GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続き・・・~

9月の成果です。

ちょっと大き目の、ゴザ目編みの背負い籠です。
大切なお方のためにたっぷりと心を込めて作ったのです。
1_20160925210936e03.jpg

背負い紐も自分で作ったもの。
カッコいいなぁ。
2_20160925210937c9a.jpg

差し六つ目編みのバッグ2種です。
写真では解りにくいけど、六つ目に追加で差すヒゴの方向が、縦か斜めかの違い。
3_201609252109387a4.jpg

背負い籠を作って疲れたので、ちょいと休憩に四海波の籠と六つ目の盛籠を作ってみました。
4_20160925210939123.jpg
それではまた来月のお楽しみ。

                              (キト)
  1. 2016/09/25(日) 23:13:14|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【イベントのご案内】動物愛護フェスティバルin中濃

9月22日(木)秋分の日
岐阜県関市の関市役所南広場において、
動物愛護フェスティバルin中濃が開催されます。

グリーンウッドワーク協会も色えんぴつづくりのブースを出展します。
その他にも楽しい催しがいっぱい。

お近くの方は是非お越しください。

動物愛護フェスティバルin中濃

とき:平成28年9月22日(木・祝)10時~15時(雨天決行)
ところ:関市役所南広場(岐阜県関市若草通3丁目1番地)
seki.jpg
seki1.jpg
  1. 2016/09/16(金) 09:33:07|
  2. 講座のご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古城山の森を整備する2016~伐採

美濃市やその周辺地域から集まった総勢14名の参加者の方々が、
これから森に入ります。
まずは保護具をしっかりと身につけます。
IMG_7715.jpg

森林組合の伊藤さんから手ノコを使った小径木の伐採方法を丁寧に説明していただきました。
IMG_7733.jpg

三角の受け口をつくってから反対側の追い口を切ります。
私たちスタッフは基本的に手を出しません。
「木を伐るときにやり方だけ教えてほかっておいてもらえた。
ヘルプを欲しい時だけ助けてもらえるのが良かった。」
「木を伐るのは親任せかなと思っていたら、
子どもが自分たちでどんどんやっていた。」
「のこぎりをとりあげずに見守ることができた。」
「湿っている木は重くて、バッサリ切れると気持ちよかった。」
IMG_7753.jpg

子どもさんが十分以上かけて頑張って切っている横で、
お母さんは木にもたれかかって森林浴。
「普段山に入ることがあまりないので、空気や風が気持ちよかった。」
「山が近くにあっても入ることが無い。
久々に入って昔を思い出した。」
IMG_7756.jpg

お昼は森のご飯会
森林ボランティアクラブの藤井さんと、
森林組合の大野さんがお釜のご飯とみそ汁をつくってくれました。
これがまた絶品なんです!
IMG_7775.jpg

「炊飯器では炊けない、お米が立っている。」
「汗をかいた後の熱い味噌汁が美味しい。」
IMG_7785.jpg

ご飯を食べた後は、
細い枝をチッパーに掛けます。
最初は恐る恐る枝を入れていた子どもたちも、
コツが解ると率先して手伝ってくれました。
IMG_7799.jpg

「やってみれば面白いのに、雰囲気でやめてしまっていることが多い。
1回目のハードルをうまく背中を押してあげられた。」
IMG_7798.jpg

ただ木を伐るだけのイベントでしたが、
いろいろな思いを持って参加してくださったようで、
非常に嬉しいです。
IMG_7812_20160915234537259.jpg

今回伐った木は、次回10月のイベント「遊歩道の階段づくり」の材料として使います。
IMG_7728.jpg

9月11日(日)古城山イベント2016「親子で伐採体験と森のご飯会」の報告でした。
(小野)

  1. 2016/09/16(金) 08:00:00|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

労働金庫連合会職員向けプログラム2016

9月10日(土)
労働金庫連合会の職員及びご家族の方21名に
ろうきん森の学校岐阜地区にお越しいただきました。

まずは初秋の森を味わいます。
IMG_7655.jpg

ホオノキやキリなど大きな葉っぱを見つけたり、
スラッシュマツの大きな松ぼっくりを拾ったり、
思い思いに楽しんでいただきました。
IMG_7658_2016091600140543c.jpg

途中、ヘルメットを装着して小径木を伐採します。
IMG_7636.jpg

この木を使って色えんぴつをつくります。
IMG_7637.jpg

糸谷常務は何度もこの森に足を運んでくださっています。
手慣れた様子でサクサクと削っていきます。
つくった色えんぴつをお仕事でも使っていただけると嬉しいです。
IMG_7673.jpg

こんな小さなお子さんでもつくれます。
IMG_7684.jpg

ブスかわいい鉛筆も
IMG_7688.jpg

いろんな動物が出来上がりました。
IMG_7689.jpg

自分たちで伐った木を使ってつくった色えんぴつ
この色えんぴつを使うたびに森のことを思い出していただけたら嬉しいですね。
IMG_7692.jpg

東京、大阪、名古屋など遠くからたくさんの方々にご参加いただきありがとうございました。
またこの森に帰って来てくださいね。
IMG_7696.jpg
(小野)
  1. 2016/09/16(金) 00:21:28|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【講座のご案内】長良川おんぱく「鵜籠の竹林整備と『こよみのよぶね』の竹の骨組みづくり」

本日から、長良川おんぱくの申込み受付がはじまりました。
今年の竹部会のプログラムは、「竹編み」ではなく、「竹林整備」です!

鵜籠の材料である「淡竹(はちく)」を伐採している竹林へ行き、
竹細工に適した竹を得るために整備を進めてきた竹林をご案内します。

「淡竹」って、真竹や孟宗竹とは何が違うの?
竹の年齢ってどうやったらわかるの?
鵜籠に使う竹はどんな竹がいいの?
などなどの疑問・質問にお答えします。

onpaku2_20160912212911a5d.jpg

そして、今回は、『こよみのよぶね』の竹骨用の竹を伐採します。

『こよみのよぶね』とは、一年で最も夜が長い冬至の日に、
長良川の長良川鵜飼が行われる場所で、屋形船に暦を表す巨大な数字の手づくりあんどんを乗せ、
浮かべることで、一年を振り返るという催し。
岐阜市出身のアーティスト日比野克彦さんの呼びかけで始まったアートイベントです。

onpaku3_20160912212919ff4.jpg

伐採してきた竹を鉈(なた)を使って割り、巨大あんどんの骨組みにします。
鉈で竹を割る、それだけのことがなかなか難しく、技を要する作業です。
「竹を割ったような性格」とは、どんな性格なのか、ぜひ確かめに来てください。

onpaku1.jpg

とてもマニアックな内容ですが、青竹細工で竹林での作業ははじめの第一歩です。

少しでも興味のある方はぜひぜひご参加ください。
お申込みはこちら
  1. 2016/09/12(月) 21:58:43|
  2. 講座のご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ