC_0352 (450x255)

1日ずっとお天気もよくて
気持ちいい青空木工日和でした。

(かしわ)
  1. 2017/04/29(土) 00:31:27|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ