FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

ぎふ木遊館『オータムフェスタ』開催!


10月10日、11日の2日間
ぎふ木遊館『オータムフェスタ』開催!


ぎふ木遊館(岐阜市学園町2-33)では
10月10日(土)、11日(日)
森の恵みに感謝する祭典『オータムフェスタ』を開催!

木育ひろばの利用時間が2時間に拡大!
この日は特別に屋外でもいろいろ遊べるよ!

屋外での体験メニューとして、グリーンウッドワーク協会も「木っ端すくい」と「グリーンウッドワーク体験」で2日とも参加します!

「木っ端すくい」は、ぎふの生き物をデフォルメしたホオノキやさくらの小さな木っ端を、きんぎょすくいのようにすくいます。

すくったものはストラップにして1個プレゼント。生きものはぜんぶで12種類。
樹種によって色もいろいろです。なんの生き物がわかるかなぁ。

グリーンウッドワーク協会からはもうひとつ、削り馬でみずみずしい伐りたての生木を削って、グリーンウッドワーク体験できるコーナーも。
できたら輪投げにして遊ぼう!

参加費は両方やって200円!
ぜひぜひ遊びにきてね!

※木遊館に入場される方は入場料300円(高校生以下無料)が別途必要です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
ぎふ木遊館オータムフェスタ
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

9月18日(金)~10月9日(金)までの事前予約制で各部100名(先着・定員になり次第終了)

◉令和2年10月10日(土)
【第1部】13:00~15:00
【第2部】16:00~18:00

◉令和2年10月11日(日)
【第1部】10:00~12:00
【第2部】14:00~16:00

申込みは、電話(058-215-1515)または来館時に受付窓口へ直接ご予約ください♪

「ぎふ木遊館」は、県産材でつくった9種類の大型遊具や、岐阜の作家さんらによる100点を超える良質な木のおもちゃで遊んだり、これまでに岐阜県内で開催した木育教室の内容をもとに、木をより身近に楽しむために生み出されたさまざまな木育プログラムを体験できます。

子どもたちがみずから遊び方を発見し、考え工夫しながらのびのび使うことができ、赤ちゃんから大人まで木と親しみ楽しんでいただけます。

詳しくは
https://mokuyukan.pref.gifu.lg.jp/news/p15611/

20200920081337090.jpeg 20200920081300e31.jpeg

テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/09/20(日) 08:15:11|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古城山イベント2020「ふれあいの森お宝さがし探検」(9月13日)

IMG_5532.jpg

古城山イベントは「美濃市古城山環境保全モデル林連絡協議会」の主催で、
一般市民を対象に定期的に開催されている体験イベントです。

9月13日(日)には『古城山環境保全モデル林(ふれあいの森)』で
「ふれあいの森お宝さがし探検」を開催しました。

IMG_5426.jpg

大雨に開催も危ぶまれましたが、朝には雨も小降りになり無事に開催決定。
5家族14人、0歳から9歳のお子さんが参加してくれました。

IMG_5428.jpg

「ふれあいの森のさんぽ道を探検して、お気に入りの場所や素敵な宝ものを探そう!」

ということで、午前中は2つの班に分かれて森へ出発。
スタッフが写真と記録をとりながらそれぞれお宝を集めます。

IMG_5443_202009182035420eb.jpg

さっそく松の赤ちゃんを発見!気付き始めるといろんなところに赤ちゃん松が出ていたね。
スラッシュマツという外国原産の大きな松ぼっくりがたくさん落ちていたり、
赤や黄色のきのこがあっちでもこっちでもニョキニョキ!
手のひらサイズから、子どもたちの顔より大きなものもありましたよ!

119450371_3036533939789685_3814312815361976279_n.jpg

見上げたりしゃがんだり目を閉じて耳をすましたりしながら
参加者のみなさんが心と体をつかってたくさんの発見を教えてくれました。

IMG_5436.jpg IMG_5441.jpg

樹液の香りを頼りにカブトムシが集まる木を探したり
リスが食べた松ぼっくりを集めたり。
シカのフンも発見。あんまり臭くなかったです。

IMG_5447.jpg IMG_5452.jpg

小野ちゃんからは、木の根本にこすりつけられた油の正体(おそらくイノシシの痕跡)のことや
カモシカ(シカ)にかじられたリョウブの幹など森の生き物のお話も聞けました。

IMG_5469.jpg IMG_5471.jpg

チャート(角岩)の崖の斜面に朴の木が多い理由や、地形や地名からわかる水脈の深さなど
生き物や植生だけでなくそこに時間軸を加えることで森の全体を感じることもできて
いつもの森がますます豊かに見えてきます。

別々のコースを歩いた2つのチームが途中でクロスし
「やっほー」「おーい」と呼び合い。
お友だちからの返事が聞こえるのが嬉しいね!

ウラジロの葉っぱを2枚、つなげたままそっと空中に送り出すと
崖をふわりと浮かんで飛んで行きました。

IMG_5457_202009182035457e4.jpg IMG_5475_20200918203549c51.jpg

うまくいくと紙飛行機みたいに遠くへ遠くへと飛びます。
お父さんに抱っこしてもらってちょっとでも高いところから飛ばしたり。

IMG_5564_202009182048405da.jpg

見落としてしまいそうな宝物も、森の達人たちがヒントをくれるたびに
立ち止まって「へぇー」「おお〜」っとじっくり観察。
見つけたお宝は写真を撮ってメモに書きとめて持ち帰ります。

スタッフは午後からの 「ふれあいの森・マップ」のために急いで写真をプリントしなくては!
参加者のみんなは写真ができるのを待っている間に、お楽しみのお昼ご飯です♪

管理棟に戻ると、スパイスのいい香りが。
このイベントのお楽しみでもあるプロのシェフが作るお昼ごはん。
今日はアサリとイカのカレーです。

IMG_5500.jpg IMG_5490_20200918203552a09.jpg IMG_5487_202009182035512a4.jpg

羽釜&薪で炊いたご飯はピカピカつやつや!
ジンジャーエールを隠し味にアサリと、イカの出汁が香る美味しいカレーでした♡
これで参加費500円(子ども200円)は安い!

お昼からは記録した写真やメモを
地図に貼って「ふれあいの森・マップ」を作りました。

IMG_5497.jpg

地図いっぱいにイラストを書いたり、拾ってきたものをかざったり。
それぞれのチームの楽しいマップが完成!

IMG_5511.jpg IMG_5517.jpg

IMG_5530.jpg IMG_5526_20200918203601d9f.jpg

このマップはこのあとイラストレーターさんに描きおこしてもらって
この森に遊びに来る人に渡せるマップにするんだって。
みんなの発見がどんな風に描いてもらえるか、楽しみです!

IMG_5512.jpg IMG_5558_20200918204838cef.jpg IMG_5566.jpg
  1. 2020/09/18(金) 20:52:33|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山県市 みやまの森で木とふれあう2日間「マイスプーンづくり」(8月4日)

山県市 みやまの森で木とふれあう2日目は「マイスプーンづくり」
9人のお子さんが参加してくれました。

美山の森で採取した朴の枝を手に
スプーンの材料「朴の木」のお話からはじまります。

IMG_4047.jpg

青々とした朴葉がとっても美しいです。
岐阜では朴葉寿司や朴葉味噌焼きなど
郷土料理で馴染み深く
畑や庭で見ることも多い朴の木。

IMG_4041.jpg

講座で使うスプーンは
さじ面があらかじめ
ほぼ完成形になっていますが
ここからナイフをつかって柄を削り
好きな形にしていきます。

IMG_4054.jpg

ナイフの正しい使い方や
注意点の話を聞く子どもたち。

IMG_4060.jpg

まずは練習用の枝を使って
ナイフの基本的な使い方を覚えます。

IMG_4064.jpg

しばらく削ってナイフの扱いに慣れてきたら
ドキドキしながらスプーンとナイフを受け取り
いよいよスプーンづくりのはじまりです。

IMG_4077.jpg IMG_4079.jpg IMG_4081_20200820201404076.jpg

うまく出来ない!と言っていた子が
しばらくしてコツをつかんで
他の子に教えたり
慣れたら簡単だよ、なんて得意気だったり。
ナイフが使えるってうれしいね。

IMG_4087.jpg IMG_4076.jpg IMG_4075_20200820201358e5d.jpg

前日の色えんぴつ講座もですが、
スプーン講座も2〜3時間じっと座って手を動かします。
ふと気づくと鳥の声、虫の声だけが響いて
ナイフの動きに集中しています。
みんな良い顔してる!

IMG_4085_20200820202948f0b.jpg

気づけば汗びっしょりの子も。
しっかり休憩をとって熱中症対策をしたら再開です。

IMG_4132.jpg IMG_4073_2020082020135667b.jpg

スプーンは何枚もの紙やすりを使って
ピカピカに仕上げます。
長い長い時間、同じ作業の繰り返しですが
あきらめることなく磨いて
最後にはさっと水にくぐらせてケバを出し
乾かしたら仕上げのもうひと磨きです。

IMG_4130.jpg

職人さんのように目を細めて
仕上がりを確認。

IMG_4146_20200820202123c7f.jpg

もうザラザラするところはないかな。
納得いくまで指で確かめて
小野ちゃんに「これでいい?」と見てもらって
OKが出たら、さらに細かいやすりをかけます。

IMG_4117_20200820203140827.jpg IMG_4122.jpg

「こんなに夢中になるんですね。」

「休憩は少しでいいから、もっとやりたいって、こんなことはじめてです。」

お母さんたち、お子さんの集中力に驚いてました。

IMG_4150.jpg

6段階のやすりがけが終わったら
くるみを割って実をつぶして絞ったものを塗って
オイルフィニッシュで完成!
しっかり塗りこむと、木目がさらに美しく落ち着いた色合いに。

IMG_4155_20200820202129c80.jpg

暑いなか、途中で疲れちゃったり
いやになりそうな時もあったけど
最後まで自分でやり抜いたから
特別なスプーンになったね。

IMG_4164.jpg

山県市のみなさん
楽しい2日間をありがとうございました!

グリーンウッドワーク協会
研修生 はらちゃん

テーマ:グリーンウッドワーク - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/08/24(月) 12:00:28|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山県市 みやまの森で木とふれあう2日間「森の色えんぴつづくり」(8月3日)

IMG_3954.jpg

山県市のみやまの森で
子どもの環境教育の一環として
木工体験を実施しました。

IMG_3952.jpg

この事業は
森林の役割や自然の豊かさを学び
子どもたちや住民が
里山に触れる機会をつくることを
目的としています。

IMG_3965(1).jpg

初日は定員30人で「森の色えんぴつづくり」
2日目は定員10人で「マイスプーンづくり」

IMG_3969_20200820111729b7c.jpg

夏休みに入ったばかりの元気な子どもたちで
どちらも大盛況。

IMG_3966_202008201117289c2.jpg

森の色えんぴつは
前々日に近くの山でとってきた
ヒサカキやアラカシ、タカノツメ
ヤマザクラなどの枝に穴を開けて
色とりどりの芯を差し込みます。

IMG_3978.jpgIMG_3981.jpg

子どもたちは
小野ちゃんのお話を聞いたあと
1本ずつ好きな枝を選びました。

IMG_4004.jpg IMG_3993.jpg

お父さんやお母さんに見てもらいながら
枝に対してまっすぐになるよう
慎重に手回しドリルを回します。

IMG_3994.jpg

ブレずにまっすぐ穴があけられたら
接着剤なしで芯がぴたっと入って
折れたり後で抜けることもありません。

IMG_4002.jpg IMG_4001.jpg IMG_3991.jpg

芯にするのは、クーピーペンシル。
人気の色は青色かな。

IMG_4010.jpg IMG_4008.jpg IMG_3999.jpg

芯を差したら、鉛筆の形に削るのは
「銑(せん)」という道具と「削り馬」。

IMG_4012.jpg

はじめはなかなか思うように削れなかったり
食い込んでしまったりと苦戦していましたが
2本、3本と削るうちに上達していました。

IMG_3995.jpg

最後はちょうどいい長さに切って完成!

IMG_4005.jpg IMG_3997.jpg IMG_3988.jpg

マスクで顔が見られないのは残念だけど
それぞれ自分の色えんぴつを見せてくれて

「たいへんだけど面白いよ!」

「むずかしいけど楽しい!」

「もっとやりたい!」

「いろんなかたさの木があったよ。」

とお話ししてくれました。

IMG_4022_20200820122128c49.jpg IMG_4020.jpg IMG_4018.jpg
IMG_4014.jpg IMG_4011.jpg IMG_4003.jpg
IMG_4024.jpg IMG_4025.jpg

ひとり3本までつくれるから
姉妹で全部ちがう色にしたり
去年参加してつくった分とあわせて、
全色集めたいと教えてくれた子もいました。

IMG_4017.jpg

完成した色鉛筆で
とってもかわいいお手紙もいただきました。

S__57384963.jpg

子どもたちの楽しんでいる様子や
集中している姿が多くみられて
とてもいい経験になりました。
山県市のみなさんありがとうございました!

グリーンウッドワーク協会
研修生 はらちゃん



初日の森のいろえんぴつ作りの様子は
CCNエリアトピックスの取材を受け4日に放送されました。

116878344_3171547269593329_8217379525330967518_n.jpg 116536088_3171547566259966_3678118419657229845_n.jpg 116422070_3171547892926600_2524498957088141196_n.jpg

テーマ:グリーンウッドワーク - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/08/23(日) 10:00:10|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森林文化アカデミー「特用林産物実習」(6月30日)

ろうきんの森では今年も舞茸原木栽培に取り組んでいます。
昨年の冬から続く連続講座の講師を務めて下さっているのが、
岐阜県立森林文化アカデミーの津田先生。
この日は津田先生が学生たちを連れて、ろうきんの森を訪ねてくださいました。
IMG_20200630_094003.jpg

ちょうど培養中のホダ木に菌がまわり、この梅雨時が支柱に伏せこむ時期。
学生たちに手伝ってもらい、ろうきんの森の舞茸畑にホダ木を伏せこむ予定でしたが、
残念ながらの雨。
急遽、プランターに埋め込むことになりました。
IMG_20200630_101454.jpg
一つのプランターに八本のホダ木をまん中に寄せて設置します。
こうすることにより、菌が一体となって大きなきのこが収穫できます。

赤玉土で隙間なく埋め戻します。
IMG_20200630_101835.jpg

今回来てくれた学生さんたちは、
昨年「里山利活用実習」の授業に引き続き2回目の訪問で、
ろうきんの森の活動についてもいろいろと興味を持っていただき、
楽しくおしゃべりしながら作業を進めることができました。
IMG_20200630_103155.jpg

こうやってアカデミーとの連携を今後も続けていけると嬉しいです。
(おの)
  1. 2020/07/12(日) 08:23:33|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ