GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

雪の福井県若狭町に行ってきました②

またまた、またまた寒波と共に福井県へ。
今回は、かみなか農楽舎さんの冬の農村体験フェスで、木の枝色えんぴつづくりです。

<<2018年2月11日(日) 冬の農村体験フェス 木の枝色えんぴつづくり(若狭町)>>

前回のスプーンづくりに参加してくださった方もたくさん来てくださいました!
DSC_3614.jpg

今回の企画をしてくださった地域おこし協力隊の方もスタッフとして会場を手伝ってくださいました。
DSC_3619.jpg

お父さんと一緒にえんぴつ作り!
DSC_3615.jpg

お子さんだけかと思いきや、お母さん達が興味を持ってくれたことが嬉しかったです!
DSC_3617.jpg

お昼には、農村レストラン「結」ランチでごはんをいただきました!
タニタの管理栄養士さん監修の、若狭の特産品や食材を使ったメニューだそうです!
DSC_3618.jpg
毎月こんなランチをやっているらしいです。

かたわらでは、足踏みろくろ体験。
DSC_3613.jpg

一日かけて、梅の木のすりこ木ができました!
27867940_1432046066905155_3335761168147771501_n.jpg

会場として貸していただいたのは、農機具小屋。
DSC_3621.jpg

冬の間はお休みしている、様々な農機具に囲まれての体験。
さじフェスの時、ヨゲさんがグリーンウッドワークは農民誰もが行っていた当たり前の手仕事だったと話されていたのを思い出しました。
こんなところでグリーンウッドワークをやっていたのかもしれませんね。
DSC_3622.jpg

と話していたら、スウェーデントーチの差し入れが♪
温まりました!
DSC_3628.jpg

外では子ども達が雪山でそり遊び!
DSC_3625.jpg

フェスのしめくくりは、お餅つき。
私たちも、搗きたてのお餅をごちそうになりました!
IMG_20180211_143455.jpg

次回は、2月末にグリーンウッドワーク体験をして、今年度の活動は最後です。
梅の木や、若狭の木を使ったものづくり。どう発展していくか楽しみですね!

(かしわ)
  1. 2018/02/20(火) 09:13:51|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

指導者養成講座in滋賀(補講)

昨年半年間、滋賀で開催していた指導者養成講座が終了してから、早2カ月。
実はまだスツールが完成していない方がいました。
今回は、スツールを完成させるために、希望者で改めて会場である「ほとり・ポトリ」に集まりました。

<<2018年2月10日(土) 指導者養成講座in滋賀(補講)>>

希望者で。。。と言いましたが
参加率は100%!年度末の忙しい時期にも関わらず受講者10人全員がまた集まってくれました!
遠くは、長野の方まで!ありがとうございます。

スツールの穴あけ
DSC_3591.jpg

組み立て!
DSC_3592.jpg

作業の横では、ロケットストーブを焚いてくださいました
DSC_3585.jpg
あったまる♪

午前中は、黙々とナイフで面取り
DSC_3588.jpg

ナイフワークの時間は、ワイワイ盛り上がりながら削っているわけではないのですが、
これが案外一番集中できて楽しいんですよね。
DSC_3595.jpg
あっという間に時間が過ぎてしまいます。

カフェほとりポトリさんのお昼ごはん、
粕汁で体をあっためて
DSC_3596.jpg

午後は薪ストーブが焚かれた屋内で座編みです。
DSC_3599.jpg

真田紐は、おもしろい柄が出ていいですね。
DSC_3600.jpg

10脚のスツールが見事完成しました!
DSC_3607.jpg

DSC_3606.jpg
<参加者の感想>
・椅子が無事完成してうれしい。この講座は独特の空気感がここちよい。また参加したいし、このメンバーともっと話がしたいと思った。
・朝にはイメージできなかった椅子が完成して、新鮮な感動。
・この講座に参加したことで、自分の環境ががらりと変わった。他の参加者の「山がほしい」という言葉。自分にはその発想が今までなかった。でもこれをきっかけに、新しい世界が開けた。
・長野から毎月来ていて、今回は来れないと思っていたが来てしまった。朝6時に出て、グリーンウッドワークをして、帰ってと体力的にはきついが、精神的には癒されている。
・地元の森で、子どもたちの遊び場をつくろうという計画がある。グリーンウッドワークで除伐した樹で遊具等を作りたい。
・ものづくりは好きだが、手が遅い。ゆっくり作らせていただけた。
・自分は山だと思ってずっとキコリの見習いをやっていたが、自分で何でも作る自給自足の里山暮らしをしたいということに気づいた。
・来てよかった。来るたびに、自分の力になっていくという実感がある。地元で体験会のようなことをしてみたい。
・関西でグリーンウッドワークの仲間を作りたい。
・グリーンウッドワークのことを何も知らず直観で参加したが、間違っていなかった。今年から古民家を借りてカフェなどをやる予定。グリーンウッドワークもやりたいと思っているので、もっと勉強したい。
・久しぶりのグリーンウッドワークはとても気持ちよかった。
・木を削る楽しさ、グリーンウッドワークを通した人との出会いが本当にうれしい。
・ラダーバックチェア講座が楽しみ。ものづくりの意欲がわいてきた。

来年度は、ほとりポトリを会場にラダーバックチェア講座を開催します!(もう決定ですよ!!)
既に定員はほぼ埋まってしまいましたが\(^^)/
1~2名分ほど余裕ができるかもしれませんので、その際は改めて告知します!

(かしわ)
  1. 2018/02/19(月) 00:10:14|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古城山イベント「火起こし体験」を開催しました

ろうきん森の学校を開催させていただいている「古城山ふれあいの森」。
この森では、市内の森林に携わる団体が、それぞれの団体の特徴をいかした活動をしています。
年に数回は、この森で活動する団体が協力して「古城山イベント」も開催しています。
今期4回目のイベントは「火起こし体験」です!

<<2018年1月21日(日) 古城山イベント・ふれあいの森で『大昔の火起こし』とご飯炊き体験と杉トンボ作り>>

このイベントのごはんは、みんなで起こした火で焚きます。
まずは、おいしいごはんの炊き方についてのレクチャー。
DSCF25341.jpg

おいしいごはんを目指して。。。
昔ながらの方法で火起こしにチャレンジ!
DSCF2540.jpg

3人一組で協力しないと、ごはんが炊けません!
DSCF2545.jpg

火種ができたら、細かい木屑に移して空気を送って火をつけます。
DSCF2544.jpg

火がついたら、かまどに移してごはんを炊きました!
DSCF2547.jpg

午後からは、杉の木を使った杉トンボづくり。
DSCF2555.jpg

かまどごはんと、杉トンボのお土産を持って帰っていただきました!

<参加者の感想>
・火おこしがこんな大変だとは思わなかった。
・手に豆ができそうだったけど、火がおこせてよかった。
・棒を押さえるのに苦労した。
・小さな火を大きく育てるのも大変だった。
・かまどで炊いたご飯は格別だった。
・ご飯炊きの秘伝を教えて頂いたので、家でも試してみたい。
・今回、火力を強くする薪の並べたかを教えて頂いたので、キャンプでも試してみたい。
・薪でのご飯炊きで、火の調整が簡単にできるのに驚いた。
・杉トンボは家でも作りたい。
・杉トンボは初めてだけど、子どもも何とかナイフで削ることが出来てよかった。

次回の古城山イベントは、「ふれあいの森でシイタケホダ木づくり体験」です。
>>詳細ブログ
ホダ木のお土産の他、
簡易ピザ釜でプチピザを作る体験もありますよ!
こちらもお楽しみに―(^^)/
  1. 2018/02/14(水) 22:22:58|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色えんぴつづくり体験を開催しました!(森のようちえん・森のしょうがっこうまつり)

日本昭和村の平成記念公園にて「森のようちえん・森のしょうがっこうまつり」が開催されました。
グリーンウッドワーク協会では、森の色えんぴつづくり体験を行いましたよ。

<<2018年2月4日(日)森のようちえん・森のしょうがっこうまつり>>

会場は、山びこ学校前の芝生広場。
お日様はずっと照っていましたが、時々雪がちらつく寒い日でした。。。(>_<)
DSC_3566.jpg

ご家族連れの参加がほとんど。定員40人の方に楽しんでいただけました!
見学に来てくださった方もたくさん!
DSC_3562.jpg

ぐるぐる穴あけは、お母さんと一緒に!
DSC_3561.jpg

お子さんでも、削り馬が使えます!
むしろお子さんが、削ることにすごくハマったりするんですよ~
DSC_3560.jpg

もちろん、親子で一緒に削り馬に乗ってもOK!
DSC_3564.jpg
気温は寒かったですが、
グリーンウッドワークで体を動かして、体験中は寒さを忘れ。。。られてるといいなぁ!笑

この施設、来年度には「ぎふ清流里山公園」としてリニューアルオープンするそうです!
広大な敷地に、池や芝生広場、建物などがたくさんあって、
岐阜の自然体験の中心施設になりそうな予感。
これから楽しみですね。
  1. 2018/02/09(金) 09:00:08|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チョコとカップを乗せるプレートをつくろう!コーヒープレートとリーフチョコレートづくり

冬はあったかいものが恋しくなりますね。
そして温かいコーヒーに、甘いチョコレートはつきもの!
ということで(?)、冬のコーヒータイムを楽しむコーヒープレートづくりの講座を開催しました。

<<2018年1月27日(土) 森工塾「コーヒープレートとリーフチョコレートづくり」>>

今回は、薪づくりの際に古城山ふれあいの森で伐られたコシアブラの木を用意しました。
割ってみると、パカッと割れて気持ちいい!
DSC_3469.jpg

女の子も、おそるおそる割ってくれました。きれいに割れましたよ!
DSC_3473.jpg

ツルに巻き付かれて、グネグネになってしまった部分。。。
割ったらどうなるんだろう!割ってみたい!ということで、大人はこっちを割ってみました。
DSC_3478.jpg
結果。繊維もグネグネになっていて、うまく割れず。。。クサビを救出して、薪になりました。笑

あらかじめ板にしておいたコシアブラを、削り馬で好きな形にしてもらいます。
DSC_3476.jpg

その後は、ひたすら彫刻刀で彫り彫り。
DSC_3480.jpg

生木なので、お子さんでも彫れました!じょうず!
DSC_3484.jpg

お昼ごはんは、森のキッチンで。
DSC_3482.jpg
しばらく番屋2号館での活動が続いたので、久しぶりの稼働ですが、調子いいです!
吸引力がかわらないただひとつのかまど!
>>かまどづくりの様子はこちら

プレートができたら、次はプレートに乗せるチョコレート!
毎年恒例のリーフチョコレートづくりです。
DSC_3488.jpg

こちらのグループは男性ばかりですが、なかなか楽しそうですね。
DSC_3489.jpg

外でチョコレートを冷やすの図。さて、どれがチョコで、どれが落ち葉でしょうか?
DSC_3495.jpg

きれいにできたー!
DSC_3496.jpg

プレートも、チョコレートも、皆さんいい出来です!
DSC_3502.jpg

DSC_3503.jpg

講座の終わりのコーヒーブレイクは、さっそく出来立てのプレートを使って。
DSC_3498.jpg

完成したものをさっそく使っての一息が、いつも楽しいんですよね。
スプーン、プレート、器、スツール、、、次は何にしようかな?

(かしわ)
  1. 2018/02/08(木) 22:43:55|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ