FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・~

少しですけど、成果報告です。

☆ 網代編みの セベ です。
  これは2個続けて作った内の2個目だけど、難しかった。
  最初は簡単そうに見えたけど、縁の曲げが特に難しかった。
  でも、出来上がってうれしいです。野菜を色々乾してみます。
P3065906_convert_20200331101511.jpg
ξ 幅広の薄いヒゴといい、分厚い当て縁といい、力仕事でご苦労なすったと思います。

☆ 四つ目編みの籠です。
  いつまでたっても、ヒゴが課題ですねぇ。
P3275915_convert_20200331101535.jpg
ξ ヒゴがちょっと分厚かったですね。その分丈夫そうですけど。


ついでに、小生が作ったものをに見ていただきやしょう。ご照覧。

以前、師匠の道具箱を真似たものを報告しましたが、これはひと回り小さくした網代籠です。
蓋付きで、持ち手は籠に固定してあります。
P3315918_convert_20200331101700.jpg

何に使うつもりで作ったかってえと、茶碗や茶筅のをまとめて持ち運ぶためのもんでして。
P3315920_convert_20200331101718.jpg

蓋は逆にもできやす。
P3315921_convert_20200331105648.jpg

上下をピッタリ合わせられないので(木工のようにうまくはいかねぇのでね)こんな風にしてみました。
これも師匠の籠を参考にしたもんです。
P3315923_convert_20200331101733.jpg

今はコロナウイルス禍で竹細工もままにならんですが、出来る範囲で楽しみましょう。
でも、お互いに気を付けましょうね。

                      (キト)

  1. 2020/03/31(火) 11:08:32|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かみえちごに行ってきました!2020(3月27日・28日)

今年度2019年4月から新潟県上越市の
「NPO法人かみえちご山里ファン倶楽部」さんが
ろうきん森の学校の仲間入りをしました。

昨年12月の訪問時に出会ったのがこのろくろ。
91489691_1618195018304727_8126854121543172096_n.jpg

実は10年前、私がグリーンウッドワークをはじめて間もないころに制作した
足踏みろくろ第一号機なのでした。

「かみえちご」さんには2009年12月にスプーン講座の講師としてお邪魔しました。
>講座の様子

その際、足踏みろくろと削り馬、刃物類をご購入いただいたのですが、
その後、この道具たちは使われることなく箱に収納されていたそうです。

そして巡り巡って10年目の春(まだ3月ですが)
箱から出されたろくろは、再度日の目を見ることとなりました。
今回このろくろの不具合もしっかりメンテナンスさせていただきました。
アフターサービスは怠りません!

例年なら雪に閉ざされる豪雪地帯の桑取地区ですが、
今年はカタクリやフキノトウが出迎えてくれました。
90758884_2609177182525365_4923398982241091584_n.jpg

今回スタッフと地域の方を対象としたろくろの研修ということで、
まずはろくろの組み立てから皆さんに手伝っていただき、
指輪づくり、一輪挿しづくりに挑戦してもらいました。
90999731_2609741302468953_3738201086167613440_n.jpg

使用する材は、休耕田のサワグルミ。
一通り道具の使い方を覚えていただいた後は、
ワイングラスをつくったり、
思い思いに好きなものに取り組む方もいらっしゃいました。
90724656_2609741225802294_4925884887837179904_n.jpg

出来上がった作品は焼きペンで焼いてみたり、クルミ油で塗装したり。
91201614_268449284158682_6905176912151183360_n.jpg

この後グリーンウッドワークを続けていくための、
刃物のお手入れについても学んでいただきました。
91068246_814351292406194_6132988555934302208_n.jpg

みなさんの感想です。
「10年前を思い出しながら削った。工房をつくって広めていきたい。」
91471036_2609741129135637_5359515149797425152_n.jpg
「10年前は参加できなかったので、ずっと憧れの存在だった。
違う樹種でも挑戦してみたい。」
「木を伐るところからプログラム化したい。本来は森に行ってつくって使う体験が大切。」
90830655_2609741075802309_1207088266344398848_n.jpg
「藁細工はやっているので、グリーンウッドワークもかみえちごでやっていきたい。」
90877460_2609741365802280_4114332177099915264_n.jpg
「おばあちゃんたちはお茶飲み会。私たちおじいちゃんはグリーンウッドワークだな。」
91524273_2609741472468936_3533051685511364608_n.jpg
「10年来眠っていたろくろが生き返った!」

元気な皆さんと充実した2日間を過ごすことができました。
90979973_2609740962468987_6162487950396358656_n.jpg

今年度の出前講座もこれで終了。
来年度も、生木の木工を全国のみなさんと一緒に楽しみたいと思います。
よろしくお願いいたします。
(おの)
  1. 2020/03/31(火) 08:36:45|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座全4回が終了しました(3月22日)

NPO法人足柄丹沢の郷ネットワークが主催する
グリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座
令和元年度の全4回が終了しました。

この講座では、毎回樹齢2000年の箒杉が迎えてくれました。
89887220_2595456203897463_8301366107432812544_n.jpg

第1回目は6月16日
はじめよう!一から学ぶグリーンウッドワーク入門体験(森の案内)
はじめよう!一から学ぶグリーンウッドワーク入門体験(ものづくり体験)

第2回目は7月13日・14日の二日間
斧とナイフで作ろう!スプーンづくりキャンプin西丹沢

第3回目は10月13日・14日の二日間
生木を割って削って編んで作る!スツールづくり体験

そして今回4回目は
足踏みろくろで生木から器づくり体験です。

足柄丹沢の郷ネットワークさんには、今回のために足踏みろくろを1台ご購入いただきました。
90541291_2596819943761089_4802921065074393088_n.jpg
この日は暖かな春のような陽気で、
鹿島山北高校のグラウンドをお借りして、
サクラの花を愛でながら足踏みろくろを挽いていただきました。

参加者のみなさんの感想です
「機械じゃなくてもこれだけできることが解った。ろくろを手づくりしてみたい。」
「木工旋盤では出ない味わいのあるものができる。一日あっという間だった。」
「電気を使わないのがいい。電動の機械でない音に癒された。」
「座禅を組むような気持で集中して取り組むと、雑念から解き放たれて心がすっきりとした。」
「一日苦労してつくった器なので大切にしたい。」
90516990_2596819840427766_2763861298071470080_n.jpg

毎年欠かさずこの地で続けてきたグリーンウッドワーク。
神奈川県西丹沢を中心として、関東方面にもグリーンウッドワークの輪が着実に広まり始めました。
(おの)
  1. 2020/03/30(月) 22:26:51|
  2. ┗ 器づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ろうきん森の学校】森工塾「足踏みろくろで木の器づくり」開催しました(3月15日)

3月15日
令和元年度最後の森工塾(もっこうじゅく)は
人気講座の「足踏みろくろで木の器づくり」

これまで当協会では、
丸い棒を挽くスピンドル用の足踏みろくろを使って器を挽いていましたが、
今回新しく器挽き用の足踏みろくろを制作しました。
名付けて「ろうきん初号機」
IMG_20200303_164426.jpg

そして、もう一台。
工房「きのこま」を主宰している大村さんも、
自宅工房に設置したろくろを改良した
「きのこま2号」を制作。
IMG_20200314_162801.jpg
今回の講座でこの2台がお披露目となりました。

新型コロナの影響を心配して、
数名の方からキャンセルのご連絡を頂きましたが、
その数を上回るキャンセル待ちの方たちのお陰で、
今回も満員御礼となりました。
IMG_20200315_135246.jpg

グリーンウッドワークみえを立ち上げた上長野さんは、
先週のシュリンクポットに引き続き、
2週連続森工塾にご参加いただきました。
IMG_20200315_142555.jpg
「ろくろの作業はめちゃくちゃ楽しかった。
ろくろで出る線が大好き。満足!」

グリーンウッドワークかんさいの栗原さんは、
新しい足踏みろくろをぜひ使ってみたいということで、
ご参加いただきました。
90084321_2582197295223354_2761693022486790144_n.jpg
「ろくろが安定していた。
刃物の研ぎも体験できて楽しかった。」

NPO法人足柄丹沢の郷ネットワーク代表の福島さんは、
「念願の足踏みろくろで器づくりに参加できた。
もっともっと広がるといい。」
IMG_20200315_135115.jpg

これまで何回も京都から通い続けて下さっている矢木さんは、
「禁断の領域に足を踏み入れてしまった。」
89968328_2582197371890013_6712956058840596480_n.jpg

そのほかの方からも、
「思うようにできないけれど、つくるのは楽しい。」
「家族からは止められたけど、来てよかった。」
「参加者のみなさんとつながりができて楽しかった。」
という感想を頂きました。
IMG_20200315_153214.jpg

来年度も「森の恵みを暮らしに生かす」森工塾を続けていきます。
是非ご参加ください。
(おの)
  1. 2020/03/24(火) 16:59:34|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ