FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

森林文化アカデミー「特用林産物実習」(6月30日)

ろうきんの森では今年も舞茸原木栽培に取り組んでいます。
昨年の冬から続く連続講座の講師を務めて下さっているのが、
岐阜県立森林文化アカデミーの津田先生。
この日は津田先生が学生たちを連れて、ろうきんの森を訪ねてくださいました。
IMG_20200630_094003.jpg

ちょうど培養中のホダ木に菌がまわり、この梅雨時が支柱に伏せこむ時期。
学生たちに手伝ってもらい、ろうきんの森の舞茸畑にホダ木を伏せこむ予定でしたが、
残念ながらの雨。
急遽、プランターに埋め込むことになりました。
IMG_20200630_101454.jpg
一つのプランターに八本のホダ木をまん中に寄せて設置します。
こうすることにより、菌が一体となって大きなきのこが収穫できます。

赤玉土で隙間なく埋め戻します。
IMG_20200630_101835.jpg

今回来てくれた学生さんたちは、
昨年「里山利活用実習」の授業に引き続き2回目の訪問で、
ろうきんの森の活動についてもいろいろと興味を持っていただき、
楽しくおしゃべりしながら作業を進めることができました。
IMG_20200630_103155.jpg

こうやってアカデミーとの連携を今後も続けていけると嬉しいです。
(おの)
  1. 2020/07/12(日) 08:23:33|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古城山マップづくり~現地視察

緊急事態宣言で講座などが開催できない中でも、
コロナ明けのイベントを充実させるべく、
スタッフ間でいろいろな準備をしています。

この日は9月に開催する「古城山マップづくり」イベント(仮称)のための事前準備。
イラストレーターの方に初めて森を見ていただきました。
101974987_2709668825956865_7469332857155632487_n.jpg

まずは一番のビューポイント
見晴台の「カブト岩」から美濃まちを一望。
101949895_706517019918128_7497937071957262392_n.jpg

ぐるっと回って知る人ぞ知る秘境の湖?!
101813665_2677495009193490_334350003446232584_n.jpg

途中、5月のこの時期にしか見られないモチツツジの群生地を発見。
103126082_577622716503794_537557754285327806_n.jpg
いつもは何気なく通り過ぎてしまう森の道にも、
新たな気づきがたくさんありました。

今年は全国的にタケノコが大豊作。
示し合わせたようにどうやって連絡を取り合ってるんでしょうね。
102574521_300241434329976_2216128099329412253_n.jpg

森の中には動物の痕跡もいっぱい。
103135412_282978653075901_2276716711228379552_n.jpg

食いちぎられたタケノコはサルの食痕でしょうか。
101611728_2658449224429442_4109110404216572204_n.jpg
近くにはイノシシが食い散らかした跡やカモシカの糞もたくさんありました。
三種類の動物が密になって、
森の三密レストラン!
動物たちの元気な様子が見られて嬉しいです。

マップにはどんな情報を載せたらみんなに興味を持ってもらえるか?
考えれば考えるほどワクワク楽しくなってきます。
この後も、何度も森に足を運んでみようと思います。
(おの)
  1. 2020/05/30(土) 16:47:09|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第16回川と山のぎふ「まざりば」開催しました(2月27日)

今年で16回目を迎える川と山のぎふ自然体験活動の集い
今年からは装いも新たに「まざりば」と名称を変えて、
岐阜県立森林文化アカデミーを会場に開催されました。

ちょうどこの前の日に岐阜県内で初の新型コロナウィルスによる感染者が報告され、
イベントの開催中には首相より小中学、高等学校の休校要請が出される中、
参加者や講師の中には欠席という勇気ある判断をされる方もいらっしゃいました。

そんな中、私たちは自然体験活動の指導者として、
今この時を自ら選んでどう行動するか考える機会ととらえました。
そして、今できうる対策を取ったうえで開催に踏み切りました。

今年のテーマは「リペア」
イベント全体の報告は、JIRIさんのアカデミーブログをご覧ください。
>>>森林文化アカデミーブログ

実行委員である私の担当は、
森林たくみ塾 佃正壽さんによる
「木のモノのリペア」を考える分科会のコーディネートでした。
87612572_230387984796438_3927514573036322816_n[1]

まずは参加者のみなさんに木のかけらをプレゼント
87627986_203822444055195_1740919183312420864_n[1]
この中からお気に入りの木を一つ選んでいただきます。
木の名前なんて気にしなくていいんです。
色、重さなどそれぞれの違い。
「漆の木は樹脂が固まってしまえばカブレないんですよ。」
なんて樹種の特性なども教えていただきました。

今日のテーマはリペア
Repairの頭文字「R」さがしからお話が始まります。

3Rといえば
88085425_489788058360903_2756332817402036224_n[1]
Reduuce リデュース:減らす
Reuse リユース:繰り返し使う
Recycle リサイクル:再資源化する
この三つは法制化されています。

更にRを探してみると、ちょっと聞き慣れない
Refuse リフューズ
これはゴミになるものを拒否すること
レジ袋の拒否なんて言うのがこれに当たります。
しかし使ってもいいんです。
意識することが大切なんだとおっしゃっていました。

そしてもう一つのR(5R)が
87520794_536042710358453_3239993267902742528_n[1]
Repair リペア
壊れても直せるものは修理して使うことをいいます。

ここで、佃さん愛用の漆塗りのお椀の登場です。
大切に使っていたお椀が割れてしまいました。
88040749_252196909124310_4119642878391615488_n[1]

これってどうしたらいい?
・エポキシ系の接着剤で埋める。
・削り取ってお皿にする。
・燃やす。
・削って別の木を埋める。
・和紙を張って柿渋を塗る・・・etc

そもそもこれって壊れてるの?
キャンディを入れるにはちょうどいいと佃さんはおっしゃいます。

木の製品は、少しでも傷があると流通に乗りません。
でも本当にダメなの?というしつこさが大切です。

ジョージ・ナカシマは自然の形をそのまま取り入れた家具を発表しました。
88198446_2726759307600585_7281499064703647744_n[1]
木に対する見方を変えてくれた一人です。

割れたお椀も小刀一本で修理できます。
みなさんが持っている技術を使えば誰でもできる。
木のモノはそれに応えられる素質を持っているのです。

また、腐朽菌の入ったスポルテッド材は欧米では大変価値のある材として扱われています。
87605498_198197391241242_8212635321502793728_n[1]
菌が活動した痕跡を杢として残し、積極的にいいでしょうとアピールすること、
規格から外れたものを受け入れる(受容する)こと、
それを認める(寛容する)こと。
88184735_499281554349092_2745372726582575104_n[1]
自然とかいて「じねん」と読みます。
あるがまま
自ずから然り、自然体がいいのです。

ここでもう一度皆さんに、
木のかけらを選んでもらいました。
どんな材を選んだんでしょうか?

最後に6つ目のRをご紹介いただきました。
88014923_290586075252344_5687643624645328896_n[1]
Renovation 
古いお家のリノベーション(修理・改装)として使われますが、
革新・元気回復という意味も持っています。

「森を元気にしたい」そのために
自然の材料に付加価値を与える。
もうちょっと面白がれないかな?
そうすると森に対する見方が変わる。
これこそリノベーションです。

そういう価値観を分かち合える小さな経済圏で勝負する。
まさしくグリーンウッドワークかなとも思いました。

参加者からの
「森に対する価値観を変えるためには、どんな教育が必要か?」
との問いに、
87804617_655774648522876_4573444029055762432_n[1]
「木工の敷居を下げること」
「昔はどの家にもあった大工道具。日曜大工から始めましょう。」
と締めくくられました。

(おの)
  1. 2020/02/28(金) 16:28:38|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019年度古城山イベントが終了しました(シイタケほだ木づくり体験2月23日)

2019年度の古城山イベントは
10月ロープワーク
11月昔遊び
12月伐採体験
1月薪づくり体験

そして最終回2月は
シイタケほだ木づくりでした。

まずは伐採から。
普段森林管理のお仕事をしている塩田さんが木の伐採について解説。
87342688_178124790271674_6895097920987594752_n.jpg

参加者のみなさん総出で、ロープを引っ張り木を倒しました。
84319490_619525551926941_7626850989768704000_n.jpg

しかし、この木は使いません。
シイタケのほだ木に使用する木は、
葉っぱが黄色くなって散る間際の晩秋に伐採した木がいいそうです。

昨年の12月に伐採した原木を、
山からおろして軽トラに積んでもらいます。
87385502_510632733198719_5175736467023986688_n.jpg

菌打ちの説明は、
中濃森林組合の伊藤さん。
87371278_484221672231918_3012679310558363648_n.jpg

今回も手回しドリルを使って穴をあけてもらいます。
87267136_552174798990705_4024245379800236032_n.jpg

木を押さえる人
ドリルを保持する人
頑張って回す人
みんなで協力してほだ木をつくります。
85086760_202879420822538_3589199273280929792_n.jpg

小雨が降ったり、晴れ間から日が差したりと、
不安定な天候でしたが、
ろうきんデッキの屋根の下で、
みんなでワイワイ楽しくほだ木をつくりました。

お昼ご飯はおなじみバルエストの島田さん。
ろうきんのカマドを使って羽釜のご飯でハヤシライス
87174679_594372881114008_6191412102708592640_n.jpg

きのこたっぷり森のハヤシライス。
最高に幸せな時間でした。
87811655_1043331596030045_1512755509638201344_n.jpg

出来上がったほだ木は参加者のみなさんにお持ち帰りいただきました。
87263482_1839338116201315_2453714034520752128_n.jpg
来年度は、森の整備と実の生る木の植樹、
モデル林マップ作りなど
またまた楽しい取り組みをj検討中。
皆様も一緒に古城山で楽しい時間を過ごしましょう!
(おの)
  1. 2020/02/25(火) 08:29:08|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古城山イベント「薪づくり体験」を開催しました(1月19日)

美濃市古城山環境保全モデル林(古城山ふれあいの森)で、
薪づくりの体験会が行われました。

「よいしょ、よいしょ」
「うわー」

ロープで木を引き倒しました。

岐阜県が指定する環境保全モデル林とは、
人の暮らしから離れ荒廃した里山林を、
森林資源の活用などを通して再生を目指すものです。

美濃市古城山環境保全モデル林連絡協議会が、
森の環境保持と人々に木材を活用してもらう為に
毎年行っています。

今年は県内外から14人が参加し、
薪にするための木材を軽トラックに積み込んだり、
ロープを使って木材を運ぶ方法を体験したりします。
87053239_649056049202058_1204975675010711552_n.jpg

続いて斧や薪割り木を使って薪割りに挑戦します。
86977935_568314664027881_5585251750337576960_n.jpg
斧だけで薪を割るのは難しい為、
今回は二人一組になって、
木材に載せた斧を木槌で押し込むようにして
使っていきました。
87061803_583752372219625_5901326189015859200_n.jpg

参加者は・・・
「意外と重くて大変だった。楽しいです。また来たいと思いました。」
「伐ってこういう風にするって人が少ないから、
だからボサボサの山になってしまうっていうのがあるんで、
どんどん広がっていって行けばいいんじゃないかな。」

薪割りした薪は参加者が持ち帰ることができ、
自宅の薪ストーブなどで使うそうです。

(写真:名和さん、文章:地元ケーブルテレビ CCNエリアトピックスより引用)

  1. 2020/02/19(水) 15:30:46|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ