FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹ひごからつくる竹細工講座・そば笊づくりを開催しました

新そばの季節に、
竹ひごからつくる竹細工講座・そば笊づくりを開催しました。

初夏の竹細工講座に参加してくださった方が、
お子さんやお母さまを誘って参加してくださり、親子で竹細工に奮闘する姿もありました。

s-PB084982.jpg

2日間の講座で、1日目は竹ひごづくり。
1.8mもの長さの竹を丸竹から幅3ミリ厚み1ミリの竹ひごにしていく作業は思いのほか大変で、
途中で厚みがうすくなってしまったり、仕上げの作業で削り過って切れてしまったりします。
途中で切れてしまっても継いで使えるのでよいのですが、短いヒゴばかりというわけにもいきません。
集中して作業をしていうrと時間はあっという間に過ぎ、
ヒゴが出来たころにはすっかり日が沈んで外は真っ暗でした・・・(笑

s-PB225017.jpg

2日目は編み。
縦のひごの間に上下上下と交互になるように横ひごを編んでいく「ゴザ目編み」。
芯の輪っかにも巻きつけ、指で捻ってねじりながら折り返して編んでいくので、
笊が表を向いたり裏向いたりで、これも単純そうに見えて難しく頭の体操です。

s-PB225025.jpg

最後は縁付け。外と上下に三枚の竹を当てて針金で縛っていきます。
完成が近づくとわくわくしてきますが、この作業に2時間ほどかかり、ようやく完成です!

s-PB225028.jpg

以下は参加者の方の感想です。
完成したときの、みなさんのやり切った感の笑顔はいつも本当に嬉しく思います。

・難しかったけど、またやりたいです。
・思ってたより難しかったけど、またやりたいです。
・ヒゴづくりは難しかったけど、編むのは楽しかった。またやりたいです。
・六つ目編みよりは簡単だったけど、最後の縁は難しかった。ヒゴづくりはやった感(充実感?)がありました。
・鉈で苦戦して、編むのにも苦戦した。完成して苦労が吹っ飛びました。
・ヒゴづくりをしたのは初めて。色々勉強になりました。

(安藤)
  1. 2018/12/06(木) 15:38:23|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガイドハイクとクリスマスツリーづくりを開催しました(12/1)

12月に入っても今年はまだ暖かいですね。
「初冬のガイドハイク」の予定でしたが、
「晩秋」の森を楽しんでいただくことができました。

まずはネイチャーガイドのふくちゃんのお話。
47375796_2203004030025673_8308393932354486272_n[1]
クリスマスツリーには小人さんが住んでいます。
飾り付けをしたり、美味しい食事をしたり、楽しく歌ったり、
小人さんは楽しいとずっとツリーに住んで居てくれる。
小人さんが逃げないように、みんなが幸せになれるように、
クリスマスツリーを作りましょう。

森に入ったら動物に会えるかな?
会えないかもしれない。
何故って、ここは動物園じゃないから。
動物さんのすみかにお邪魔します。

糞を見つけたよ。
47122146_526413494497706_3315733757742284800_n.jpg
紫色の実を食べたみたいだね。

もしかしたら、テンがコシアブラの実を食べたのかもね。
47209154_197769687768269_1995787258531151872_n.jpg

ここはうんこみち?
柿の種も見つけたよ。
47187600_2158534670877185_8876108009529409536_n.jpg

リスのレストランを発見。
47390732_295430304422031_8029997137230036992_n.jpg
食べ残したエビフライ。

こんな風に食べていたのかもね。
47395239_337926787018254_3404674662062358528_n.jpg

たくさんの「どんぐりもりのおきゃくさん」に会えました。
47460488_2191884597745223_7482761704640610304_n.jpg

お昼ご飯も楽しく食べましょう。
47385907_711398612592963_1104056471974313984_n.jpg

ああ、幸せな時間。
47090537_2203003990025677_8375688167142981632_n[1]

いよいよクリスマスツリーづくり。
47181210_2203003933359016_1658809858268332032_n[1]

小人のサンタさんも居ますよ。
47320587_1773034982825797_8288057957992628224_n.jpg

時間を忘れて削り続けてしまいました。
本物の子びとさんたちは勝手にプレ―パーク
47179038_1354771534658968_6524546078472142848_n.jpg

今年もいいクリスマスを迎えられそうです。
47348468_940709396114910_8506596889129385984_n.jpg
メリークリスマス!
(おの)

  1. 2018/12/03(月) 10:22:27|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長良川おんぱく2018どんぐり珈琲でまったり②(11/23)

秋のおんぱく2回目のどんぐり珈琲も満員御礼。
今回も森林インストラクターの長沼さんを講師に招き、
募集人員を超える15名の親子に秋の森を味わってもらいました。
IMG_20181123_094205.jpg

森に出る前にまずはストレッチで準備体操。
IMG_20181123_101712.jpg

アイスブレイクで「どんぐりころころ」を声に出して歌って、
心もリフレッシュ。
どんぐりころころの歌って5番まであるって知ってました?
5番の歌詞ではめでたくどんぐりから芽が出て大きく育ちどんぐりを実らせたそうです!
IMG_20181123_101908.jpg

さあ、どんぐりの木はどれでしょう?
IMG_20181123_102550.jpg

縞々の帽子と粒々の帽子がありますね。
モジャモジャのもありました。
帽子の形がどんぐりの種類を見分けるポイントの一つのようです。
IMG_20181123_102832.jpg

少し歩くと森の様子が変わりました。
人工林の森。
IMG_20181123_105905.jpg

年輪を数えてみると49歳。
(私の年と一緒だ!私と同い年の人工林ですね)
IMG_20181123_110111.jpg

拾ったどんぐりを使って「どんぐりの背比べ」
IMG_20181123_114246.jpg
ことわざではマイナスイメージのこの言葉、
実際にはこんなに違いがあるのがわかると、
「人にはそれぞれ個性があって違いもある」
なんて意味で使ってもらいたいものですね。

さあ、どんぐり珈琲のレクチャーです。
一つ一つ殻をむいて、案外手間暇かかります。
IMG_20181123_115424.jpg

ここでお昼休憩。
美味しいご飯に心も体もあたたか。
IMG_20181123_121026.jpg

さあ、焼きりんごも焼きますよ。
その前に木のフォークづくり。
IMG_20181123_123950.jpg
予め荒削りしたフォークを仕上げてもらいます。
材は私たちが整備を行っている白鳥町六ノ里のブナです。

大人はナイフワーク
IMG_20181123_131008.jpg

お子さんにはミニ南京がんなで。
IMG_20181123_130213.jpg

皆さんなかなかの完成度ですね。
IMG_20181123_141251.jpg

森林インストラクターの長沼さんがコーヒーマスターに変身。
IMG_20181123_130958.jpg

どんぐり珈琲お味はいかが?
IMG_20181123_141717.jpg

焼きりんごが焼き上がりましたよ。
IMG_20181123_143013.jpg

どんぐりラテも好評でした。
IMG_20181123_143422.jpg

<皆さんの感想です>
(大人)
・ゆったりした時間が過ごせた。
・里山を久しぶりに散策できた。
・一人ではできないことでとても良かった。
・説明だけでなく森を実際に歩いて、木を削る経験もでき、盛りだくさんで嬉しかった。
・フォークづくりはもう少し深く作れる上級編もあるといい。
・子どもの頃に戻ってどんぐりを拾い、今までやったことのないこともして、良い体験でした。
・家族で参加できてよかった。

(お子さん)
・フォークをはじめてつくれてよかったし、たのしかった。
・自分で自分のフォークを作ったのがたのしかった。またやりたい。
・くりがいたかった。
・やきリンゴつくれたよ。甘かったよ。
・森を歩いてどんぐりをひろうのが、たのしかった。

IMG_20181123_150820.jpg
木のフォークもコーヒーも、
買ってきたらすぐ手に入りますが、
自分の力だけでつくろうとするとこれだけ手間がかかります。
これを機に、
コーヒー一つとってみても、どこから来て誰の手を渡ってここまで来たのか、
考えてみるのもいいですね。
どんぐり珈琲、皆さんも是非やってみてください。
(おの)

※この講座は岐阜県の森林・環境税を基金とした「平成30年清流の国ぎふ地域活動支援事業」の補助を受けて実施しました。


  1. 2018/12/02(日) 08:59:54|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木の動物づくりin和っ紙ょいマルシェ 開催しました(10/28)

美濃和紙の里会館で行われた「美濃和っ紙ょいマルシェ」で
「木の動物づくり」のワークショップを行いました。
44903683_1727676097342149_1470350593150156800_n.jpg

しっぽのところの穴あけは、手回しドリルで。
DSC_5523_450.jpg

ナイフで割った断面を、やすりで磨いて平らにします!
DSC_5521_450.jpg

やすりがけした動物に、思い思いの色を付けます。
DSC_5522_450.jpg

44911905_1727676040675488_3232769227400151040_n.jpg

今回も、竹テントで出展♪
DSC_5524_450.jpg

お隣のブースは、郡上木履さん 
45040015_1727411870701905_2889785628906487808_n.jpg

安藤竹細工店さん
44945971_1727411694035256_7099134766200389632_n.jpg
森林文化アカデミー卒業生のものづくりブースが並びました。

短い時間でしたが、今年もたくさんの方に体験していただけました!
DSC_5520_450.jpg

マルシェに、グリーンウッドワークのブースに遊びに来てくださたみなさん
ありがとうございました♪
またイベントで、講座でお会いしましょう~(^^)/

(かしわ)
  1. 2018/11/01(木) 12:58:51|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森工塾「森の恵みを味わう~秋・きのこ編~」を開催しました!(9/29)

秋です。
きのこのシーズンです!
森工塾「森の恵みを味わう~秋・きのこ編~」を開催しました。
この秋は雨が多くて珍しいキノコがあちこちで大発生との噂も事前に聞き、どんなキノコが見れるか、期待大の講座になりました!
DSC_5065_450.jpg
マイタケの収穫と、きのこの観察会がメインの今回の講座。
「食べれるキノコが知りたい」「山で見られるキノコのことをもっと知りたい!」「津田先生の話がおもしろいと聞いてきました」などなど。今回の参加者のみなさんは、観察会重視!

開催日はちょうど雨で、キノコには抜群のコンディションの日!
期待に胸を躍らせて森へでかけます。
DSC_5067_450.jpg
さっそく何か発見。

ニガクリタケ。おいしいクリタケにそっくりな毒キノコです💦要注意!
DSC_5069_450.jpg

ミキイロウスタケ。判別のポイントも教えてもらえます!
DSC_5072_450.jpg

すごく大きいキノコ発見!
うーん、なんでしょう。津田先生でも分かりません。。。
DSC_5080_450.jpg
キノコは、名前がつけられていないものも、まだまだたくさんあるんだそうです。

山道を歩いていると…ん?!
DSC_5081_450.jpg
斜面下の竹林の中の赤丸のところ、何か白くて大きい物がある!

採って来てみました!今回一番の大物!大きいー!
オオシロカラカサタケ。最近増えてきた、南洋系のキノコだそうです。
DSC_5085_450.jpg

開催日は雨でマイタケの収穫ができなかったので、マイタケは栽培環境の見学だけにして、収穫は事前にスタッフが行っておきました。今年も、なかなかの豊作でした!
DSC_5066_450.jpg

午後からは、「食べれるキノコ・毒キノコが知りたい」というニーズにお応えして。
雨プログラムで、津田先生の毒キノコ講座です。
DSC_5088_450.jpg
中毒事例など、なかなかおもしろいエピソードも多くてすっかり津田先生のキノコワールドに誘われてしまいました。

その後、午前中に採取してきたキノコの同定開始。
DSC_5089_450.jpg

キイロイグチは、ヒダを傷付けると黒くなるよー。字もかけちゃう!
DSC_5101_450.jpg

ニオイコベニタケは、カブトムシの匂い。
DSC_5117_450.jpg

<参加者の感想>
・いろんなキノコがあっておもしろかった!
・子どもとの遊びに使えそうな特徴のあるキノコもあって、わくわくした。
・楽しかった!
・ちゃんと食べられるものは、案外少ないんだなーと思った。
・聞きなれない言葉が多くて驚いた。
・また、キノコの観察会にぜひ参加したい!
・きのこのヒダとかを、写真にとってミクロで見ると面白いと思った。

キノコの世界は、奥が深いです!
(かしわ)
  1. 2018/10/12(金) 10:58:39|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ