FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

群馬県サンデンフォレストで手彫りの器づくりを行ってきました(3/30~31)

平成30年度最後の出張講座は、
1月に引き続き群馬県前橋市のサンデンフォレストへ
手彫りの器づくりに呼んでいただきました。

ヤギの「サン」と「デン」もお出迎え。
IMG_20190330_095743.jpg

新しく日干し煉瓦のカマドも出来上がっていました。
IMG_20190330_095820.jpg

1月のスプーンづくりから2ヶ月の間に、
削り馬が三台
IMG_20190330_092727.jpg

スプーンがいっぱい
IMG_20190330_094339.jpg

漆塗りの作品も
IMG_20190330_094438.jpg

マレットもありますね(コレはてっぱんです!)
IMG_20190330_100141.jpg

木の形をそのまま利用したものも
IMG_20190330_120145.jpg

皆さんのやる気がビシバシと伝わってきます。
前回からのリピーターの他、
森林インストラクター会
緑のインタープリター協会
地域おこし協力隊
籠づくりなどのクラフトが大好きな方
ものづくりは苦手だけど楽しいという方まで、
様々な方にご参加いただきました。

まずはサンデンフォレストの柴崎さんからこの森の成り立ちを教えていただきます。
IMG_20190330_101912.jpg

今回使う木ももちろんサンデンフォレストの敷地内から調達しました。

ヤマザクラと
IMG_20190330_113826.jpg

エゴノキ
IMG_20190330_113831.jpg
さあ、削り比べてみましょう。

玉伐りしたサクラを半分に割りますが、
木が割れようとする力に樹皮が抵抗するために、
事前に樹皮を奇麗に剥がします。
IMG_20190330_121029.jpg
このあと、この皮はもちろんナイフのシースとなりました。

割った材を削り馬に載せて、平面出しから。
馬に入らない大きな材はこんな風に固定します。
IMG_20190330_124108.jpg

器の内側は丸ノミではつります。
IMG_20190330_141546.jpg
縄文時代から人類が続けてきた作業です。
「石器の大変さに比べればそれよりはまし。」
との感想も。

エゴノキはサクサク削れますが
ヤマザクラは硬くててこずりました。
IMG_20190330_152811.jpg

内側の仕上げ面は彫刻刀やフックナイフで整えて一日目の作業は終了。
IMG_20190330_151504.jpg

夜の懇親会ではアルプスの少女ハイジの鑑賞会。
IMG_20190330_183837.jpg

オンジだけではなくペーターも削り馬で橇(ソリ)を削っていました。
IMG_20190330_192552.jpg

さあ二日目の作業開始です。
「想像以上に大変、筋肉痛になるかも。」
という人もいらっしゃったので、まずは準備運動から。
IMG_20190331_100455.jpg
ラジオ体操はグリーンウッドワーカー世界共通のウォーミングアップ体操です!
(先日のOne Tree講座でもみんなで楽しく体操しました)

器の外側をまずは斧ではつります。
森林インストラクター会の三澤さんは自前の枝打ち斧で。
IMG_20190331_104946.jpg

皆さんが無心になってコンコンはつる風景は
なんだかとっても心が癒されます。
IMG_20190331_132441.jpg
慣れない道具ではありますが、ある方は
「うまくできなかったが、道具と仲良くなろうと努力した。」
そうです。

仕上げ面は銑やナイフで整えて出来上がり。
IMG_20190331_142713.jpg

IMG_20190331_153806.jpg
「楽しかった、これからも続けていきたい。」
「濃密な二日間、まだ時間が欲しい。」
「自主勉強会をやっていきたい。」
「現代人は便利さと引き換えに自分の力を使うことをしなくなった。
今回の体験により、いろいろな製品を見たときに、
これはどうやって作っているんだろうと思いをはせることができるんじゃないかな。」

IMG_20190331_153236.jpg
サンデンフォレストのグリーンウッドワーク、これからも続きます。
(おの)
  1. 2019/04/15(月) 08:00:08|
  2. ┗ 器づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年度最後の器挽き講座を開催しました(3/3)

ろうきん森の学校 森工塾(もっこうじゅく)
足踏みろくろで木の器づくり講座を開催しました。
IMG_20190303_094811.jpg

今年度5回目のこの講座は、
毎回申し込みが始まるとすぐに定員が埋まるという
人気講座となっています。
夏にはエアコンの効いた「みの木工工房FUKUBE」に
緊急避難という回もありました。

今年度最後の3月3日の講座では、
屋外の作業でも気持ちの良い陽気で、
参加者の皆様にろくろ作業を楽しんでいただきました。
IMG_20190303_141808.jpg

「想像以上に体を使うが、
その分出来上がって嬉しさも倍増」
なんて感想もいただきました。
IMG_20190303_150402.jpg

出来上がった器に何を入れましょう?
夫婦の合作でご飯と汁物!
IMG_20190303_164012.jpg
ぜんざいを入れたい。
IMG_20190303_154320.jpg
スプーンもつくってカレーを食べたい。
IMG_20190303_162906.jpg
あったか白飯を想像しながら削った!
IMG_20190303_161836.jpg
「病気のおばあちゃんと一緒に器を手で触りたい」
というお話も伺うことができました。
皆さん大切に使ってくださいね。
IMG_20190303_162621.jpg

足踏みろくろを使った器づくり講座は来年度も実施予定です。
是非ご参加ください。
(おの)
  1. 2019/03/14(木) 17:15:50|
  2. ┗ 器づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座 器づくりin丹沢湖を開催しました(12/15)

今年は神奈川県の山北町近辺で活動されている「足柄丹沢の郷ネットワーク」さんにお世話になること、3回目。
1回目のスプーンづくり
2回目のゴッホの子ども椅子づくりと来て、
3回目は器づくりです。

今回は、ちょうど会場となった丹沢湖畔の通信制高校「鹿島山北高等学校」で校庭の樹を伐っていたので、少し分けていただきました。
いただいたサクラとシイ、事前に用意しておいたホオノキから樹種を選び、半分に割ります。
DSC_5689_300.jpg

この日は太陽がぽかぽか温かい日!ミツマタがもう咲きはじめちゃってました。
DSC_5699_450_201812182049164fa.jpg

斧で平らな面をつくったら
DSC_5691_450.jpg

固定して、器の内側を削っていきますよー!
DSC_5692_450.jpg
(↑皮の裏側のオレンジと青のグラデーションが、夕陽の沈む海っぽくてオシャレです!)

DSC_5698_300.jpg
午前中で内側削り終了!

午後からは、外側の形を決めていきます。
斧である程度まではつって
DSC_5702_300.jpg

削り馬で仕上げていきます。
DSC_5703_450.jpg

器でおやつ休憩。
きのこの山がおおいにマッチする器であることが発覚しました。
DSC_5706_450.jpg

夕方には、みなさんの器が完成です!
DSC_5711_300.jpg
「キャンプに持っていって、手彫りだよ~ってみんなに言いたい!」

DSC_5714_450.jpg
(本当は、奥に富士山が見えていたのですがスマホのカメラの精度が悪く映りませんでした。。。)
<参加者の感想>
・難しかったけど、楽しかった!
・いろんな、はじめてみる道具が使えて楽しかった。
・徐々に道具の使い方のコツがつかめていくのが楽しかった。
・最高に楽しい一日だった。またグリーンウッドワークをやりたい。

神奈川は山北町でのグリーンウッドワーク、今回は東京からお越しいただいた参加者さんもいらっしゃいました!
来年も引き続き足柄丹沢の郷ネットワークさんの方で開催予定とのことですので、関東のみなさん是非チェックおねがいします!
>>足柄丹沢の郷ネットワークfacebook
  1. 2018/12/18(火) 21:00:02|
  2. ┗ 器づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足踏みろくろで木の器づくり(後期①)を開催しました

毎回人気の器づくり
今年度4回目の今回は、
西は九州福岡、北は北海道から、
総勢5名が参加。
46341016_1754230404686718_3025658482683543552_n[1]

この講座を受講するために、
遠くから集まってくださることに、
本当に感謝したいと思います。
46393247_1754255851350840_435359338484203520_n[1]

この日はヤギハシ君も出勤。
サクラの白太の柔らかい削りくずは、
山羊さんのお口に合うようです。
これも森の循環。
46325422_1754255798017512_5530995528726216704_n[1]

(皆さんの感想です)
・前回よりきれいな削りかすが出て嬉しかった(リピーターの方)
・最初はコツがつかめず戸惑ったが、やっているうちにシュルシュル削れる感触が気持ちよかった。
・みんなと過ごす時間がいい時間だった。
・刃と材の関係がすぐに解らなくなる。
・手作業の感覚を敏に磨いていきたい。
・今後もぜひやりたい。
46381719_1754681201308305_1883414107860762624_n[1]

これまでは体験用としてスピンドル(丸棒)を成形するための
移動式の轆轤を改良して使っていましたが、
これだけ需要があるということ、
リピーターでもっと深く取り組みたいという人が増えてきたこともあり、
固定式の、器挽きに特化した轆轤を整備したいと思っています。
今後をご期待ください。
46273219_1754681107974981_4936397224021065728_n[1]
(おの)

  1. 2018/12/01(土) 17:38:34|
  2. ┗ 器づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森工塾「足踏みろくろで木の器づくり③」を開催しました!(9/20)

暑い夏も終わり、やっと森でグリーンウッドワークが楽しめるようになりました。

ろうきん森の学校 森工塾
足踏みろくろで木の器づくりも今年度で3回目
42194211_1683336351776124_8819013012103888896_n.jpg
平日にもかかわらず、県外から参加者の皆さんが集まってくださいました。
美濃市安毛(あたげ)永昌院のソメイヨシノの倒木を使いました。
人と人とのつながりを願って植えられた木です。

42168910_1683336475109445_7614847191831543808_n.jpg
はじめてグリーンウッドワークを体験された方は、
「想像と違う原始的な手法で結構大変だった。
素手で彫るのとは違う考えられた方法だと感じた。
もっと上手になりたい。」
とのことでした。

42266868_1683336605109432_365682629502042112_n.jpg
「シュルシュルと削れるときは、よしつかんだと思ったが、
角度が変わるとまたわからなくなる。
思ったより難しかった。」
と、やはりなかなか思うようにはいかなかったようですが、
「完成すると嬉しい。」

42263374_1683336735109419_3187062013637427200_n.jpg
「一日があっという間。
またやりたい!」
器ファンがまた増えたようです。

(おの)
  1. 2018/10/11(木) 14:51:42|
  2. ┗ 器づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ