GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

念願の有道杓子講座を開催しました

有道杓子(うとうしゃくし)
それは岐阜県飛騨地方の奥深い集落でつくられてきた木杓子です。
グリーンウッドワーク協会ではかつて、
この岐阜県で行われていた昔ながらの木工を学ぼうと、
2009年の夏にツアーを組んで高山まで行ったこともありました。
>>>そのときの様子はこちらから

あれから8年
高山から奥井先生を招いて、
ろうきん森の学校として有道杓子づくりの講座を開催することができました。
>>>奥井木工舎HP


道具は至ってシンプル
まずはマンリキや楔で材料となるホオノキの丸太を割ります。
縄文・弥生時代から行われている原始的な割り木工の技術です。
このマンリキという道具も日本では高山独自のものです。
IMG_4740.jpg

柄の付け根の部分をのこぎりで切り込みを入れたあと、
鉈でそぎ落としていきます。
IMG_4769.jpg

仕上げは出刃包丁
先生曰く「杓子もお刺身と同じ、鮮度の良いうちに削りましょう」
普段料理するときより長い時間包丁を使ったんじゃないかというかたも(笑)
IMG_4852_20170515235445930.jpg

ここはやっぱり関の孫六で
IMG_4866.jpg

最後に曲鉋(杓子鉋)ですくう部分を掘っていきます。
先生はシュッシュと気持ちのよい音を立てて削られます。
IMG_4874.jpg

出来上がりはこんな感じ。
お手本は波模様がきれいです。
IMG_4885.jpg

さあ、やってみましょう。
しかしなかなかうまくいきません。
でも本当に楽しかった。
うまくできなかった人は次回のリベンジを誓っていました。
IMG_4910.jpg

熱中しすぎて、気がつけば6時半を回ってもうすぐ7時。
その甲斐あって非常に完成度の高い作品が出来上がりました。
20170513有道杓子完成

皆さん納得の笑顔。
(先に帰られた皆さん、写真が撮れずに申し訳ありません)
20170513有道杓子集合写真

岐阜の誇る岐阜伝統のグリーンウッドワーク
今後も有道杓子づくりの講座を続けていきたいと思っています。
(小野)
  1. 2017/05/16(火) 08:00:47|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和っ紙ょいマルシェで、出張”ろうきん森の学校”オープン!

今年で第3回目を迎えるイベント『美濃和っ紙ょいマルシェ』。
このイベントにエントリーして、
”ろうきん森の学校”を出張開催してきました!

この日作ったのは『生木の小皿』
DSC_0363 (450x255)

引き寄せられるように偶然立ち寄ったという会員さんや、
DSC_0354 (450x255)

黙々と削り続ける小さなお子さん、
DSC_0357 (450x255)

美濃市に修学旅行に来ているという、外国の方まで。
IMG_20170423_115129.jpg
たくさんの方に来場いただいて、
生木を削る体験をしてもらいました。

このイベントで、先日講座で作った『竹テント』も初お披露目!
(この写真じゃ、ちょっと分かりづらいですね。。。)
DSC_0361 (450x255)


会場では、
美濃市の市民グループのフラダンスが見られたり
DSC_0348 (450x255)

竹のブランコ、ジャングルジムなどもあって楽しい雰囲気!
DSC_0352 (450x255)

1日ずっとお天気もよくて
気持ちいい青空木工日和でした。

(かしわ)
  1. 2017/04/29(土) 00:31:27|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千葉のオフィス街でグリーンウッドワーク体験!

いつもは森の中で行うグリーンウッドワーク。
イベントで呼んでいただいて行く先も、森や山が多いですが
今回呼んでいただいたのは、なんと千葉のオフィスビル!

DSC_0329 (450x255)
このビルの素敵な中庭で、
色えんぴつ作りを行いました。

この日使う木は、前日に美濃のろうきんの森から伐ってきた木7種類。
DSC_0337 (450x255)

DSC_0317 (450x255)

DSC_0340 (450x255)
ろうきん職員さんや、そのご家族のみなさんに体験していただきました!

ろうきん森の学校岐阜地区の活動に興味はあるけど、遠くてなかなか参加できなかった。。。
と言ってくださる方も
たくさんの色えんぴつを作ってくれました!
DSC_0325 (450x255)

色えんぴつの森
DSC_0345 (450x255)

午前の部参加のみなさん
DSC_0327 (450x255)

午後の部参加のみなさん
DSC_0346 (450x255)

自然の中が一番似合いますが、
どこででもできちゃうのがグリーンウッドワークの魅力!
いろんなところで、体験会をやってみたいなぁという夢が膨らみました。

(かしわ)
  1. 2017/04/27(木) 16:19:09|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も森の恵みを味わいました

ろうきん森の学校岐阜地区が始まって3年目の春です!
今年一番最初の講座は『森の恵みを味わう~春・山菜編~』と題して、
岐阜県立森林文化アカデミーの柳沢直先生から、山菜の見分け方などを教わりました。
DSC_0275(450).jpg

当日はあいにくの雨模様。
DSC_0280(450).jpg
ですが、定員を上回る大盛況な講座となりました(^^)/

まずは先生からの講義。
今回は雨だったので特別にちょっと長めのトーク!
DSC_0278(450).jpg
おなじみの?柳沢先生節で笑いの起こるあっという間の1時間でした

その後は古城山の森で山菜つみ
IMG_20170415_112328(450).jpg

DSC_0282(450).jpg

たくさんの山菜がとれました!
DSC_0285(450).jpg
あらためて今日の収穫を先生から解説。

この日のお昼ごはんは
ろうきん森の学校スタッフ謹製の、古城山で採れた山菜で作ったおひたしと
IMG_20170415_122613(450).jpg

かまどで炊いた菜花ご飯。
IMG_20170415_122621(450).jpg

もちろん、採った山菜もその場で揚げましたよ!
IMG_20170415_124528(450).jpg

スミレも天ぷらにしちゃいました
DSC_0286(450_2).jpg
見た目もいいし、もちもちでおいしいとなかなか好評でした(*´ω`*)

午後からは、この時期にみられる植物を探しに散策へ。
IMG_20170415_133122(450).jpg

食べられる野草、食べられない野草の見分け方も教わりました。
IMG_20170415_132544(450).jpg
柳沢先生と山を歩くと、新しいことをたくさん教えてもらえて本当に楽しいですね!

その間、台所スタッフはまたまた かまどでクッキング
IMG_20170415_145008(450).jpg

古城山で採ったよもぎで、よもぎ蒸しパン!
IMG_20170415_144116(450).jpg
参加者のみなさんに、おやつに食べてもらいました。

午前中の雨脚も午後には弱まり
古城山でお腹もこころも満たされた一日になりました(^^)v

(かしわ)
  1. 2017/04/16(日) 14:42:52|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伐倒研修会

ろうきん森の工房建設工事が始まります。
それに先だって、3月4日(土)に
建設予定地となっているヒノキ林の支障木伐採を、
協会会員のチェーンソー技術向上のための研修会として開催しました。

講師は、森林文化アカデミーの先輩で、
きこりを生業としているじゅりーこと澤田さん。
1488624156568.jpg

まずは先生のお手本を見せていただきます。
流石、格好いいですね!
DSCN0051.jpg

このヒノキは、一週間後のゴッホの椅子づくり講座に使用します。
森の恵みをしっかりと循環させます。
DSCN0058.jpg

それでは、研修生の皆さんに倒していただきましょう。
DSCN0080X.jpg

先生の優しい眼差しに見守られながら追い口を入れていきます。
DSCN0101.jpg

もう少しです。
DSCN0105X.jpg

しっかりコントロールしながら
狭い敷地内に狙いを定めて倒します。
DSCN0108.jpg

ブラボー!
DSCN0111.jpg

さあ次は、管理棟建て家に近い木を倒します。
DSCN0114X.jpg

方向はこちら
DSCN0118X.jpg

しっかりと狙いを定めます。
DSCN0117X.jpg

さあ、いかがでしょうか?
DSCN0122.jpg

どんぴしゃ!
DSCN0123X.jpg

貴重な体験をさせていただきました。
自分たちの工房をつくる為の支障木の伐採を
自分たちの手で行う。
そんな願いを叶えていただいたジュリーに感謝します。
(記録:名和、編集:小野)


  1. 2017/04/10(月) 08:00:14|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ