GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

指導者養成講座in滋賀① グリーンウッドワーク三昧!

グリーンウッドワーク協会は今年で設立10年。
この10年間で、北海道、関西方面、岡山・・・など様々な地域でグリーンウッドワークが広まってきています。
その中で、いま盛んに活動されている場所の一つが、「グリーンウッドワークかんさい」さん。

今年、この「グリーンウッドワークかんさい」の企画で、全6回の指導者養成講座が行われます。
DSC_0919 (450x255)
グリーンウッドワーク協会は、この講座を講師としてお手伝いすることとなり、
6月18日に第一回の講座を実施してきました。

<<2017年6月18日(日) 指導者養成講座初級編>>

実は、関西で指導者養成講座を行うのは2度目。
「グリーンウッドワークかんさい」は第1期卒業生のみなさんが運営されています。
今年のみなさんは2期生ですね。
グリーンウッドワークの「ぐ」の字も初めて知りました、という方が半数くらい。
そのような方が参加してくださるのは、とてもうれしい限りです。

まずは参加者の皆さんから自己紹介と、
フィールドを持っている方からは活動内容の紹介、
今後、グリーンウッドワークをどう取り入れていきたいかなど、
思いを語っていただきました。
DSC_0921 (255x450)

グリーンウッドワークの概論
2017062015594738a_20170621100215fe5.jpg

グリーンウッドワークで作ることができるものを紹介したら
DSC_0926 (450x255)

さっそく体験です。
この太い丸太を割りますよー! もちろん人力のみです。
DSC_0930 (450x255)

交代交代でくさびを打ち込みます。
今回はなんとくさびを3本も使っちゃいました。
DSC_0936 (450x255)

ぱかっ!
割った面はしっとりしてますね。
DSC_0939 (450x255)

細かくしていきます
DSC_0943 (450x255)

道具の種類、扱い方について解説。
同じように見える銑でも、柄の角度が微妙に違っていたりします。
DSC_0945 (450x255)

ガシガシ削っていきます!
いつまでも削っていたいという感想もいただきました。
DSC_0949 (450x255)

ひととおりの道具も体験
DSC_0962 (255x450)

秘密兵器も披露しちゃいます
DSC_0959 (255x450)

DSC_0964 (450x255)

今回の開催地「ほとり・ポトリ」は、その名のとおり、琵琶湖のほとり。
DSC_0929 (450x255)
近くでは、湖の前で気持ちよさそうにヨガをしている人たちもいました。

削り馬を砂浜に持ち出して削っても気持ちいいかもしれませんね。
DSC_0953 (255x450)

今日の成果です!
IMG_20170618_172140 (450x338)

いまやグリーンウッドワークの定番プログラム、「クリスマスツリー」、「色えんぴつ」、「おうち」を作りました。
3味のプログラムが揃った、グリーンウッドワーク三昧な一日でした!

指導者養成講座、まだまだ続きます。
また来月、琵琶湖のほとりでお会いしましょう。

(かしわ)
  1. 2017/06/22(木) 14:41:25|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第3回ぎふ木育交流会が開催されました

一か月以上前のイベントですが、
2017年3月4日(土)~5日(日)の2日間にかけて、
『第3回 ぎふ木育交流会 ~森のようちえん・プレーパーク指導者研修~』
が開催されました!

2015年9月に開催された「ぎふ木育大交流会」に引き続き、
NPO法人グリーンウッドワーク協会が運営をお手伝いさせていただきました。

岐阜県内では、自然の中で子どもの自主性を尊重した活動として、
「森のようちえん」や「プレーパーク」が各地で開催され、注目を集めています。

そんな活動の実践者、指導者のみなさんが交流しながら学ぶ機会として始まった「木育交流会」。
前回の第2回では「からだの安全」として救急法や有毒植物や生き物の知識を学びました。

今回の第3回は「心の安全」編
指導者として身につけておきたい心構えを学びました。

この2日間の講師は
17103447_1120917281351370_5212943201537838694_n.jpg
NPO法人自然スクールトエック代表の伊勢達郎さんと

IMGP0776 (450)
同じく自然スクールトエックの仲本桂子さん。
おふたりとも森のようちえん、小学校の第一人者です。

学ぶといっても。。。

参加者同士でワークショップ形式で話し合いをしたり。。。
IMGP0752 (450)

コミュニケーションを取りながらの『カウンセリングマッサージ』や
IMGP0764 (450)

ウクレレが登場して、みんなで歌をうたったり。
17098449_954760234654955_939334873770733681_n(450).jpg

お昼には参加者みなさんで持ち寄りランチを楽しんだり
17098678_954760327988279_2137868212769206820_n(450)_20170420114038d75.jpg

夜は交流会
17098570_1120918601351238_6084070622398567106_n(450)_20170420114036353.jpg

その間、子どもたちは外でおもいっきり遊んでいて。
IMG_3523(450)_2017042011461474a.jpg

IMG_3522(450)_20170420114615d4e.jpg

いわゆるお勉強は何もしていないんですよ!('O')!

でも2日間が終ってみると、参加者のみなさんはそれぞれに学びを得ているから不思議です。


<参加者からのアンケート>
「本で読んでいて会いたかった伊勢さんに会えるとウキウキで参加しました。たくさんのことを学べ、心に届いたワーク、場でした。講師お2人とも素敵な方でした。」

「心の安心を与えてあげる場を作ることの大切さ、本当の共感というのがどれだけ難しく、大事にしなければならないのかということに気付いた。」

「今回の講座をもっとたくさんの人に届けてほしい。」

「「共感」分かっているけど後回しにしていることに気付いた。明日からすぐに活かしていきたいです。」

「「聴く」ということに関して、自分は親として子どもの話をちゃんと受け止めてあげられているか?という面をふり返って、反省する点や気づきがたくさんあり、参加して本当によかったと思いました。」

「子どもに教えすぎていたり、自分の価値観で子どもの行動や意欲を制限しすぎていたところがたくさんあった。見守る、子どものやりたい気持ちを大切にしてあげられるようになりたい。」


参加者は、自主的に森のようちえんを行うママさん達や、保育士さんなどさまざま。
県内の森のようちえんがどんどん素敵なところになっていっています。
詳細は森林文化アカデミーのブログでも紹介されています。

(かしわ)
  1. 2017/04/25(火) 08:02:24|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牧谷保育園の木育教室

岐阜県内で行われている木育教室では、
木のお守りやスプーンを紙やすりで磨いたり、
のこぎりや玄翁を使って箱いすをつくったりと、
乾燥した木を使ったものづくりが主流となっています。

しかし、子どもたちに森をもっとダイレクトに感じてもらうには、
やっぱりグリーンウッドワークじゃないかとの思いから、
下牧保育園の子どもたちを対象としたグリーンウッドワークの取り組みを
昨年度から実施してきました。
昨年秋には、美濃市内の全保育園の保育士さんを対象とした
グリーンウッドワーク研修会を開催。

そして2月11日(土)、下牧保育園に引き続き、お隣の牧谷保育園において
年長さんの親子を対象とした森の色えんぴつづくりが開催されました。
IMG_3194.jpg

すでに研修を受けている保育士さんは
てきぱきと場を仕切ってくれました。
もう一本つくっていい?と夢中になる子
これ楽しい!と夢中になるお母さん
園庭には笑い声が響いていました。
IMG_3185.jpg

美濃市内の保育園の木育事業にグリーンウッドワークが浸透しはじめてきました。
IMG_3193.jpg
(小野)
  1. 2017/02/17(金) 00:57:25|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原始的な火起こしとお釜のご飯炊き

古城山ふれあいの森の薪小屋に、
たくさんの薪が並びました。
この薪は何に使いましょう。
薪ストーブでお部屋を暖めるのもいいし、
美味しいご飯も炊きたいですね。

それでは、マッチもライターも使わずに、
自分たちの力で火を起こしてみましょう。
先生は、森林文化アカデミー卒業生の花村さん。
昔、杣人(そまびと)は山の神に挨拶するために、
作業の前に火を焚いていたそうです。
IMG_2657_201701230926210bb.jpg

昔の知恵に学んだ原始的な火起こしに挑戦です。
最初は、
「全然火がつかなくてどうしよう」
と不安の声もありましたが、
「子どもたちの掛け声で力を合わせてできた」
「家族で楽しくできた」
IMG_2668.jpg

「木と棒とロープがあれば火が付くことがわかった」
「サバイバルで使えそう」
「解っていてもなかなかつけられないのに、
最初の人類で火をつけた人はすごい!」
IMG_2674.jpg

5組の中の一番最後の組は、
一時間以上かけてやっと火をつけることが出来ました。
「みんなの熱意で火が付いた」
IMG_2683.jpg

さあこの火を使ってお釜でご飯炊き
IMG_2677_20170123092625fc7.jpg

はじめちょろちょろ
IMG_2702.jpg

なかぱっぱ
IMG_2705.jpg

スタッフが見本で炊いたご飯はこんなにつやつや
IMG_2724_201701230928176c9.jpg

おこげもきれいに剝がれます。
IMG_2728.jpg

お釜の底まできれいにさらえることが出来ました。
IMG_2732_20170123092820c7a.jpg

因みに、同じやり方で参加者の方々が炊いたお釜の底
IMG_2733.jpg
料理長のゆっこちゃん曰く
「お釜を洗う人のことも考えてほしい」(笑)

お部屋の中では
ホワイトソースからじっくり煮込んだ
美味しいシチューをストーブクッキング
IMG_2687_20170123092716fe2.jpg

皆さん、満面の笑みで森のご飯会。
IMG_2723.jpg

この山にあった木を自分たちで伐って、
人力の道具で建てた薪小屋に、
斧で割った薪を並べて、
そしてこの日、
1時間近くかけて協力し合いながら
やっとの思いで起こした火を使って、
お釜でご飯炊き。
木を通して人の生きる力を育む、
これって木育の原点だなと感じながら、
美味しいご飯をいただきました。

1月22日(日)古城山イベント
「ふれあいの森『大昔の火起こし』とご飯炊き体験」
の報告でした。
(小野)
  1. 2017/01/23(月) 09:37:59|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地域の人たちが紡ぐ山の循環

12月18日(日)
古城山ふれあいの森において
古城山イベント「触れ合いの森で薪づくり体験」
が開催されました。

美濃市やその周辺にお住いの薪ストーブユーザーや、
毎月開催している里山整備イベントのリピーターの方など、
たくさんの方にご参加いただきました。
IMG_1586_20161227174100fb1.jpg

まずはコナラの大木を
森林文化アカデミーの学生さんが伐採します。
IMG_1601.jpg

森に立つ樹木と薪になる木材
とのつながりを実感してもらいます。
IMG_1627_20161227174103c2c.jpg

地元森林組合の伊藤さんもチェーンソーで伐り出します。
IMG_1651_20161227174154adb.jpg

森林ボランティアクラブの方々に玉切りしてもらいます。
IMG_1645.jpg

その木を参加者の方々に協力してもらい、荷台に積み込みます。
こうやって、森から木を伐り出す大変さを
身を持って体験していただきました。
IMG_1642.jpg

お昼ご飯は、いつもの具沢山みそ汁ではなく、
森林組合の料理長特製のカレーライス。
IMG_1577.jpg

このカレーを目当てに参加してくださった方もいらっしゃいました。
IMG_1669.jpg

薪割りは二人一組で斧を木のマレットで叩いて割ります。
小さなお子さんも貴重な戦力でした。
IMG_1685.jpg

薪割り機は、大きな丸太をバリバリ割ってくれました。
IMG_1677.jpg

そして、お父さんは斧一本で気持ちよさそうに割られていました。
IMG_1695.jpg

わずか2時間程度で薪の山が出来上がりました。
IMG_1703.jpg

先月のイベントでつくった薪小屋がこちら。
地元労金の若手が伐採した木を、
地域の方たちに加工してもらい
こんな素敵な薪小屋が出来上がりました。
IMG_1711.jpg

そして積まれた今日の薪たち。
感無量です。
IMG_1722.jpg

まだまだイベント的ではありますが、
人のつながりと、森の循環の形が見えてきました。
来月の古城山イベントは、
この薪を使って火起こしとご飯焚きに挑戦してもらいます。
古城山の森と人とのつながり、まだまだ続きます。
(小野)
  1. 2016/12/29(木) 10:16:33|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ