GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

【講座のご案内】ラダーバックチェアづくりinほとり・ポトリ

滋賀県琵琶湖畔での椅子づくり講座のご案内です。

6日間掛けてラダーバックチェアをつくります。
通常3連休を2回で実施しているラダーバックチェアづくりですが、
今回は土日を3回に分散して参加しやすくなっています。
宿泊・食費もリーズナブルな価格です。
そして、使う材はヤマザクラ
第一回目がゴールデンウィークです。
定員残りわずかとなりました。
ぜひご参加ください。
以下、ワークショップ詳細です。
------------------------------------------
ラダーバックチェアづくりinほとり・ポトリ

IMG_9136.jpg

【日時】( 計6日間 )
5月5日(土)・6日(日)9:00~17:00
6月2日(土)・3日(日)9:00~17:00
6月16日(土)・17日(日)9:00~17:00

【場所】
カフェ ほとり・ポトリ (滋賀県大津市南小松1091)

【定員】
10名(先着順)
※全6日間参加できる方。

【受講料】
50,000円
受講決定次第、事前にお振り込み下さい。
(振込口座の詳細はお申込後にご連絡します)
※材料代は受講料に含まれます。

【宿泊・食事】
ほとり・ポトリで食事と宿泊ができます。
費用は当日お支払いください。
 ●1泊:1,000円
(寝袋またはシーツをご持参ください)
 ※布団と枕はあります。
 ●食事3回:2,000円
(1日目の夕夜、2日目の朝食、昼食の計3回)
(1日目の昼食は各自でご用意ください)

【講師】
NPO法人グリーンウッドワーク協会 小野敦

【主催】
グリーンウッドワークかんさい

【お申込み・お問い合わせ】
下記メールにご連絡ください。
hotori@waku-waku.org
  1. 2018/04/18(水) 19:32:15|
  2. 講座のご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ろうきん森の学校】森工塾 足踏みろくろで木の器づくり

6月以降の森工塾のご案内です。

毎回好評の、足踏みろくろを使った樹の器づくり講座を開催します。

DSC_2725(450)_20180405152745c38.jpg

伐採したばかりの森の樹を使って、小さな木のボウルをつくります。
刃物を当てる角度がピタリと合うとシュル~っと細長い削り屑が出て気持ちよく削れます!
いつもの食事も、樹の器に盛ると格段とおいしくなることでしょう。
IMG_0039_201804051527487d5.jpg
※本講座は昼食は付いていません。

小人数制、丸一日時間をかけてじっくりろくろと向き合う本格講座です。
今回は全日程平日開催となります。
いままで、土日で行けなかった!(>_<)という方、この機会にぜひご参加ください。

複数日程ご参加希望の方は、フォームの備考欄にその旨ご記入ください。
相談に応じます。

- - - - - - <イベント概要> - - - - - -

ろうきん森の学校 森工塾
足踏みろくろで木の器づくり

IMG_8891_20180405152746730.jpg

■日 程  ①6/7(木)9:00~17:00 ※定員に達しました。キャンセル待ちのみ受け付けします。
        ②7/19(木)9:00~17:00
        ③9/20(木)9:00~17:00
※いずれかご希望の日程を選択してください。

■会 場  古城山ふれあいの森(美濃市環境保全モデル林)

■参加費  5,400円/1回

■定 員  4名(先着順)

■講 師  小野敦(NPO法人グリーンウッドワーク協会)

■申 込
>>足踏みろくろで木の器づくり(google フォーム)

上記フォームがご利用いただけない方は、
『お名前・年齢・性別・住所・電話番号・ご希望の日程』を記入の上、
下記メールまでお申込みください。
gww.rokinnomori@gmail.com

※フォーム、メールともに一週間たっても確認のメールが来ない場合は、お手数ですがもう一度送信してください。
  1. 2018/04/07(土) 09:00:00|
  2. 講座のご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続き・・・~

前回の報告からずいぶんと間が空いてしまいました。文字通り間抜けな話で、ドーモスミマセン。
今年最初の報告です。

課題2作目の茶碗籠です。
 ☆ 難しいー編むだけで精いっぱい、形が×でした。立ち上げの角を7角形にするのがおもしろかった。   
P2114622_convert_20180331225002.jpg

菊底の笊です。
 ☆ ヒゴが細くて大変でした。
P2254656_convert_20180331225017.jpg

網代編みの弁当箱です。
 ☆ 節無しのヒゴなので楽。失敗はあったけど楽しかった。
P3094665_convert_20180331225032.jpg

課題第1作目のパン籠です。
 ☆ しっかりしたものが出来てうれしい。
   今まで安物しか見てなかったので、こんなにきちんとしたものを作るとは思ってなかった。
P3114666_convert_20180331225041.jpg

透かし網代に六つ目を被せた干し笊です。(梅干し用だそうで)
 ☆ 買った方が安い!!
   大変でした。見本(手前にある笊)とは少し構成を変えたけど、縁を嵌めるのがが大変。ヒゴの本数が多すぎ。
P3114669_convert_20180331225059.jpg

ござ目編みのそば笊です。
 ☆ ござ目がきれいです。忘れないうちにもう1個作ります。
P3114670_convert_20180331225115.jpg

差し六つ目のポシェットです。
 ☆ 特に難しいとは思わなかったけど、立ち上げの角が何本も折れた。小さいものは難しい。
P3254679_convert_20180331225128.jpg
大きなものも小さなものも、夫々に難しいことはありますよ。
でも、だからこそ面白いんですよね。(こうなるともう病気、と師匠が言ってました)

                     キト
  1. 2018/04/01(日) 22:35:57|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森工塾・そばざるづくりを開催しました

ろうきん森の学校・竹細工講座を開催しました!
ナタ、小刀、編みと様々な道具を使って多様な工程を経て作られる竹細工。
今回はゴザ目編みのそばざるを作りました。

<<2018年3月17日(土)~18日(日) 竹ひごからつくる竹細工講座(そばざるづくり)>>

グリーンウッドワーク協会・竹部会で行う竹細工は、竹ひごづくりから!
丸竹をノコギリで切るところからはじまります。
DSC_3779.jpg

竹の「はかま」と呼ばれるところの処理まで、
鵜籠職人の講師2人が普段行っている、すべての作業を一通り体験してもらいます!
DSC_3780.jpg

材料の準備ができたら、まずはパカンっと丸竹を割っていきます!
DSC_3783.jpg

4分の1に割った竹を、竹割ナタでさらに幅・厚みともに細くしていきます。
きれいに細くできると楽しい!
DSC_3785.jpg

ナタを自分へ向けるヒゴづくりは、ちょっと怖いですが
小人数制の講座なので、しっかりサポートしてもらえます!
DSC_3808.jpg

幅引きと呼ばれる道具で幅を均等に揃えたあと、小刀で綺麗に仕上げていきます。
DSC_3793.jpg
必要なヒゴ、全部で24本が完成したところで1日めは終了!

2日めは、編みに入ります。
要所要所、講師が手本を見せながら編み上げていきます。
DSC_3794.jpg

はじめの4段編んだところで、「すでに美しい!」との声も。
竹がお行儀よく、規則正しく並んでいる風景は、確かに美しいものですね○
DSC_3801.jpg

ヒゴの編み方、最初はてこずりますが慣れるとおもしろくなってきますよ!
(慣れた頃に終わっちゃうんですけどね💦)
DSC_3800.jpg

形が見えてきたー!自然と顔がほころんできちゃいますね。
DSC_3815.jpg

あらかじめ講師が作っておいた、まわりの縁3本をとりつけて。
DSC_3820.jpg

完成!
丸竹だったものが、編み上げられて一つの作品になりました!
DSC_3821.jpg
<参加者の感想>
・完成してうれしい!あの時、あそこをこうしておけば…と思うところがたくさんある。
・奥が深い!最初は無事完成するのかな?と思ったが、先生がとてもよかった。また参加したい!
・2回目の参加。つくりながら途中不安になったが、できてよかった。これでお蕎麦が食べられると思うと嬉しい!
・竹のしなやかさを感じながら、素材としても楽しめた。
・ヒゴづくりの時はどうなることかと思ったが、竹は本当におもしろい!もう一回ちゃんとやりたい!
・竹製品が好き。いつか自分でつくりたいと思っていた。
・ヒゴづくりの時は、いやだーと思ったが、ヒゴから作ると、なぜ薄さ等精度が重要なのかが分かる。ヒゴからつくれて本当に良かった。

今回の参加者さんの中には、名古屋で提灯を作っているという方も。
提灯にも竹ヒゴが使われるので、どのように竹ヒゴを作るのかを勉強にきてくださったそうです!
竹のいろいろな可能性が広がって、うれしいですね。
DSC_3814.jpg

食器として使うそばざるは、来客用・家族の人数分と何個も作りたくなりますね。
またそのうち講座しましょう!

そばざるではありませんが、多目的に使える「六つ目編み」の竹籠づくり講座も近々開催します。
土日2日間だけではできない工程も、3日間かけてみっちり体験できますよ!
>>森工塾「竹ひごからつくる竹細工講座」
まだまだ募集中!(^^)!ぜひご参加ください。
  1. 2018/03/26(月) 18:13:33|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ろうきん森の学校】森工塾 ガイドハイクと玩具づくり

5月の森工塾のご案内です。

古城山には、どんな動物たちが暮らしているのでしょうか。
足跡や食痕、糞など動物たちの痕跡を探しながら森の中を歩いてみましょう。
IMG_3264_2018031419105387e.jpg

講師は、ふくちゃんこと、共育工房IPPOの福島計一さん。
IMG_7810_20180314191055902.jpg
いつも素敵なガイドハイクで魅了してくれます!

午後はドイツに伝わる木工ろくろ技法(ライフェンドレーエン)を用いた
動物の形をした玩具をつくります。
20180526_玩具づくり
もちろん、完成した玩具はお持ち帰りいただけます。
動物のドーナツを割っていく作業も楽しいですよ!
>>動物のドーナツ?という方はこちら(google)

みなさんのご参加、お待ちしています。

- - - - - - <イベント概要> - - - - - -

ろうきん森の学校 森工塾
森の動物の暮らしを探る
ガイドハイクと玩具づくり


■日 程  5/26(土)10:00~15:00

■会 場  古城山ふれあいの森(美濃市環境保全モデル林)

■参加費  大人3,000円 子ども 1,500円

■定 員  15名(先着順)

■講 師  福島計一(共育工房IPPO)

■申 込
>>ガイドハイクと玩具づくり(google フォーム)

上記フォームがご利用いただけない方は、
『お名前・年齢・性別・住所・電話番号』を記入の上、
下記メールまでお申込みください。
gww.rokinnomori@gmail.com

※フォーム、メールともに一週間たっても確認のメールが来ない場合は、お手数ですがもう一度送信してください。
  1. 2018/03/26(月) 09:00:00|
  2. 講座のご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ