FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

ゴッホの椅子づくり@栃木(5/18~19後半)

一ヶ月ぶりに栃木県日光市の清流園山小屋カフェに戻ってきました。
61033847_650932002000880_3708612425105276928_n.jpg

この一ヶ月の間に山の緑もまぶしくなりました。
最高のロケーションと美味しい料理。
60537683_286670682105920_1754179336493072384_n.jpg

夜の語らい。
60760898_566398350434048_5582843575059611648_n.jpg

テントや貨車など思い思いの場所でぐっすり眠って。
60682086_643197249475508_7699015030276096000_n.jpg

爽やかな朝を迎えます。
60464373_356605895207225_7949199078586318848_n.jpg
ああ幸せ。

後半2日間は脚の仕上げと組み立て。
60345551_367011913921005_1911898738989727744_n.jpg

最後にイ草ロープで座を編んで無事完成です。
60477770_646496225820951_9075575065373835264_n.jpg

参加者の皆さんからは「大変だった。」という声が多く聞かれました。
その分、売っている木工製品の価値を再認識した方もいらっしゃいました。
60723534_407799350076841_58240366419116032_n.jpg
この四日間を通じて、改めて木工が好きと分かったという方もいれば、
大雑把な性格の自分にグリーンウッドワークがピッタリはまって、もっとやりたくなったという方も。
60464357_2207692742612033_3083271788172410880_n.jpg
グリーンウッドワークは自然からの「いただき物の暮らし」につながるというお話も印象的でした。

素晴らしい場所、個性的な人たち、皆様に感謝いたします。
61000152_594603917700503_1323891151794601984_n.jpg
(おの)
  1. 2019/05/20(月) 18:08:21|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

令和の始まりは椅子づくり(5/3~6前半)

ろうきん森の学校森工塾
令和最初の講座は「丸太からの椅子づくり~ラダーバックチェア」

10連休の後半を森の中でキャンプしながら削り続けた四日間。
割った
60242639_2237645316498807_1875062853191335936_n.jpg

割った
60189788_2071396519635612_7368083402072784896_n.jpg

削った
60153733_333856647276273_385333131378425856_n.jpg

切った
60337713_2571804662848684_1339085040985833472_n.jpg

そして曲げた
60081572_2688920054455678_2216665387771101184_n.jpg

作業が終わると工房はテントサイトに早変わり
60358847_400793380520139_559995789015777280_n.jpg

夜は焚き火で語り合い
60251493_599854560518054_737901941530558464_n.jpg

朝は喫茶店のモーニング
60640770_2425434814358996_4709363302839353344_n.jpg
なんとこれで400円

茶碗蒸しも付いちゃいます。
60411069_703881243382360_531054370935013376_n.jpg

参加者の中にはプロの木工家の方もいらっしゃいました。
グリーンウッドワークだからってドローナイフやスポークシェイブだけじゃなくって、
日本の鉋を使ったっていいんです。
60181945_382131259053494_6723664790994026496_n.jpg

プチ研ぎ講座も開いていただきました。
57331379_810382189335141_3841137046932422656_n.jpg

あっという間の四日間。
お天気にも恵まれ、部材もほぼ出来上がりました。
60193383_368403913796431_6692009834050486272_n.jpg

それでは後半2日間、6月にお会いしましょう。
つづく
(おの)
  1. 2019/05/14(火) 13:18:25|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴッホの椅子づくり@栃木(4/20~21前半)

4月最初の出張講座は、北関東の栃木県。
初上陸です!
「ゴッホの椅子づくり講座」
主催は鹿沼市の「荒川家具」さん
60075866_299458180990016_3218899330597388288_n.jpg

荒川さんは2017年の年末から2018年の年始にかけて神戸で開催されたゴッホの椅子づくりに参加したのち、是非地元の栃木で開催したいという夢が今回満を持して実現しました。
60023608_1952389321534357_5535442271576522752_n.jpg
>>きのきの椅子づくり(前半)
>>きのきの椅子づくり(後半)
じわじわと増殖するゴッホの熱を感じずにはいられません!

開催地はお隣日光市の「清流園 山小屋カフェ」
ここのオーナーは、誠文堂新光社の『ゴッホの椅子』を読んで、
独学でスギの枝からこの椅子を作り上げました。
60334425_442141306544778_3666289787305721856_n.jpg
まるでゴッホの絵から飛び出したような存在感。

この講座で使った木は裏山から伐り出したヒノキ。
どうですか、この目の詰まりようは。
60357935_2418776838189955_5117578005631205376_n.jpg
材も素直で木取りは非常に楽でした。

お昼ごはんもこんなロケーションで頂くと疲れが吹き飛びます。
60334806_621411058326441_9197469991035731968_n.jpg

宿泊はすぐ近くのログハウス村「ウッズマンビレッジ」
60022386_2424080107871867_8640920621217218560_n.jpg
楽しいお酒を飲みながらバーベキュー。
グリーンウッドワークとログハウス
やっぱり相性がいいですね。

二日間削り続けて前半戦は終了。
5月の後半に続きます。
(おの)
  1. 2019/05/13(月) 16:59:01|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本伝統のグリーンウッドワーク 有道しゃくしづくり レポート

4/7(日)に開催したワークショップのレポートです。
2018010214591203c_201902231050108af_2019041710563254f.jpg


こうした杓子づくりをワークショップで行うのは3年目です。
奥井さん

講師は、奥井木工舎の奥井さん。最近、「民藝」というキーワードで注目されお忙しい中、時間を作って頂きました。これも、伝統を絶やしたくないという思いからと感謝しています。

ワークショップは、いつものように和気あいあいと進んでいきます。
講座1

木工経験者から、初心者まで、参加者の経験はそれぞれですが、一様に生木の質感、削る楽しさに感激していただきました。
講座2

黙々とナタを振るって形を整えます。

講座3

作業台も工夫次第で色々使えます。

講座4

すくう面に、有道しゃくし独特の削り模様を入れます。この模様は、飾りだけでなくすくった具材が滑りにくくなるという実用的な機能もあります。

最後は、お決まり?のポーズで1枚。
決めポーズ

今後も有道杓子づくりのワークショップは続けていきます。まだ未体験の方は、要チェックです。

加藤慎輔
  1. 2019/04/17(水) 11:03:23|
  2. 講座の実施報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

群馬県サンデンフォレストで手彫りの器づくりを行ってきました(3/30~31)

平成30年度最後の出張講座は、
1月に引き続き群馬県前橋市のサンデンフォレストへ
手彫りの器づくりに呼んでいただきました。

ヤギの「サン」と「デン」もお出迎え。
IMG_20190330_095743.jpg

新しく日干し煉瓦のカマドも出来上がっていました。
IMG_20190330_095820.jpg

1月のスプーンづくりから2ヶ月の間に、
削り馬が三台
IMG_20190330_092727.jpg

スプーンがいっぱい
IMG_20190330_094339.jpg

漆塗りの作品も
IMG_20190330_094438.jpg

マレットもありますね(コレはてっぱんです!)
IMG_20190330_100141.jpg

木の形をそのまま利用したものも
IMG_20190330_120145.jpg

皆さんのやる気がビシバシと伝わってきます。
前回からのリピーターの他、
森林インストラクター会
緑のインタープリター協会
地域おこし協力隊
籠づくりなどのクラフトが大好きな方
ものづくりは苦手だけど楽しいという方まで、
様々な方にご参加いただきました。

まずはサンデンフォレストの柴崎さんからこの森の成り立ちを教えていただきます。
IMG_20190330_101912.jpg

今回使う木ももちろんサンデンフォレストの敷地内から調達しました。

ヤマザクラと
IMG_20190330_113826.jpg

エゴノキ
IMG_20190330_113831.jpg
さあ、削り比べてみましょう。

玉伐りしたサクラを半分に割りますが、
木が割れようとする力に樹皮が抵抗するために、
事前に樹皮を奇麗に剥がします。
IMG_20190330_121029.jpg
このあと、この皮はもちろんナイフのシースとなりました。

割った材を削り馬に載せて、平面出しから。
馬に入らない大きな材はこんな風に固定します。
IMG_20190330_124108.jpg

器の内側は丸ノミではつります。
IMG_20190330_141546.jpg
縄文時代から人類が続けてきた作業です。
「石器の大変さに比べればそれよりはまし。」
との感想も。

エゴノキはサクサク削れますが
ヤマザクラは硬くててこずりました。
IMG_20190330_152811.jpg

内側の仕上げ面は彫刻刀やフックナイフで整えて一日目の作業は終了。
IMG_20190330_151504.jpg

夜の懇親会ではアルプスの少女ハイジの鑑賞会。
IMG_20190330_183837.jpg

オンジだけではなくペーターも削り馬で橇(ソリ)を削っていました。
IMG_20190330_192552.jpg

さあ二日目の作業開始です。
「想像以上に大変、筋肉痛になるかも。」
という人もいらっしゃったので、まずは準備運動から。
IMG_20190331_100455.jpg
ラジオ体操はグリーンウッドワーカー世界共通のウォーミングアップ体操です!
(先日のOne Tree講座でもみんなで楽しく体操しました)

器の外側をまずは斧ではつります。
森林インストラクター会の三澤さんは自前の枝打ち斧で。
IMG_20190331_104946.jpg

皆さんが無心になってコンコンはつる風景は
なんだかとっても心が癒されます。
IMG_20190331_132441.jpg
慣れない道具ではありますが、ある方は
「うまくできなかったが、道具と仲良くなろうと努力した。」
そうです。

仕上げ面は銑やナイフで整えて出来上がり。
IMG_20190331_142713.jpg

IMG_20190331_153806.jpg
「楽しかった、これからも続けていきたい。」
「濃密な二日間、まだ時間が欲しい。」
「自主勉強会をやっていきたい。」
「現代人は便利さと引き換えに自分の力を使うことをしなくなった。
今回の体験により、いろいろな製品を見たときに、
これはどうやって作っているんだろうと思いをはせることができるんじゃないかな。」

IMG_20190331_153236.jpg
サンデンフォレストのグリーンウッドワーク、これからも続きます。
(おの)
  1. 2019/04/15(月) 08:00:08|
  2. ┗ 器づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ