FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

ひしゃくで打ち水大作戦!(6/23)

美濃市の中心部
うだつの上がる町並みにある「吉田工房」にて、
ひしゃく作りワークショップが開催されました。

昨年の夏、最高気温41℃を記録した酷暑の美濃まちでも、
電気に頼らない暑さ対策として「打ち水」が再評価されています。
しかし、毎年恒例行事として「打ち水大作戦」を催している美濃まちでは、
今までプラスチック製のひしゃくが主流でした。

ということで、「今年の打ち水はmyひしゃくで楽しもう!」と題して、
竹製のひしゃく作りワークショップの開催となりました。
掬う本体は長良川河川敷の真竹、柄の部分は古城山の孟宗竹を使います。
65243551_429949654253353_5994414820563091456_n.jpg

さあ、美濃の人たちはひしゃく作りに興味を持ってくれるのか?
当日受付のため、何人来てくれるのかわからないので不安でしたが、
蓋を開けてみれば、次から次へとお客さんが来てくれました。

小学校に配布したチラシを見て楽しみにして来てくれた子どもたち。
65204754_318840315719577_3117500203620368384_n.jpg

着物を身にまとった和傘職人さん
手つきが慣れています。
64781970_411532269437691_6606454557960568832_n.jpg

モウソウチクを使った自作のひしゃくを持って来てくれた近所の方、
隣町で英語の教師をされている外国人の方、
ワークショップの参考にしたいと駆けつけてくださった方、
64872114_416145152312377_1818292130091630592_n.jpg

事前に用意した材料をすべて使い切ることができました。
身近な自然の材料が、ちょっとした工夫で生活の道具になる。
最近出張講座が多い中、
久々に美濃のまちで地元の人たちとの触れ合いのとき、
何だかとっても気持ちの良い一日でした。
64887018_346430106054304_4601035264037486592_n.jpg

7月21日(日)11時から
旧今井家住宅前で打ち水大作戦オープニングイベントが開催されます。
64947679_436185476962911_5579270127909601280_n.jpg
お近くの方はぜひ涼みに来てください。
(おの)
  1. 2019/07/08(月) 12:58:37|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一から学ぶグリーンウッドワーク入門体験in西丹沢(6/16木編)

はじめよう!一から学ぶグリーンウッドワーク体験入門
後半のご報告。

美味しい三保弁を食べた後は、
実際に伐ってきた材を使ってみましょう。

しかし、ほうき沢のヒノキだけでは物足りない!
ということで、足柄丹沢の郷ネットワークの福島さんが
事前に用意してくれたのがこの材。
IMG_20190619_183343.jpg
偶然通りかかった三国峠で、
オリンピック自転車のロードレースのコース整備の際に、
伐採された広葉樹。
さて樹種は?
かろうじて幹にかじりついていた葉っぱ。
ミズキです。
神奈川県の郷土玩具「大山こま(おおやまこま)」には
ミズキが使われたそうです。
IMG_20190616_132615.jpg
ろくろ挽きに向いている木は、
繊維が絡み合って割れにくい木が多い気がします。

DSC_0210.jpg
環孔材で放射組織が発達したのはナラの木のようです。
「コナラは硬いからなかなか割れません。」
と解説した矢先、
パカンときれいに真っ二つ!!
そう、標高1000mの三国峠に自生するのはミズナラですね。

芯が赤い(茶色)のは、、、
昨年365本のスプーンづくりで蓄積したデータベースから
導き出された答えは「クワ」の木。
非常にきれいな色が楽しめます。
IMG_20190616_134838.jpg

ヒノキはもちろんきれいに割れますが、
節があると大変です。
IMG_20190616_142506.jpg
中からこんな枝の痕跡が出てきました。
節(枝)の先端が明らかに人工的に切断されています。
年輪を数えると、今から20年くらい前に一度
枝打ちの作業が行われていたことが推測されます。

いろいろな樹種を割り比べて、
生木を割る感触を味わってもらった後は、
削り馬にまたがって削ります。
IMG_20190616_151044.jpg

木によって色も性格も違うことを体感していただきました。
IMG_20190616_151054.jpg

IMG_20190616_163211.jpg
先人が植えてくれた木を伐って、暮らしに生かす。

DSC_0238.jpg
「木の命をいただきます」という気持ちで
一日木と向き合い、じっくりと味わっていただきました。

次回の「グリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座は
7月13日(土)、14日(日)の二日間
「斧とナイフで作ろう!スプーンづくりキャンプin西丹沢」
です。
↓申し込みはこちら
足柄丹沢のネットワークHP
また、関東方面の皆さんとお会いできるのが楽しみです。
(おの)
  1. 2019/07/08(月) 00:00:49|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一から学ぶグリーンウッドワーク入門体験in西丹沢(6/16森編)

足柄丹沢の郷ネットワークの主催する
グリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座
今年の第一弾は
「はじめよう!一から学ぶグリーンウッドワーク入門体験」です。

まずは森を見ることからはじめます。
IMG_20190616_105602.jpg
推定樹齢2000年
樹高45m、幹回りが12mの巨木
ほうき杉がそびえる中川箒沢地区

足柄丹沢の郷ネットワークが整備しているヒノキ林です。
IMG_20190616_110433.jpg
こちらは代表の福島さん。

この沢は昭和47年の土砂災害で家が流された場所で、
その後ヒノキが植えられたそうです。

長い間手入れされていないこの林から、
ヒノキを一本いただきます。

伐採についてレクチャーいただくのは、
森林インストラクターの木村さん。
IMG_20190616_110951.jpg

手ノコを使って手順を追いながら伐採。
IMG_20190616_113920.jpg

木の命をいただきました。
IMG_20190616_114334.jpg

ここから、グリーンウッドワーク協会のふくちゃんのお話し。
IMG_20190616_115004.jpg
日本人は昔から木に囲まれて生きてきました。
木と向き合う謙虚な気持ちを忘れると、大きなしっぺ返しがあります。

ここは土砂災害の後、治山と水源涵養を目的としてヒノキが植えられたのでしょう。
この大切な自然を次の世代にバトンタッチしていくことが私たちの務めなのだと思います。
IMG_20190616_115611.jpg

ヒノキの人工林の中に明らかに雰囲気の違う空間がありました。
ケヤキやカシの巨木がそびえたっています。
IMG_20190616_115608.jpg

近づいて見ると山の神様の祠が。
IMG_20190616_115840.jpg

人と自然が共に生きてきた証です。
改めて皆さんと一緒にご挨拶させていただきました。
IMG_20190616_120017.jpg

林縁部には樒(シキミ)、金木犀、柿、栗、梅の木が。
IMG_20190616_120651.jpg
かつて人が暮らしていた名残でしょうか。

森の外には天空の茶畑が広がります。
IMG_20190616_083833.jpg
こんなロケーションでグリーンウッドワークができたらいいねと、
お話ししながら森を後にしました。

お昼のお弁当はもちろん美味しい三保弁。
IMG_20190616_124633.jpg
エネルギーをチャージして、午後からは木を削ります。
(つづく)

  1. 2019/07/06(土) 00:09:57|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川と森の勉強会@美濃加茂に出展しました(6/8)

岐阜県美濃加茂市木曽川沿いにある施設
「リバーポートパーク美濃加茂」で
川と森の勉強会Vol.3が開催されました。

詳しくはこちらのホームページをご覧ください
>>>リバーポートパーク美濃加茂

グリーンウッドワーク協会はリバーデッキで森の色えんぴつづくりを実施。
IMG_20190608_145650.jpg

ろうきんの森から伐ってきた新鮮な小枝たち。
川と森の勉強会ですから、木の名前と特徴も覚えてもらいましょう。
IMG_20190608_113000.jpg

リバーサイドグリーンウッドワーク
気持ちいいですね。
IMG_20190608_135237.jpg

予約で満員の大盛況でした。
IMG_20190608_115112.jpg

はじめてこの施設にお邪魔させていただきましたが、
広々としたバーベキューサイトも魅力的です。
IMG_20190608_100558.jpg
個人的にもまた来てみたいなと思わせてくれる場所でした。
(おの)
  1. 2019/06/24(月) 17:29:35|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

One Tree2019が開催されました(3/21~25)

3月21〜25日の5日間、アメリカ人木工家、ジャロッド・ダールさんを講師に迎えてグリーンウッドワークの講座「One Tree」が開催されました。
(主催:森林文化アカデミー・グリーンウッドワーク研究所)
46760773714_af47b66b21_k-1-720x337.jpg
生木を斧やナイフなどのシンプルな手工具で削ってさまざまな暮らしの道具を作ろうというものです。
NPO法人グリーンウッドワーク協会の私、小野もスタッフとして関わらせていただきました。

詳細は森林文化アカデミーのHPをご覧ください。

↓ここをクリック
森林文化アカデミーHP
  1. 2019/04/14(日) 15:57:43|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ